<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ちょっといい話

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


少し前の記事ですが、神戸新聞でちょっといい話が載っていたので、そのまま紹介させて頂きます。


老舗酒造、再建へ「奇跡の一歩」 明石

江戸末期創業の日本酒造りの老舗、太陽酒造(兵庫県明石市大久保町江井島)が再建に向けて走り出した。一時は東京のベンチャー企業に買収され、マンション開発業者の手に渡る見通しだったが、直前になって金融機関が融資に合意。「奇跡が起きた」と社長の田中忍さん(58)は振り返る。若者の日本酒離れなど、依然として業界には逆風が吹くが、酒蔵の開放や新商品の開発などで経営の立て直しを図る。
同社は、阪神・淡路大震災で蔵がほぼ全滅、得意先の飲食店も廃業が相次いだ。さらに借入先の銀行が倒産し、債権を引き継いだ整理回収機構は五年間での借金返済を要求。結局、返済のめどは立たず、二〇〇六年七月には売却方針が決まった。
手を差し伸べたのが、酒造再生事業を手掛けるベンチャー企業。「あんたの酒がいい。酒造りは続けてほしい」と合併・買収を提案したという。折しも、前社長だった父親(故人)の容体が悪化しており、蔵を残したい一心で受け入れた。
同年十月末に正式契約し、田中さんは一社員の立場で酒造りを継続。醸造した酒の三分の二をベンチャー側が東京を中心に販売するという条件で、田中さんらは前年の三倍の量を寝る間を惜しんで仕込んだという。ところが、販路はほとんど拡大できずに大半が売れ残り、醸造休止を求められる事態に追い込まれた。
「新酒を待っている客がいる…」と、田中さんは自費で醸造に着手。しかし、ベンチャー側は〇八年一月までに蔵を買い戻さない限り、マンション業者に売却することを通告してきたという。
買収費を工面するため田中さんは、思い当たる関係者を訪ねて頭を下げ回った。しかしスポンサー探しは難航し、売却期限が四月末に延長される中、蔵の行く末に頭を悩ます日々が続いた。
「奇跡」はここから起きる。三月下旬の夜、妻の眞澄さん(53)がふと、夫婦で酒の購入によく訪れる常連客が「何かあったら連絡して」と手渡した名刺を思い出した。名刺を確認すると「篠田プラズマ」(神戸市中央区)。超大画面薄型ディスプレーの研究開発で知られる同社の会長、篠田傅さんだった。
田中さんは即座に電話を掛け、社内にたまたま残っていた篠田さんにつながった。篠田さんは状況を一通り聞いた上で、神戸信用金庫の担当者を紹介。約一カ月半後の夜、融資が実行されるという連絡が入ったという。
眞澄さんは「蔵が人手に渡った一年半はつらかった。一連の混乱は、もとを正せば自分たちの甘さが原因」と話す。
「経営再建には、営業面での強化が不可欠」と田中さん。主力銘柄「赤石」を中心に山田錦を使った純米酒にこだわる一方、酒販店や飲食店などへの営業活動を精力的に展開する。今夏からは、旧精米所の蔵を片づけて飲食やコンサート向けに開放するほか、甘酒や梅酒、かす漬けなど新商品の開発を進めている。
田中さんは「一時は完全にあかんと思った。印象に残る最高の酒を提供したい」と話している。

ドラマ「おしん」の最終回のような話ですが、日本全国いたるところで同じようなことが起こっているのでしょうね。

ひとつの食文化を守るということは、他の文化財を守ることと同じくらい重要なことなのですが、特定の飲食物や飲食店を公的に守るということは、自由競争の社会においてはとても難しいことなので、このような奇跡的な話が紹介されると思わず嬉しくなってしまいます。

私が食文化を愛するのは、単にいやしいということもありますが、やはり一期一会という部分が一番大きいですね。

同じお店に伺っても、全く同じ「時」をすごすということはありませんので、1回1回がとても重要なのです。
接客にこだわるのもそのようなことがあります。

先日、さくら夙川の「鶏天」に伺うと、オーナーが半ば冗談ぽく厨房の従業員の方に、とんしさんに掃除が足りないと怒られるとおっしゃっていましたが、綺麗に磨き上げられた厨房のお店では、カウンターで食事をするのが一番楽しいですね。

厨房を磨き上げるということは、それだけご自分の料理に愛情を持っているとともに、誇りを持っていることを意味します。
そして、お客にどのように見られるかということを強く意識されているわけですので、接客にも気を使っておられるということも意味します。

