<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

鼠先輩 六本木~GIROPPON~

いやー、久しぶりに食以外のことで感動しました。
感動しすぎたので、一日に2回もブログを書いてしまいました。

お金を使わなくても、このような新人をこのような方法で売り出す方法があるのですね。
「コロンブスの卵」のようです。
飲食店も、お金をかけずに世に出ることができるのではと考えさせられました。

今年の音楽シーンは、近年稀に見る個性派の大ブレイクの年です。

昨年からですが、広島の8年前にデビューした広島の典型的なローカルアイドルだったPerfumeが、40~50代にとっても懐かしいテクノポップということで大ブレイクしました。
踊りが真似されているために、現代のピンクレディとかキャンディーズだと言われていますが、音楽性が高いことが最も評価されている理由のようです。

そして、黒人歌手ジェロが、その歌唱力を活かして、ド演歌をヒットさせて、演歌歌手を大喜びさせました。

次に、島田紳助が「羞恥心」をプロデュースして大ヒットしています。

NHKにとっては、紅白の目玉が次から次へと登場してウハウハでしょうが、とんでもない新人が出てきました。

ニュースによると、
「大ブレーク中の黒人演歌歌手ジェロ(26)を抜き、着うたの演歌チャートで1位になった歌がある。謎の新人、鼠(ねずみ)先輩(35)のデビュー曲「六本木~GIROPPON~」。東京・六本木のクラブなどで火が付き、インパクト満点の歌とビジュアルで若者の間にも浸透中。“ネオン街発”の異色のヒットが生まれるか、注目だ。

鼠先輩がジェロの「海雪」を抜いて1位になったのは、国内最大手の着うたダウンロードサイト「レコ直」の歌謡・演歌チャート5月14日付。ジェロは2月6日に音楽配信を始めて以来、すぎもとまさと「吾亦紅」、水谷豊「カリフォルニア・コレクション」に1週ずつ“奪首”された以外、4カ月近く1位を独走中。全く無名の新人による逆転劇は“快挙”と言っていい珍事だ。

皿洗いや映像制作会社のADなど数々のアルバイトを経て、3年前から「六本木…」をライブイベントなどで披露。ドン・キホーテでそろえたスーツにパンチパーマという個性的なビジュアルと、えげつないほど大げさな歌唱スタイルに、大手レコード会社「ユニバーサル」が「宴会ソングとしては面白い」と獲得。6月18日の発売を前に、4月9日から着うたの配信を始めた。

特に人気を集めているのが、鼠先輩がサビの部分を、ぽっぽぽぽぽぽ――とひたすら口ずさむバージョン。すべて「ぽ」だけで歌い続ける、人を食った感じがウケており、ネオン街のいわゆる“一気コール”の場面で使われ始めたことで一気に浸透。今どき、六本木を「ギロッポン」と読ませるバブリーなムード満点のタイトルも、個性的なビジュアルと合わせて「かなりヤバい歌」として若者の間で口コミで広まっている。

ジェロの「海雪」は既に50万ダウンロードを突破。デジタル戦略によって若者に演歌の良さを伝えた功績は大きく、鼠先輩がさらに遊び心を加えた「着うた」で若者に演歌でどうアプローチしていくのか見ものだ。」

ということなので、サイトに行って、動画を見て見ました。

http://www.universal-music.co.jp/nezumisenpai/

私は、キャバクラバージョンとカラオケバージョンが好きですが、すごいですね、このキャラと歌は。

私は、朝からずっと、「ポポポポッポポポポッポ。ポポポポッポポポポッポ。ポポポポッポポポポッポ。」とつぶやいています。

年齢は35歳。ある音楽コンテストで、決勝でシャ乱Qに敗れてしまって、デビューが遅れたようですが、これは、シャ乱Qが登場した時とは比べられないほどの衝撃度です。

「ポポポポッポポポポッポ。ポポポポッポポポポッポ。ポポポポッポポポポッポ。」と間違いなく小学生が口ずさみながら、踊るでしょう。
カラオケで、若いOLから管理職のおっさんまで、歌いながら踊りまくるでしょう。

エドはるみの「グー!」も羞恥心やPerfumeの踊りも、全てこの鼠先輩に持っていかれるでしょう。

芸能界、今年最大の話題はジェロだと思っていましたが、完全に鼠先輩が勝ってしまったと思います。

大ヒット間違いなし。この次に、全く反対の曲で、ある意味期待を裏切れば、更に大ブレイクすると思いますが、事務所やレコード会社にその度胸があるかなと思っています。

サザンオールスターズも「いとしのエリー」でコミックバンドのイメージを裏切って、日本を代表するミュージシャンとなって行きました。

イメチェンは、3曲目からにして、2曲目は、「なぜか埼玉」で有名になったさいたまんぞうとデュエットというのはどうでしょうか。
受けると思うんだけどなあ。

いずれにしても、ギロッポンという何十年も前の業界用語を曲のタイトルにして、ベタベタのムード歌謡を、酔ったおっさんでも踊れるような踊りで、歌い上げるという、レコード会社の企画力には、脱帽しました。

P.S.
いつも、コメントを書いてくださるNumaさんが、ブログを始められました。とても、面白い内容なので、皆さんもご覧頂けばと存じます。

Numaの言いたい放題

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.28更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.30更新 日記更新しました
※レビューコメント数1,455軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-30 18:07 | グルメ  

マクドナルド不買運動は起こるのか

マクドナルドが「名ばかり管理職」に常識はずれのサービス残業をさせていたことは、皆さんもご存知のことだと思いますが、この問題に対する解決策が非常にまずいですね。
顧問弁護士や社会保険労務士のリーガルオピニオンを複数取って、IRの専門家に相談して、発表しているはずですが、明らかに失敗しました。

