<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

家庭用食品の実力

私は、世界中を旅行したわけではありませんので、検証できているわけではないのですが、食に関しては、日本は世界一だと思っています。
素材を活かす技と繊細な技術のレベルの高さは世界でも類を見ないのではないでしょうか。
何も高級店に限った話ではありません。
街に普通にあるような居酒屋でも蕎麦屋でも食堂でも、グローバルスタンダードではなく、ジャパニーズスタンダードが世界の「食文化」をリードしていると本気で思っています。
全体的にレベルが高いので、ちょっと美味しくないとかなり不満になってしまうのかもしれません。

さて、最近、驚いたことがあります。
それは、普通のスーパーに売っている家庭用の食品のレベルがここ数年でとても高くなっていることです。
10年ぶりぐらいに、チルド製品などを買って食べてみたのですが、物によっては、とても美味しいと感じました。
大企業の資金力には改めて驚かされます。
かなりお金を使って、味の研究をしていますねえ。
「毒入り餃子」事件で、逆に品質が良くなるだろうと思って、チルドものの餃子を食べてみたのですが、どれもそれなりに美味しいのです。

そして、一番びっくりしたのは、日清食品の「つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」です。どこのスーパーでも手に入るものなので、あえて「とんしの美味いもん屋」では紹介させて頂いていませんが、かなり衝撃を受けました。
関西では、美味しい「つけ麺」のお店が開拓できていないので、フラストレーションがたまっている時にたまたま見つけたので、買ってみました。
有名ラーメン店主おすすめとか書いてあったので、逆に期待できないなあと思いながら、いやいや買ったのですが、食べてみてびっくりしました。

美味しいのです。「つけ麺」の良いところが非常にうまく表現されています。
好みもあると思いますが、東京で食べることが出来るお店の平均レベルよりは、美味しいのではないかと思いました。
芸が細かくて、ゆず味の「スープ割り」まで出来るのには、思わず笑ってしまいました。
「味にうるさいはずのとんしが、日清のチルド製品なんか美味しいと言うのか。やっぱり味音痴だ。化けの皮がはがされた。」という巷の声が聞こえてきそうですが、美味しいものは素直に美味しいというのが私のポリシーです。味にうるさいのではなく、不味いものはストレートに不味いと申し上げているにすぎません。

世界の日清食品とは言え、よくぞこれだけの製品を作ったものだと感心しました。
2人前で、300円程度の値段ですよ。
これだけ、美味しければ、ちゃんとした具を入れてももったいなくありません。
美味しいチャーシューと味付き玉子とメンマをたっぷり入れて召し上がることをお薦めします。
特に、「つけ麺」にほとんど馴染みのない関西の方にお薦めします。
もしかしたら、すごく気に入って頂けるかもしれません。
ある関西人の方に紹介したら、とても気に入ったようで、いつも「スープ割り」にして、一滴残さず全てスープを飲み干しているようです。

やっぱり、日本の「食文化」は世界一だと実感させられました。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.24更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.24更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.25更新
※レビューコメント数1,438軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-28 16:28 | グルメ  

浪花うどん

どこかで書いたかもしれませんが、随分前に仕事で大阪に行った時に、ランチをゆっくりとる時間がなかったので、環状線のホームで立ち食いうどんを食べたことがありました。
美味しかったですねえ。
さすが、大阪のうどんは美味しいと思いました。
ダシがきいていたからでしょうか。
私の大好きな飲食店のご主人は、関西の料理のレベルに対して、あまり評価が高くないのですが、うどんはまちがいなく美味しいと仰っていました。

前回のブログのコメントにも書かせて頂きましたが、神戸にやってきてまず思ったことは、イメージしていた「浪花うどん」のお店よりも「讃岐うどん」のお店ばかり目に付いたことです。
実際に、神戸で私がとても美味しいと思っているうどん屋は、2軒とも「讃岐うどん」のお店です。
映画の影響があるのでしょうか。
私は、「讃岐うどん」自体は好きなのですが、たまに「こしのある麺」と「噛み切れない麺」の違いが理解しておられない料理人がおられて、とんでもない「麺」を食べさせられて閉口することがあります。
東京にそのようなお店が多いような気がします。
作っておられるご本人が、「噛み切れない麺」を食べて、本当に美味しいと思っているか疑問です。大きな勘違いで、とんでもないことをされていると思います。

さて、そんなわけで、せっかく関西に引っ越してきたのに、これぞ「浪花うどん」というものをあまり食べた記憶がありません。
立ち食いうどんは、たまに食べるのですが、ある程度落ち着いて食べようとすると「讃岐うどん」ばかりになってしまいます。
テレビで、紹介されている大阪のうどん屋も「讃岐うどん」ばかりです。