まあ、接客については、ご自分のリスクで商売をやられておられるオーナーの方はともかく、従業員の方に、理解してもらって、きちんと行うというのは、とても難しいことですね。
リスクやリターンがないと限界があります。
昔は、親方と弟子という関係が強かったので、夢を食べさせることにより、それを実現することができましたが、今はそのようなことができる時代ではありません。

話がそれましたが、どんなに素晴らしい飲食店もいつかは代替わりするので、同じレベルを維持していくということは本当に大変なことだと思います。

真摯な気持ちでがんばっておられる食関係の経営者の方には本当に幸せになって頂きたいといつも思っています。
そして、私のような食いしん坊に数時間の幸せを与えて下さい。

よろしくお願い致します。


とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’8.30更新 レビューコメント数1,467軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.16更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-29 09:09 | グルメ  

デニーズの戦略

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


デニーズの値下げのニュースを見て、随分、思い切ったことをするなあと思っていたら、今日は、そのニュースに対する反応が報道されていました。
マクドナルドは、予想通り原油高の影響と、名ばかり管理職の残業代を払うために、ちまちまと値上げを始めましたが、デニーズは、ファミレス独占企業を目指して、一気に攻撃に出ました。

セブン&アイ・フードシステムズ広報は取材に対し、今回の値下げについて、
「より多くのお客様にご来店いただきたい、ということで、お客様の求めるリーズナブルな価格設定にしました」と話しているそうです。
そして、量は変えず、品質をさらに向上させるのだというのです。
料理を提供するための様々なロスを徹底的に取り除き、「企業努力」によって値下げを実現させるということですが、このあたりはかなりきな臭い感じがします。
このご時勢で、セブン&アイ系列のデニーズがこれまでにギリギリのコスト削減をしていなかったはずがないからです。

原資はどこから出ているのかわかりませんが、明らかにファミレス界において、マクドナルドのように独占企業になろうとしているのでしょう。
特に、すかいらーくが、あの事件があり、それとは直接関係ありませんが、経営陣が変わってバタバタしているので、トップダウンで一気に攻撃をかけろと指示が出たのでしょう。

しかし、値下げしたにしても、値下げ感があまりありません。
原油高によって、車を使わなくなっていますし、外食そのものを控えている現状では、マクドナルドのように、100円、200円で食事ができたり、お茶したりできるようなダントツの安さがなければ、それほど効果があるとは思えないからです。

本気でやるのであれば、徹底的にガストを標的にすべきです。そして、最終的に標的にすべきはマクドナルドだと思います。
ハンバーガー屋ではないので、全く同価格にすることは無理ですが、マクドナルドよりは少し高いけれど、マクドナルドにはないものがあるというコンセプトですね。

そうなると、料理の価格は500円未満ということになるでしょう。ここまでやるには、まずは店舗の内装から根本的に変えなければいけませんし、仕入れも全く変わってきます。

たぶん、そこまで本気でやる気はないでしょうね。
となると、価格帯があまりにも中途半端で、料理のレベルがあまりにも中途半端なファミレスという存在意義そのものが問われるようになってくるでしょう。

コンビニは、ネットビジネスにおける物流の担い手という重要な存在意義がありますが、同時期に、私たちの生活に溶け込んだファミレスは、ネットに対するリアルショップの存在意義ということが前面に出されなければ、いつかその姿を消してしまうでしょう。

このままでは、ファミレスで食事をしなければならないという必要性がないからです。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’8.16更新 レビューコメント数1,465軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.16更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-22 19:16 | グルメ  

本を出版したいと思っています

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


ブログの100回記念の時にも書かせて頂きましたが、このブログの内容をメインにして、本を出版したいと思っています。

今までは、漫然と考えていただけなのですが、こちらの「とんし」のブログではなく、ビジネスで書いているブログのアクセスが急増していることと、「一部のマニア?」の方々にはそのビジネスブログがとても受けているようなので、ビジネスと趣味の両方を別々に本として出版できないかと真剣に考え始めました。

ビジネスは、これまでの私の上場企業などで経営に関わってきた経験を活かして、今の日本の企業の経営の実態を切りまくっておりますが、こちらのとんしのブログは趣味ですので、とても穏やかに書かせて頂いております。

前は、株主に迷惑がかかることを考えて、全く逆の立場をとっておりましたが、今は、ビジネスブログの方が過激です。
アンチとんしの方は、そちらを読まれた方が、突っ込みどころが満載ですので、楽しめると思います。