ある経営者が私に帝王学を教える時に、よく仰った言葉に「渦に入ると渦が見えない。」というものがあります。
この言葉の意味の深さを私は、その後思い知らされることになるのですが、まさに、今回のマクドナルドの発表は、「渦に入ると渦が見えない。」という状態の典型です。

保守的な判決を出す東京地裁が、マクドナルド敗訴の判決を出したので、顧問弁護士は、東京高裁の判決もかなり危ないと思っているはずです。
エリートばかりいる東京高裁で負けたら、最高裁での逆転はほぼ不可能と言ってもいいですから、次が事実上の勝負です。

さて、そこで、この時点で改善の意思を示すべきという経営判断をしたのでしょうが、その内容が悪すぎます。
とにかく、形式的に合法にしようという意図が丸見えで、意地悪な見方をすると法の潜脱を一生懸命考えて、発表しましたねと見られてしまいます。

しかし、大企業の経営実務の経験がない、法律家にこんな風にしてくれと無理なことを要求したのでしょうから、確かに限界があります。
これは、ある意味法律家の責任ではありません。

問題は、IRのスタッフは何を考えているのかという点です。
株主総会で突っ込まれそうなことを想定して、それに対する策ばかり弄しています。
想定される質問に対して、事前に答えておいて、突っ込まれないようにしているということが丸見えです。
考えが浅すぎます。
これだけ、社会問題になれば、発表の対象は、株主ばかりではありません。
会社の信頼回復なのですから、発表の対象は、マクドナルドを利用して下さっている消費者です。
また、サービス残業をやらせますよと告白しているような会社に、優秀な人材が集まりますか。

このサービス残業の問題は、今後もつっつかれますから、根本的な改善をしなければ、後々ボディーブローのように効いてくるでしょう。
最悪のシナリオは、どこかで過去の莫大な額のサービス残業代を払わされた上に、改善による今後のコスト負担により、マクドナルドの一番「ウリ」である、価格競争力がなくなることです。

確かに、目先のIRとしては、収益が悪化しませんというメッセージを株主に送りたいのでしょうし、裁判が確定していないのですから、自らの非を認めることが出来ないのでしょうが、経営戦略が間違っています。
リスクマネジメントを考えていません。
これで、東京高裁で負けたら、最悪のシナリオ通りになります。
経営陣は、退陣だけで済めばいいですが、東京地裁の判決が出た後での経営判断ですから、株主訴訟の対象にされる可能性が高いでしょうね。
日本の上場企業の経営者は、給料が安い割りにリスクだけがその何十倍も高いので、大変です。
まあ、マクドナルドあたりは、株主訴訟に対する保険に入っているでしょうけど、事実上利益を削って、株主訴訟に備えるというのも変な話ですね。

今回の件は、東京地裁で負けた時点で、和解をして、問題点を徹底的に洗い出して、根本的な改善策を構築した上で、発表をして、収益悪化については、長期的な視点で、株主のご理解を得るしかなかったと私は思っています。

さて、何を血迷ったのかマクドナルドが最悪の経営判断をしてしまったと思っていますが、具体的に今後何が起こるかが容易に想像出来ます。

先日、セイコーエプソンでの過度の海外出張と死亡の因果関係が東京高裁で認められていましたが、当然この問題が、マクドナルドでもクローズアップされてくるでしょう。

新しい制度が採用されれば、会社に申告しない(人事評価にかかわるので、事実上申告できない)サービス残業に形を変え、しかも現在の経済状況に鑑みれば、更なるコストの増加が予想されるので、その残業時間自体ももっと増えるでしょう。

そうなると、過労死、鬱病による自殺等が必ずどこかで出てくるでしょう。
既に、マスコミは、隠れサービス残業が増えることを予想していますので、このような問題が起きたら、袋叩きになります。

収益の問題だけを考えて、株主用の発表をするから、このような状況が予想されるのです。
100円マックも良いですが、それが人の命と引き換えに行われていると報道されたらどうするつもりなのでしょうか。

非常に経営センスが悪いです。
矛盾した困難な問題を抱えていることは、十分理解しています。
しかし、経営判断は、結局プライオリティの問題です。

人の命と企業の信頼という最もプライオリティが高い二つの要素を無視した経営判断は、やはり経営センスが驚くほど悪いとしか言いようがありません。

いろいろとマクドナルドの悪口を書いていますが、その苦しい胸のうちは分かっているつもりです。

とにかく、マクドナルドの競争力というのは、日本におけるハンバーガーのパイオニアである知名度とスケールメリットによる価格競争力にあります。

その価格競争力もあらゆるコスト削減によりなされているはずですが、やはり現時点では、かなり無理をしているでしょう。

食材そのものの原価のアップもありますが、苦しいのは物流コストと容器などのコストです。
容器のコストは、大量に購入することにより、びっくりするくらい安く抑えているはずですが、原油高で、取引業者も限界になっているでしょう。
100円マックの実現には、取引業者の痛々しいほどの努力があるのでしょうが、アメリカではガソリン代が1年で倍以上になっているような経済状況ではもう無理があるでしょう。
物流もしかりです。

要するに、元々店長のサービス残業により、これらのコストを吸収してきたのですが、今回このような労働問題が、一番苦しい時期に噴出してしまい、にっちもさっちもいかないというのが現状でしょう。