私の「浪花うどん」のイメージは、ダシがきいた薄味で、ちょっと甘めの味付けです。
関西の方は、しょっぱい汁(こちらではからいと表現します)が嫌いなので、甘い味付けになるのでしょうが、甘すぎるのは私は好きではありません。

あと、「揚げ」が入っているイメージがあります。「揚げ」自体は嫌いではありませんが、私は甘みが強いものは苦手です。甘い味はしばらくすると飽きてきて食べるのが嫌になるからです。

しかし、「本当に美味い浪花うどん」が食べたいとずっと思っています。
どこへ行くと食べることができるのでしょうか。
東京に住んでいる時に、人に薦められて伺ったお店は、科学調味料の味が強すぎて、私には合いませんでした。大阪にしては、高めの料金設定のお店だったのですが、なぜあれほど科学調味料の味が強かったのか、今でも不思議でしょうがありません。

これからは、大阪に用事がある時は、出来る限り「浪花うどん」を食べるようにして、「本当に美味い浪花うどん」のお店を開拓したいと思っています。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.24更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.24更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.25更新
※レビューコメント数1,438軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-27 13:17 | グルメ  

ラーメンドリーム

先日、仕事とプライベートな用事があって、久しぶりに東京に行きました。
夜、友人と食事をするのも楽しみでしたが、同じぐらい楽しみにしていたのが、ラーメンを食べることです。
世界一のラーメン激戦地である東京のレベルの高さは今更言うまでもないことですが、やはり久しぶりに食べてみるとそのことを思い知らされます。

何軒も伺う時間がなかったので、1軒だけを選ぶしかありませんでした。
私の大好きなラーメン屋は何軒かあります。

「ぜんや」
「はるばるてい」
「尾道らーめん正ちゃん」
「青葉」
「麺屋ごとう」
「粋な一生」
「ちばき屋」
「神名備」
「はつね」
「せたが屋」

などが、食べログで4.0以上の評価をつけさせて頂いているお店ですが、どちらのお店も行列店だったり、アクセス的に今回伺うのは無理だったりで、結局どちらのお店も選ぶことができませんでした。

そこで、食べログ使って、移動の途中で伺うことが出来る新宿、池袋で評判の高いお店を探しました。
見つけたお店は、「まるきゅうらあめん」というお店です。
感想については、近いうちに食べログにアップする予定ですので、こちらでは詳しく書きませんが、結論を申し上げれば美味しかったですね。

食べながら考えていたことは、本当にラーメンというのは夢のある食べ物だと言うことです。
これほど、マスコミで取り上げられ、雑誌やテレビではラーメンのことを取り上げていない日がないというような状況にも関わらず、どんどん美味しいラーメン屋が登場します。
もちろん、自然淘汰で、つぶれていくラーメン屋の数も莫大なものがありますが、常に同じくらいの数の新しいラーメン屋が生まれ、その中から、必ず新しい行列店が出現します。

東京におけるラーメン屋のレベルの高さは驚くべきものがあります。これほどのレベルの中で、新しく出したお店が行列店になるというは信じられないような気もします。
しかし、レベルが高いお店が多いからこそ、多くの美味しいお店の味を勉強して、更に進化したラーメンを作るということが可能なのでしょう。
切磋琢磨とは本当によく言ったものです。

周りのレベルが低いと、比較評価としてより美味しいものは作れるかもしれませんが、「本当に美味いもの」というレベルまで達するのは至難の業でしょう。
東京で、毎日のように新しいラーメン屋が誕生しているのは必然とも言えるのかもしれません。
事業として考えると、比較的お金をかけずに独立起業できる職種ですし、個人会社、家族経営でも、大変な利益をあげられる可能性があります。
逆の視点で見れば、安易にお店を始めて、つぶしてしまう確率もかなり高いと言えますが・・・・・。

ラーメンドリーム。夢とロマンがありますね。


とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.17更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.17更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.17更新
※レビューコメント数1,430軒

にほんブログ村 日本全国食べ歩き 
※ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-25 12:16 | グルメ  

はんぺんとちくわぶ

先日の「秘密のケンミンSHOW」で、おでんの具として、「はんぺん」と「ちくわぶ」を大阪の人に食べてもらうという企画を放送していました。
反応は予想通りでした。「はんぺん」の評判は良かったのですが、「ちくわぶ」の反応は概ね不評でした。