つい最近、基本的には見ないようにしている、とんし関係の2ちゃんねるのスレッドを見ましたが、とても静かになっているようですね。
やはり、秋葉原通り魔殺人と同じで、自分自身に銃口が向けられただけで、全く何もしなくなる輩がほとんどなのですね。
「死ね」だのと通常であれば、それだけでも犯罪になりうるようなことを書き続けてきた輩がいかに卑劣で、自分自身の保身しか考えていないことがようやく証明されて、晴れ晴れとした気持ちにさせて頂きました。

いずれにしても、この一連のネットでの発言については、時期を見て、きっちりと責任を取ってもらいます。
その用意はしておりますのでお覚悟をお願い致します。

さて、話が横道にそれましたが、そんなわけで、過激な経営本を出版したいと思ったのですが、あまりにも過激すぎるので、考えを改めまして、こちらのとんしの方を本として出版できないかと、つい先日思い立って、いろいろと模索しております。

もちろん、自費出版あるいは半分自費出版の形であればすぐにでも出版できますが、私はそれでは全く意味がないと思っていますので、通常の費用負担のない形で、出版したいと思っています。

手段としては実はいろいろなルートを持っていますが、一社もしかしたら話が進むかもしれないというところがありますので、現在原稿をまとめております。
まとめるだけで、膨大な時間がかかっているので、我ながら、よくぞこんなにもいろいろなことを書いたのだと今更ながら驚いております。

運良く出版できることになっても、食に対するこれまでの姿勢は必ず貫き通したいと思っています。
逆に、それができないのであれば、本を出す意味がないと思っています。

実際に、内容的にも、ビジネスで経営関係の本を出版した方が面白いですし、多くの人のためになるのではと思っています。
要するに経営の裏の裏を知り尽くして書いていますので、あっというまに「とんし」のブログよりも多くの方に読んで頂けるようになっていますが、これは、人生そのものに関わることを書かせて頂いているからでしょう。その意味では、少しは社会的な意味があるのでしょうね。
まあ、会社経営者の悪さばかりを暴いていますので、経営者の方々から総スカンの状態ですが・・・・・・・・。
しかし、そのような状態になることにこそ意味があると思っています。

その点において「とんし」はあくまでも趣味の域を出ませんので、私から見ると迫力不足です。
真実に対してきちんとえぐり切っていません。全然、えぐり足りませんね。

しかし、その辺の甘さを修正して、何かおもしろい本が出版できればなあと思っています。
そして、より多くの方の批判の対象になれればと思っています。

誹謗中傷には1円の価値もありませんが、きちんとしたご批判には黄金以上の価値があると思っています。
それをより多くして頂けるよう何とか出版を実現したいと本気で思っています。
「死ね」としか書けないj無意味で卑怯な連中ではなく、正面から批判して頂ける方々の目に触れるよう頑張りたいですね。


とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’8.16更新 レビューコメント数1,465軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.16更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-16 00:28 | グルメ  

チビ太のおでん

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


赤塚不二夫さんが亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

小学校の高学年になってからは、推理小説ばかり読んでいましたので、漫画はあまり読まなくなったのですが、それまでは、赤塚不二夫さんの漫画が大好きでした。

一番好きなのは、「天才バカボン」で、何十冊も単行本を持っていたと思います。
また、「バカボンのおやじ」という、今風に言えばスピンオフした漫画もあって、これは大人向けでしたので、かなりシュールな内容となっていました。
あれは、名作だと思うのですが、今では手に入れることはできないのでしょうか。

いずれにしても、ナンセンスギャグの中に、社会風刺が効いていて、とてもすぐれた漫画だと今も思います。

さて、「おそ松くん」も何冊か持っていましたが、あの漫画で今も話題になるのが、チビ太のおでんです。

串にさせておでんを手に持って歩いているという理由がよくわかりませんが、ナンセンスギャグなので、意味はないのでしょう。

さて、あのおでんの種はいった何だったのでしょうか。

ネットで調べてみると、一番上の白い△は、こんにゃくか厚揚げ。二番目の黒っぽい○はがんもどきか大根か玉子。□っぽくて赤い線が入っているのはのはよくわからいけれども、だぶんちくわ。
という見解がありました。

私の見解はこれとは違いました。
△は、はんぺんを半分に切ったものではないかと思います。色が白ですから、こんにゃくとか厚揚げということは考えられません。
○は、がんもどきというのが一番可能性が高いということですが、私は、玉子だと思います。色が黒っぽいので玉子のはずがないとのことでしたが、色の染みた玉子は黒くなります。
これは単に好みの問題で、おでんと言えば玉子が一番好きですので、玉子と思いたいですね。
□ですが、赤い線がはいっていますから、ちくわということはありえません。これは明らかに鳴門巻きですね。上記の見解を書かれた方は土地柄から鳴門巻きという食材そのものをごぞんじないのかもしれません。