そうなると、仕事のブログでは、前から書かせて頂いていますが、ジャスダックに上場したという経営判断が痛いですね。
要するに今回のようなでたらめなIRをしなければならなかった元凶は、上場していることにあるのです。
もちろん、上場を維持するためのコストも莫大なものがありますが、それ以上にまずいのは、IRを意識しすぎて、経営判断を根本的に誤ったことです。
損失として換算すると、恐らく、上場による資金調達のメリットなど吹き飛んでしまうと思います。
いずれにしても、このような労働実態があるにも関らず、上場審査をパスさせた、主幹事証券とジャスダックの判断の甘さもひどいものです。
ジャスダックとしては、どうしても、市場の目玉として、マクドナルドが欲しかったのでしょうが、結局、無理して、自分のところにもってくるとこのようなことになるのです。
労働実態に目をつむるという取引がジャスダックとマクドナルドの間にあったのでしょうね。
審査で一番突っ込むはずのところを、簡単にパスさせているのですから。

マクドナルドの経費削減は、とりあえず、広告宣伝費の劇的な削減と上場廃止でおこなうというのが正しい経営判断だと私は思います。
そのかわり、労働問題の根深い闇の部分はこの際、一掃するのです。
中期経営計画も作り直して、一時的には、赤字にならない程度に利益を下げて、建て直しにコストをかけるべきです。
そのためには、どうしても上場廃止しなければなりません。
マクドナルドほどの知名度があれば、広告宣伝費の劇的な削減と上場廃止で、何とかしのげるだけの体力があるはずです。
大義名分もあります。
きちんとした経営ビジョンを示せば、銀行も協力するでしょう。

いずれにしても、これだけ大きな企業になりますと、いかなる経営判断も効果が出るまでに時間がかかりますので、すぐに決断をしなければなりません。
上場廃止など、判断してから実現するまでかなりの時間がかかりますし、宣伝広告費も年間契約をしているものが多くあるはずです。

そして、一番心配しなければならないことは、人材確保です。
フジテレビ系の「めざましテレビ」でも特集をやっていましたが、最近の新卒採用者の3年以内の離職率は、3割とのことです。
年間の育成コストが2000万円。当然、企業の利益を圧迫します。

超人気企業である三井物産ですら、人材確保に頭を悩ましているわけですから、今後のマクドナルドの人材確保が更に難しくなることは容易に想像できます。

元々、マクドナルドの仕事は、労働集約型産業なので、あまり人気がない業界であるのに、正社員として入社するとすぐに店長にさせられて、正に死ぬほどサービス残業させられるとなれば、喜んで入社する新卒はほとんどいないでしょう。

他の希望企業に入社できなかった人が、嫌々滑り止めとして入社して、上場企業とは思えないような過酷な労働条件を知ったら、多くの方は、すぐに辞めるでしょう。
IR対策もけっこうですが、結局企業経営は、人の問題に尽きるので、自ら人材確保が出来なくなるような発表をされたのは、最悪の経営判断です。

最低限、上場企業として恥ずかしくないレベルに労働条件を引き上げて、更に、魅力ある企業であることを人材市場にアピールしなければなりません。
コストをかけるところが、あまりにも的外れです。

ところで、東京地裁での判決が出た時から、一部で不買運動が起こっているようです。
労組が主導してやっておられるのでしょうが、残念ながらあまり話題になっていません。

確かに、商品が安い料金設定ですので、サービス残業などには無関心な方は、結局安けりゃ使うということなのかもしれません。

しかし、企業イメージはどうするつもりでしょうか。
船場吉兆ほどではありませんが、マクドナルドは今回、完全にリスクマネジメントを間違えたと思います。
船場吉兆の問題も一段落しましたので、マスコミは、マクドナルドの不祥事をかぎまわっていると思います。
アルバイトの数が半端ではないので、情報が入手しやすいです。したがって、何かあれば、一気に不祥事として、問題が噴出するでしょう。

今回の問題だけでは、まだ不買運動までは至らないと思いますが、船場吉兆のように今後の対応を間違えたままでいると、必ず、いつかは大問題が起こると思います。

※本業の経営コンサルティングでの仕事で、飲食店の経営コンサルティングを承ることが多くなりました。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせはもちろん無料です。
なお、あくまでも経営コンサルティングですので、料理の評価のみをして下さいというご依頼には対応させて頂いておりませんので、ご了承下さい。
お問合せフォーム

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.28更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.30更新 日記更新しました
※レビューコメント数1,455軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-30 08:52 | グルメ  

船場吉兆と一升庵と心

船場吉兆に対するコメントは、テレビなどでも言い尽くされていますし、経営的な視点からは前日も書かせて頂きましたが、一言で言えば、全くお客のことなど考えていないということが、結局は丸出しになっていたということです。

私の大好きな「おせん」の一升庵は、漫画の世界ですが、実際にあのような飲食店は存在しています。
前回の放送のように、お客のために、手作りの箸を作るというところまでやるお店があるかは知りませんが、高級料亭でしたら、それに近いような心遣いが必要です。
私は本当の料亭には伺ったことはありませんが、飲食店で、ふともらした言葉を覚えていて下さって、何かの機会に心遣いが感じられて感動することはあります。
いつも料理は「客観的な味」だけを味わうものではないと書かせて頂いているのは、嫌な経験と同じぐらい感動した経験があるからです。

前々回の放送で、おせんさんは、大泉洋に「特製すき焼き」を食べさせることにより、一升庵の料理は、単に板前が作ったものを出すだけでないことを暗示しました。
これは、一升庵の料理は、代替性がないことを意味します。
そのお店でしか、味わえないからこそ、過度の価格競争にさらされることなく、独自の地位を維持することができるわけです。

そのようなことは、普段からお客のために何ができるかを真剣に考え続けていなければ絶対に出来ないことです。
わけのわからないチェーン店や有名店のうわべだけを真似をして、言葉だけ「お客様のことだけを考えています。」「お客様最優先主義です。」などと言っても、実際にやっていること、言っていること、お客に対する対応を見れば、一瞬にして全てがわかるのです。

船場吉兆の女将は、昨年末の会見で、お客に謝るのではなく、「亡くなった父に申し訳ない。」と言いました。
ここで、本音がばれているのです。
お客は二の次で、自分が父から受け継いだ地位や名声が大事なのです。
お客は、金の成る木としか考えておらず、お店に来て下さるお客がいるからこそ、お店が営業することができるのだということは、ほんの数日前までは全く理解していなかったのです。

このことを、三宮「心」は全く教訓としていません。
ブログで、当の本人であるお客に謝るのではなく、当該の問題とは全く関係ない他のお客に言い訳をしているのです。
こんな馬鹿な店は、今まで見たことがありません。

そして、船場吉兆が従業員に責任転嫁して批判されていることを教訓とすることもなく、あろうことか、お客に責任転嫁をしているのです。
ここまでくると、客商売としては、狂っているとしか言いようがありません。
これほど、客商売の本質が分かっていない人間の作った料理など美味しいわけがありませんし、スーパードライの生だと言って出されるものを、まともなものと信じて、飲めるはずがありません。
厨房でどんな恐ろしいことが行われているか、全くわからないからです。

実は食べ残しの使い回しや残ったビールに新しいビールを混ぜて出すなどという話は、まだかわいいほうです。

大きなショックを受ける方がおられるので書かずにいましたが、あえて書かせて頂きます。
実名は書きませんが、神戸の海岸沿いにある某カフェは、頭のおかしい大学生をアルバイトに雇ったために、コーヒーにゴキブリの乾燥したものを粉状にして入れて、遊んでいたことに何年も気がつかなかったのです。
いやいや、その狂った男はお店を辞めていますが、過去にそのようなことがあったことを今も知らないでしょう。
飲食店の厨房というのは、本当に恐ろしいところなのです。
人の口に入るものを作るところだからです。

だから、私は、厨房が見えるお店に最初訪れる時は、出来る限りカウンターに座りますし、実際に厨房を見れば、料理人の料理やお客に対する「心」がわかるのです。

高い料金を取っていた高級料亭「船場吉兆」でさえ、めちゃくちゃなことをしていたのです。
これほど狂った店で出される、異常に安い200円の生ビールを信頼しろというほうが無理な話です。
実際に、何人かの飲食店経営者に聞きましたが、18時までのタイムサービスのようなものであれば、わからないでもないが、基本的には、オールタイムで、何杯飲んでも200円というのは、原価を考えればあり得ないと仰っています。

一升庵とまでは言いませんが、本当にお客のことを考えてくれていると実感出来る三宮「たけやま」のようなお店とこれからも出会いたいものです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.28更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.29更新 日記更新しました
※レビューコメント数1,454軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-29 08:19 | グルメ  

船場吉兆廃業

今、船場吉兆が廃業するというニュースを見ました。

あそこまで、経営者としてリスクマネジメント(危機管理)が出来ていなければ、当然のことだと思います。
とにかく、企業経営は、どんなに気をつけていても、何らかの不祥事が表面化することはありえます。
経営そのものがリスクなのですから、上場していたり、有名だったりすると何かのきっかけで不都合が表面化して、それが不祥事と報じられてしまうこともあるのです。

その時にやることは、たった二つしかありません。
まずは、徹底的に内部調査をして、事実関係を出来る限り正しく把握することです。
前にも書かせて頂きましたが、従業員は、自分にリスクがあることは、全て隠します。
徹底的に隠しますから、それを「見破って」、出来る限り真実をあぶりださなければなりません。
これが出来ない経営者は、経営能力がないのですから、会社経営などするべきではありません。

次にやることは、事実に基づいて、お詫びをするとともに、今後同じことが起きないよう、何をするかをきちんと説明することです。
すぐに具体的な対策が出せない場合がありますので、方向性だけはきちんと示して、時間をかけてもいいので、しっかりとした対策を構築して、後に発表するのです。

お詫びする時には、自分たちの業界の常識からものを言わないということが重要です。
飲食業に限らず、お客様の常識的な視点にたってお詫びするのです。
簡単なことです。
自分が、お客だったら、どう感じるか、どうしてくれれば、お詫びされたと実感できるかを考えればいいだけです。

ところが、なぜか、多くの企業は、この二つのことが出来ません。
仕事のブログで、マクドナルドの経営判断のお粗末さを散々書かせて頂いていますが、ネットが発達して、内部告発が簡単にできる現代においては、リスクマネジメントが最も重要な経営課題です。

リスクマネジメントは、不祥事が起こらないように、徹底的に予防策を講じることが最も重要です。
それをしていれば、不祥事が表面化しても、このような対策をしていましたが、見落としがありましたということで、説明ができます。

しかし、意図的に悪いことをしていた場合は、そのような説明が出来ないので、隠そうとしたり、ボロが出ないように口をつぐんだりするのです。

船場吉兆の事件が最初に表面化した時に、こちらのブログで書かせて頂きましたが、船場吉兆の最悪なところは、徹底した隠蔽体質です。
最初に、アルバイトのせいなどにするから、世間も納得しないし、次から次へと内部告発が出てきて、廃業に追い込まれたのです。

これは、ずっと、お客を騙しても大丈夫という経営の仕方をしてきたから、このような事件が発覚しても、常連は支持してくれるという「幻想」があったのでしょう。

しかし、常連などすぐに常連ではなくなります。
今回のように、お客を騙していたとなれば、常連は憤慨することはあっても、支持することなどありません。
当然ですよね。なのに、そんな簡単なことがわからない。自分の都合しか考えていないからです。
別に船場吉兆で、高いお金を払って食事をする必然性が常連にはないのです。
他にいくらでも、お客を大切にするお店があるのです。