さて、更にネットで調べてみると、どうやら私の考えは間違っていたようです。
Wikipediaによると、正解は、こんにゃく、がんもどき、鳴門巻きとのことでした。
この見解の信憑性はわかりませんが、白いとはいえ、一番上はこんにゃくというのは、正しいような気がします。

サークルKでは、毎年「チビ太のおでん」というものを発売しているそうですが、鳴門巻きは使っていないようですね。
東京の下町などでしか具にしないようですので、全国的な販売には向かないので、他の具で代用しているそうです。

いずれにしても、2番目は、玉子であって欲しいですが、色の染みた玉子という考えは、ちょっと特殊なようですね。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’8.12更新 レビューコメント数1,464軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.12更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-07 12:57 | グルメ  

北京オリンピックに潜む危うさ -食品テロ-

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


いよいよ、オリンピックですね。いつもあまり楽しみにしていないのですが、始まると必死になって見てしまいます。
女子マラソンのダブルメダルが見てみたいですが、外国勢も強い人がいますからねえ。

一番注目は、やはり野球ですが、ワールドベースボールクラシックのような感動があるでしょうか。

ところで、福田康夫首相は、中国の「天洋食品」製造の冷凍ギョーザで同国内でも中国人が中毒症状を起こしていたことについて「捜査状況についてわが国の捜査当局と意見交換、情報交換している状況だ。捜査上の問題もあり、説明するわけにはいかないが、進行中であるとご理解いただきたい」と語ったそうですが、相変わらず危機感のない人です。

首相は「この問題はだいぶ時間がかかっているが、早く決着しなければいけないと思っている」と述べたそうですが、本気では思っていないでしょう。外交が得意と思っているようですが、いくら中国に配慮すると言っても、人命に関わることですから、無為無策としか言いようがありません。

日本における食品偽装は、国民が飽きてしまってので、マスコミの報道が手ぬるくなってしまいました。
いつものパターンです。
一時、ぎゃあぎゃあ騒いで、熱が冷めたとなると、すっと引いていく。
今もどこかで、食品偽装の問題は起きているはずです。
人命にかかわる問題でも出ないと報道しないつもりでしょうか。
朝日、毎日に続いて、読売新聞では、ついに記事の捏造までしていたというニュースが報道されました。
言論の自由の旗手である大新聞がこれでは、いつか報道規制が敷かれるようになってしまいます。

まあ、日本の問題はともかくとして、北京では、水と食品のテロが心配です。
相当、お金を使って警備をしているようですが、人が本気になって命と引き換えにテロを起こそうと思えば、かなりのことができます。

実際に、中国当局は、自体を掌握しきっていません。
選手村は、かなり快適なようで、食事も美味しいという話が伝わってきますが、恐ろしいことが起きないよう、祈るような気持ちです。

しかし、福田首相という人間は・・・・・・・・。


とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’7.21更新 レビューコメント数1,464軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’7.21更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-06 20:52 | グルメ  

書きたいことは山ほどあるのですが・・・・・・

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


実は、書きたいと思うことは山ほどあって、どのテーマについても、長々と書けるほどいろいろな思いが蓄積されているのですが、一部は、仕事関係のブログで吐き出してしまって、残りの部分も何かやるせない気持ちがあって、とんしとしてのブログを書く気持ちが起きませんでした。

強制の契機というのは、すごいものです。衣食住を満たすためであれば、人間はかなりのことができます。
すかいらーくの亡くなった元店長も、結局、衣食住を満たすために、最も本質的な命というものをどうしようもない薄汚い外食産業の会社のために捧げてしまったのでしょう。

サリン事件の河野さんの奥さんが亡くなり、あの赤塚不二夫さんが亡くなり、福田内閣がよくわからない内閣改造をして、読売新聞の記者が記事を捏造し、まもなく鳥インフルエンザが大流行して・・・・・・・、食品偽装問題は、予想通り、どのマスコミも放送しなくなって、公務員は悪いことばかりして、社会的な弱者に追い込まれた人は理不尽な殺人を犯し、五輪にかこつけて政府はまたとんでもない悪法を通そうとして、民社党は反自民の受け皿になることもできず、頭が狂った国会議員は、本気で自分が国を良くできると考えながら、犯罪に手を染めることには、なんの躊躇もなく、古館一郎は、相変わらず全く法学、経済学、経営学、社会学、文学、一つも勉強も理解もしないまま、価値の無い情報を流し続けている。

まともなブログを書く気力が湧いてきません。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’7.21更新 レビューコメント数1,464軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’7.21更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-08-05 22:47 | グルメ