女将が、インタビューに答えて、「何が何でも店は続けなければならない。」と言っていましたが、あの言葉に彼女の経営感覚が全て集約されています。
自分の生活や地位を守るには、店を続けるしかないという自分の都合だけを宣言したのです。
あれは、お客は引きますよ。
店が続けられるかどうかは、全てお客にかかっているのです。

全ての不祥事を洗い出し、対策を講じた後で、「もし、お客様にお許し頂けるのであれば、何十年かかるかわかりませんが、ご信頼を頂ける店になるために、努力致します。」と言えばいいのです。
あのような自分だけのことしか考えていない決意表明をすれば、世間は、ドン引きしますよ。

従業員の皆さんの今後の生活を考えれば、給料が何か月分ももらえなくなってから、倒産するよりは、今廃業にするのですから今回の経営判断だけは、正しかったようですね。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.28更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.28更新 日記更新しました
※レビューコメント数1,453軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-28 08:12 | グルメ  

神戸の良心

食べ歩きで、人生最大と言えるような屈辱を味わうと、揺れ戻しとして、望外の喜びが感じられるようです。

いつものように、新規登録の電話非公開だと食べログのアップが遅いので、まだレビューコメントを書くことができませんが、神戸の素晴らしさをエキスにしたようなお店を見つけました。

地元密着の何ら宣伝をされないお店ですので、ネットでの情報もほとんどありませんが、すごいお店があるものです。

最近、夕食については、とても保守的になってしまって、ほとんど新規開拓をしなくなっていたので、これはいかんと久しぶりに新規開拓に出かけました。
先日書かせて頂いたように、日曜日に伺うお店というのにいつも苦労しますので、あえて日曜日に安くて美味しい立ち飲み屋でも見つけようと出かけました。

そして、1時間以上うろついたあげく、遂に理想的なお店を見つけました。

三代目のある雲井通沿いのお店ですが、料金、味、接客、全てにおいて、まずあり得ないというお店が、目と鼻の先にありました。

とにかく、チェーンの居酒屋もびっくりするような料金設定で、料理の素材はこちらが戸惑うほど厳選されており、接客もしっかりされておられます。

細かい料理の評価は食べログでさせて頂きますが、飲食店というのは、回転率さえ良ければ、びっくりするくらい儲かるのだと思い知らされました。
良い食材を使われておられるので、原価が高いはずなのに、普通の居酒屋よりも料金設定が安いというのは異常と言えるほどの素晴らしさです。

神戸にもこのような文句のつけようのない素晴らしいお店があることを知っただけで、何とも言えない喜びが湧き上がってきます。

結局、どこまでも実直さを貫き通して商売をすれば、大繁盛のお店が作れるのですね。
確かに、何十年の積み重ねだとは思いますが。
すがすがしい気持ちになりました。

ありがとうございます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.25更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.27更新
※レビューコメント数1,452軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-26 22:14 | グルメ  

腐った食材

今年の初めに、愛知県豊橋市の給食会社が運営する社員食堂で調理師として働いていた40代の男性が、腐った食材や賞味期限が切れた調味料などを使わないよう会社に申し入れたところ、一方的に解雇されたとして、津地裁に地位確認などを求める労働審判を申し立てたというニュースがありました。

大型スーパーなど46カ所で社員食堂を運営する会社で、よくぞここまで大胆なことをするなあと呆れていたのですが、まだ労働審判の結果が出ていないためか、その後、有名店での不祥事がクローズアップされたことにより、このニュースは、あまり大きく取り上げられることもなく、忘れ去られてしまいました。

男性は、腐った野菜が納品されたり、カビの生えた期限切れの調味料が使用されていたことを発見して、本社に再三申し入れしたにもかかわらず、改善されないまま、「営業方針および今後の営業に支障を来す」として解雇されたとのことです。

腐った野菜や、カビの生えた期限切れの調味料というのは、ミスとか経営判断とか言ったレベルの話ではありません。
食品業界や飲食業界の感覚というのは、恐ろしいものだなとつくづく感じましたが、人間の体内に入るものを売って商売をしているのだという意識がないのでしょうね。
自分では絶対に食べないものを平気でお金を取って売るのですから、恐ろしい感覚です。

これだけ価格競争が激しい時代になると、コストだけに目がいくためにこんなことが起こるのでしょう。
仕事のブログで、マクドナルドの経営判断については、細かく書かせて頂いていますが、飲食業界での価格競争に勝つには、結局、原価と人件費に全てのシワ寄せがいくのです。
チェーン店では、原価については、おぞましい食材を使うことにより、人件費については、サービス残業をさせることにより、コスト削減をしますが、個人企業に近い、普通の飲食店では、結局、原価のコストダウンに走るのです。

ほとんどの割合を占める、中小の飲食店では、大量仕入れによるコスト削減が出来ないので、使い回し、食品やお酒の虚偽表示などで、原価のコストを下げるしかありません。
使い回しは、ゴミをお客に出すわけですから、原価はゼロです。
これは、儲かります。

この事件において、私が一番びっくりしたのは、会社のやっている違法行為ではありません。そのことを本社に抗議して、そのことにより、解雇されても、戦い続ける勇気ある方がいらっしゃることです。

そして、そのような方との話合いをする機会が何度もあったにもかかわらず、結局裁判沙汰になるような対応しかできなかった、給食会社の経営判断の馬鹿さかげんにも呆れました。
これは、もう全くリスクマネジメントなど考えていません。

まあ、腐った食材を社員食堂で使うような会社ですから、何をやっても不思議ではないのですが、社員食堂は46ヶ所もあったというのですから、徹底的に違法なことばかりして、価格競争に勝っていたのでしょう。

その会社は、完全に取材拒否をしているそうです。
やはり、悪いことをしている会社は、ボロが出るので、口を閉ざします。
しかし、いつかはその悪行が明るみに出るのです。
形は労働審判になっていますが、裁判により、必ずこの会社の悪行は、世間にさらされることになるでしょう。

いずれにしても、このような会社は存在そのものが悪なわけですから、勇気ある方にどんどん内部告発をして頂きたいと思っています。
食べ物の問題は、生命や健康に直接影響を及ぼすことですから。

また、国も、もっともっと内部告発がしやすい仕組みを作るべきです。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.23更新
※レビューコメント数1,452軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-23 17:39 | グルメ  

客筋

先週末にお気に入りの居酒屋「さつま」に伺いました。

移転前は、芋焼酎のラインナップがもっとあればいいのになあと思っていましたが、最近は、芋焼酎のラインナップも増えてきましたし、どうしても飲みたいものは頼めば、仕入れてもらえる場合もあるようです。

食べログでも紹介させて頂いているお店ですが、「だれやめセット」880円を頂きながら、なぜ自分はこのお店が好きなんだろうなあと考えていました。

確かに、とてもリーズナブルな料金設定は魅力です。ほとんどのお客が注文する「だれやめセット」は、880円で、焼酎か生ビールか瓶ビールを選ぶことが出来て、料理が2品つきます。しかも、必ずその2品は、それぞれが2種類用意されていて、選べるようになっているのです。
二人で注文すれば、4種類の料理を楽しむことが出来ます。

この「だれやめセット」だけで、毎日のようにいらっしゃる常連の方もおられるようです。

また、ポイントカードのサービスやボトルプレゼントなどが充実していて、常連でもない私でも、2回に1回はボトルをもらっているような状況です。

ママであるHちゃんの癒し系の接客が素晴らしいこともありますし、オーナーのお人柄も好感を持たれるのでしょう。

でも、一番良いのは客筋かなと思いました。
特に、常連の方が、排他的ではないところがいいですね。
東京調布「どびん」のTなどは、いつも「常連しか入れないお店にはしたくない。」と言っていましたが、要するに、一見さんが入りにくいような雰囲気のお店にはしたくないということでしょう。

確かに、お店に入ると常連らしき人が、何しにきたんや、みたいな顔をするお店が多くあります。何のためにそんなことをするのかわかりませんが、店に通うなら俺に挨拶しろみたいなことを遠まわしに言う常連さえもいます。
こうなると、完全に○○○の世界です。

しかし、この問題は、常連が悪いわけではありません。
そのような雰囲気が出来るのも、そのお店のカラーなのですね。

そのような方が常連になること自体、お店がさせていることです。
これは別に飲食店に限らず、客筋が良いなあと思うお店は、オーナーや従業員が良いですね。
人間がその場の雰囲気を感じる能力は想像しているよりも高いようで、どうも居心地が悪い、居心地が良いということをかなり敏感に感じるようです。
住む水が違う同士が、リラックスしてお酒を飲むということはないようです。

その意味では、やはり「さつま」は客筋が良いとしか言いようがありません。
常連の方々に排他的な雰囲気が全くないのです。
他のお客に迷惑をかけたり、お店に難癖をつけたりするお客には、恐らく厳しいのでしょうが、そうでなければ、排他的な雰囲気が全く感じられません。

恐らく、想像を越えるほど、「さつま」のことを愛しているのでしょうね。
「さつま」のマイナスになることは、絶対にしないという意識が徹底しているように感じます。
だからこそ、良いお客がどんどんお店に集まってきますし、常連も増えていくのだと思います。

さつま

とても客筋の良いお店です。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.21更新
※レビューコメント数1,451軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-22 17:00 | グルメ  

魚きん -売れ残り刺身使い回し-

随分前から、このような問題はどんどん出てくると書かせて頂いていますが、過去はともかく、これだけいろいろな問題が表面化しても、まだ同じことを続けているというのは、逆にその度胸の良さに驚かされます。

確かに、ある程度大きな会社になれば、現場の営業責任者には、大変なノルマが課されますので、誘惑があるのはわかります。
或いは、船場吉兆のように、トップが直接指示している場合は、拒みようがないこともわかります。
その世界でしか生きていけない方は、まさに自分自身や家族の生活がかかっているからです。

わかっていますが、それでも、勇気を出して止めるべきです。
商売は、信用を失ったら、その時点で終わってしまうこともあるのです。

今回の件は、また出たかという感じですが、売れ残った刺身を使い回ししていたという点には、少しショックを受けました。
生ものですからね。
刺身は、少しの時間、切り置きしておくだけで、味が変わります。
けっこう、有名なお店でも、ランチあたりに出てくる刺身を食べると、切り置きしたなというのが分かる場合があります。
その刺身だけを食べれば、美味しくないなと思うだけのことでしょうが、比べれば、びっくりするくらいまずくなるのがどなたでもお分かり頂けるはずです。

もちろん、腐ったものは出していないのでしょうが、生ものをこのような形で売られると、もう何でもありなのかなと思えてしまいます。
売れ残りを売ると言うのは、本来捨てるものを売ることを意味するのです。
極端に申し上げれば、「ごみ」を売っているのですね。

船場吉兆など特にそうですが、他のお客から、きちんと料金をもらっている料理を、捨てないで違うお客に出しているわけです。
それで、また、正規の料金を取っているわけですから、詐欺も詐欺、「ごみ」をお客に出して、お金だけしっかりもらっているわけです。

船場吉兆だけではないと思いますよ。高級飲食店で、かなり怪しいものを出しているなと思うことは、決して珍しいことではありません。
名前ばかり有名な老舗の高級店で、ランチを頂くと、「これは昨日の・・・・・・・。」と思うことがあります。

確かに、小さなお店が、前日売れ残った刺身を煮物にして出すことはあるでしょう。
刺身ではなく、違う料理として、常識的な料金設定で出しているのであれば、私も目くじらを立てません。
しかし、刺身を刺身として売るのは、度胸が良いとしか思えません。

最近、例の件があったので、自分でお金を出して、初めて発泡酒を買ってみました。
もちろん、飲んだことはありますが、お金を出して買ったのは初めてです。
法律的にはビールではありませんが、ビールだと言われたらビールだと思うでしょう。

元々、日本のビールは本来のビールではないものが、ビールとして愛され続けてきました。
したがって、麦芽100%のもの以外もビールと言ってしまっては、発泡酒との区別などつきません。
ビールを飲む機会が少ない私など、スーパードライとかエビスのように、はっきりと味を覚えているものであればともかく、新しい銘柄のビールですと言われて、既存のビールに発泡酒を混ぜて出されたら、何ら疑問など持たないでしょう。
恐らく、あまり美味しくないビールだなあと思うだけです。
麦芽100%以外は基本的に嫌いですからね。
だから、悪いことを考える飲食店が出てくるのです。

食品販売や飲食業は、食中毒さえ出さなければ、いくらでも悪いことが出来ます。
祇園のBarで、まさに使い回しの乾き物が出てきた瞬間に、ぼったくられるのを覚悟したら、本当にぼったくられました。
何か一つ悪いことをしている飲食店は、ありとあらゆることで悪いことをしているものです。
これだけは、お客を馬鹿にしているけれども、他の全ては、お客様を大切にしているなどと言うことはあり得ないのです。
客商売については、中間などというものはありません。
お客様を大切にしているか、お客など金を運んでくるあほだと思っているかのどちらかです。
私たちは、いったい何をされているのかわかったものではないのです。
だから、私は、ブランドや産地やマスコミの無責任な情報は、はなから信じないのです。

魚きんは、秋田店だけだと言っていますが、本当でしょうか。
担当の営業部長が見逃していたということは、そのような体質が会社にあるということです。
部長クラスに徹底的なコンプライアンス教育をしていれば、このような事件は起きません。

これだけ、有名店の不祥事が出ているのに、幹部クラスに最低限のコンプライアンス教育が出来ていないということは、会社の体質がそうなっているのです。
全部白状して、謝って一からやり直せばいいのに、他の不祥事を隠していると、出てきた時には、倒産の危機になると思います。

過去の事実は、もう変えられないのですから、今から変えることが大切なのですが、自分自身が当事者になるとどうしても、隠蔽工作に走ってしまうのです。

飲食業界、食品業界のこの「どこでもやっていることだ」意識が、まともになるには、まだまだ多くの有名店が倒産する必要がありそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.21更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.21更新
※レビューコメント数1,451軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-21 13:05 | グルメ  

夙川できらめく新星

昨日、仕事に疲れたので、mixiを開いてみました。

いろいろなコミュニティをぼっーと見ている時に、ある方のことを思い出しました。
私が、mixiを始めた頃に、HPやBlogをご覧頂いて、メールをして下さった方です。

「独立して、焼鳥屋をやるのですが、東京の名店を巡って、勉強したいけれども、どのお店に伺ったら良いでしょうか。」という内容のメールでした。

Blogでも何回か書かせて頂いていますが、私の場合は、今はなき「味壷」という奇跡的な名店の記憶を消すことが出来ず、どうしても、焼鳥に関しては、評価が厳しくなってしまいます。
そんな事情を書かせて頂いて上で、何軒か有名店の名前を書かせて頂いて、お返事を送らせてもらいました。

さて、偶然にも私が仕事の都合で、神戸に引越した後の昨年の9月に、その方がお店をオープンされたことを知りました。
しかも、夙川ですから、私の住んでいる三宮からすぐのところです。

もっと早くに伺うつもりでしたが、近いからいつでも行けるというのと、もし美味しくなかった時に、自分が「とんし」とばれるのが嫌だなと思ったこともあり、知らない間に8ヶ月がたってしまいました。

急に思い立って、お店に予約の電話を入れて、彼女と二人で伺うことにしました。

「なんで突然、さくら夙川に来いって言い出したの。」
「いやー、日にちは指定してなかったけど、随分前にmixiで知り合った人が、お店をオープンして、伺うって言っていたのに、8ヶ月もたっちゃったんだよ。」
「お店のご主人は、あなたが、とんしってことご存知なの?」
「いや、それは言ってないよ。もし、美味しくなかったら、気まずいじゃない。料理や接客について、思ったまま書くのが僕の主義なんだから。」
「まあね。」
「その場で、美味しくないものを美味しいって言いながら食べることほど苦痛なことはないでしょ。しかも、後で、食べログをご覧になって、本当のことが書いてあったら・・・・・・・。」
「なるほどねえ。」
「三宮の心は、卑劣だから怒りまくっているけど、料理が美味しくないからって、そのお店に腹が立つわけではないからねえ。ご主人に、嫌な奴だと思われるのは、僕だって嫌だよ。」
「じゃあ、秘密にしておくの。」
「美味しかったら、自分から言うつもりだよ。」

食べログにも書かせて頂きましたが、まず、ピカピカに磨かれた厨房に感心しました。
美味しい料理が食べられるお店の必須条件です。

カウンターがあるお店で、厨房が綺麗でないと、もうその時点で嫌になります。
そもそもお客がそれを見て、食事をする気になるかいう話です。

次に、メニューを拝見すると、食べ物の料金設定は、普通よりも高めですが、焼酎の料金設定はかなり低めになっています。
どこでも普通に飲めるようなものは、420円ですから、1本300円の焼鳥があったり、1,000円を超える一品料理があるので、かなりアンバランスに感じます。

この時点で、間違いなく名店だろうと思いました。
その辺の居酒屋でも500円以上で出している焼酎を420円で出して、串物を1本300円にしたり、一品料理を1300円にしたりしておられるのです。
これは、非常に良い素材を仕入れておられて、かなり料金設定を抑えているのに、この値段でしか出せないということを意味します。
焼酎は、仕入れて、そのままお客に出すだけで、手間隙がかからないので、出来る限り安く出そうというお考えです。

ここまで、極端なメニューを見れば、もう食べるまでもなく、美味しいのはわかります。

さて、料理の味ですが、かなりレベルが高いです。
芋焼酎の「六代目百合」という、非常に美味しいものもリーズナブルな価格で出されておられます。
詳細は、食べログをご覧頂ければと思います。

鶏天

もちろん、このレベルであれば、とんしと正体を明かしました。

「いつかいらっしゃると思っていましたが、まさか今日とは。」
「いやいや、遅くなってすいません。」

この後、気分が良くなって、浴びるように焼酎を飲んでしまいました。
申し訳ありません。
最後のごはんとスープまでとても美味しかったです。
気になったのは、食べログにも書かせて頂いたとおり、上白肝の刺身だけです。
多分、なぜ私がそう感じたのか、理由はわかっておられるでしょう。
全てが美味しいと、一点のちょっとしたことがとても目立ってしまうので、気にされた方がいいと思います。
ただ、それもあらゆることが素晴らしいので、気になってしまったという高いレベルでの話です。

いずれにしても、仕入先を4度も変えられたというのが良くわかります。
そして、料金も料理や焼酎のレベルから考えれば、かなりリーズナブルです。

このようなお店に出会うと、他の飲食店での嫌な思いが全て飛びます。

恐らく、今後、いろいろなお客やマスコミの洗礼を受けるでしょうね。

でも、間違いなく、超有名店になられると思います。
ご主人のお客を思う気持ちがひしひしと伝わってくるからです。
言葉をかわさなくても、伝わるものがあります。
焼酎の料金設定など、ご自分が飲みに行かれるのであれば、どのようなお店だとうれしいかということをよくよく考えておられるからでしょう。

そのお店が心からお客のことを考えておられるか、口先だけで全く考えていないかなど、お店に入って、数分でわかるのです。

鶏肉がお好きな方、鶏肉の本当の美味しさをお知りになりたい方、本当に美味いものを召し上がりたい方、そのような方々に強くお薦めします。
駅から1~2分とアクセスもとても良いです。

もうすぐ、予約の取りにくいお店になるでしょう。
今のうちにいらっしゃることをお薦めします。

鶏天

夙川できらめく新星

まもなく関西を代表する巨星となることでしょう。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.11更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.20更新
※レビューコメント数1,450軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-20 16:25 | グルメ  

日曜日の外食

最近は、お取り寄せにも凝る様になったこともあり、以前よりも家で食事することが多くなりました。
私の場合は、長い間、昼、夜、全て外食でしたからねえ。家での食事も美味しければ楽しいですね。

まあ、それでも普通の人よりは外食が多いと思いますが、ずっと苦労しているのが、日曜日の外食です。
ランチではあれば、食事だけですので、それほど困りませんが、日曜日の夜の食事は本当に困ります。

調布に住んでいる時など、友人と日曜日の夜に食事をするとなると、どうしてもお酒を飲みますし、味のレベルで心から納得出来るお店となると、ほとんどが日曜日が定休日なので、行くお店が限定されてしまい、毎回毎回どこに行くか悩んでいました。

このことは、神戸の三宮、元町に歩いていけるような住環境になっても、同じ状況です。
日本でも有数の観光地である、神戸の三宮、元町でも、日曜日定休日のお店が多いですし、少なくても、魚介類の生ものを出すお店には、日曜日には、絶対に行くことが無いからです。

理由は簡単です。日曜日は、河岸や市場が休みだからです。
その日に仕入れた新鮮な魚介類が、日曜日に出させることは絶対にないからです。
特に、寿司屋など、絶対に日曜日と水曜日には行きません。

水曜日に行かないのは、水曜日も毎週ではありませんが、河岸や市場が休みになるからです。
要するに、私は、日曜日と水曜日には生ものを扱っているお店には、伺わないようにしています。

そして、逆に、河岸に品物も多く、安くて良い物が集中するので、お店でもそのようなものが食べられる可能性が高い、月曜日、次に木曜日に、伺うようにしています。
特に、高級寿司屋にいらっしゃるのであれば、絶対に月曜日、そして次に木曜日にいらっしゃることをお薦めします。
毎日仕入れに行かれないお店でも、まず月曜日は、絶対に、木曜日にもほとんどは、仕入れに行かれますから。

実際に、美味しいものを食べさせてくれるお店は、私の経験上、ほとんどが、日曜日定休日です。
そして、日曜日にお客が多いような立地条件にあるお店は、日曜日に営業をされて、水曜日を定休日にされておられます。
もうおわかりでしょう。水曜日は、河岸や市場が休みのことがあるからですね。

さて、そのような目で見て頂くと、私が好きなお店、食べログでの評価が高いお店のほとんどが、日曜日定休日、そして、日曜日に営業されているお店は、水曜日が定休日であることがお分かり頂けると思います。
自分で仕入れをされておられるお店は、まず間違いなく日曜日か水曜日が定休日です。

逆に絶対にないのが、月曜日定休日のお店です。
お客に良いものを提供しようとしたら、生ものを出すお店で、河岸で良いものが安く手に入る可能性が一番高い、月曜日にわざわざ休むところなどないのです。

どのような仕入れをしているのか、どのような食材を使って料理をしているかは、極論を申し上げれば、そのお店で料理を頂かなくても、定休日だけで判断できる部分があるのです・・・・・・・。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.11更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.20更新
※レビューコメント数1,450軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-19 14:21 | グルメ