「はんぺん」は、まずいと感じる要素が少ない食べ物だと思います。
スケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろしたヤマイモを混ぜてよく摺り、調味して薄く四角形にしてゆでた魚肉練り製品ですから、出汁の味に合いますし、特に強い味がないからです。
しかし、この「はんぺん」が関西の方になじみが少ないとは考えたことがありませんでした。
「ちくわぶ」と異なり、幼い頃から食べていた記憶がありますし、メジャーな紀文が販売していますので、戦前であればともかく、私くらいの世代の人は、全国で普通に食べられているものだと思い込んでいました。
居酒屋などで、チーズをはさんで揚げてあるものが出されることもありますから、関東ではなじみの深い食べ物です。
ちょっと焼いただけでも、おかずやあてになりますので、関西の方にも楽しんで頂ける食材だと思います。
低カロリーなので、ダイエットにも有効なのではないでしょうか。

「はんぺん」とは異なり、「ちくわぶ」は私も苦手な食べ物です。
まずくて食べることができないというほどではありませんが、おでんの具として入っていても食べることはありません。
「ちくわぶ」とは、小麦粉に水と塩を加えて捏ね、棒などに巻きつけ成形、その後蒸して作る食材ですが、この小麦粉に水と塩を加えただけというところが苦手の原因なのだと思います。
東京で初めて食べたのですが、すごく粉っぽくて、「すいとん」のような味がして、私には合わない食べ物です。
東京出身の方は、けっこう好きなようで、おでんの具としては、人気があるので、ソウルフードなのかもしれません。
しかし、テレビで女の子が言っていたように、私も戦中の味と感じてしまいます。

おでん種としては、私にとっての御三家は、「玉子」「牛すじ」「大根」です。
居酒屋でおでんがあると必ずと言っていいほど食べますね。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-22 08:35 | グルメ  

骨の髄まで愛されたい

飲食店に対しては、味だけでなく、いろいろな要素での相性があります。
私などは、飲食店は単に食事をするところとは考えていないので、接客とか雰囲気も重視します。
接客は、お店の料金設定によって求めるものが違いますから、どんなお店に伺っても、コンシェルジュのような対応をしてもらいたいわけではありません。
まして、雰囲気は、内装にお金をかけられないお店も多いのですから、清潔感があればいいですね。古い建物でも、厨房とか着ておられるものに清潔感があればいいのです。

さて、フレンチやイタリアンにおいては、コース料理を食べる機会が多くなります。
以前にも書かせて頂いたことがあるかもしれませんが、実は私はコース料理というのがあまり好きではありません。
一つは、必ずしも私の好きなものばかりで構成されているわけではないからですが、もっと根本的な問題があります。

それは、メイン料理には満足できても、それ以外のものに満足しないことが多いからです。
一番気に入らないのは、サラダとドリンクです。

ランチでは、サラダとドリンクがつくことが多いですが、これがひどいお店が驚くほど多いですね。
サラダなど、味のない、残り物のような野菜に、舌がしびれるほど酸っぱいドレッシングをかけて、形だけサラダを出すのですが、これは食べるに耐えられない代物です。
私は、野菜嫌いだと思われているようですが、大間違いで、このようなサラダとか、味がしない千切りキャベツなどが不味くて食べるのが苦痛なので、残してしまうだけです。
こんなサラダであれば、残すという罪悪感を感じたくないので、出して欲しくありません。

そして、更にひどいのがドリンクです。
ランチのセットの紅茶など飲めたものではありません。たまにハーブティーを出すところもありますが、だいたいひどいものを出します。
出がらしの苦味が強いものが出てきたり、お湯なのではないかと間違えるような薄いものが出てきたりと、これまで何百回と嫌な思いをしています。

とにかく、無理矢理コースにするのは止めた方がいいというのが私の意見です。
逆に、サラダやドリンクで手抜きを感じさせないお店に出会うと、感動します。
そのようなお店は、ほとんどないからです。

お通しもそうですね。
要するに、席料を取りたいけれども、居酒屋でそれをやると不評を買うので、お通しを出して、誤魔化すわけです。
私は、料金設定が安いお店など、ご自身の商売に自信がおありであれば、堂々と席料をとればいいと思うのですが、世間は居酒屋ではそれを許してくれないのでしょう。

それを考えると、私はお通し自体は、否定しませんが、どうにもこうにも食べるに耐えられないお通しを出すお店には閉口します。
これは、苦痛ですね。
逆に、先日伺ったある居酒屋では、かなりレベルの高いお通しを出して下さいました。
感動しましたし、その瞬間に、こちらのお店では、どんな料理を頼んでも、間違いなく水準以上だろうなという予想がつきました。
もちろん、結果はそのとおりでした。

私は、飲食店にはこのような細かいところにこそ拘って頂きたいと思っていますし、コスト的に無理であれば、なおざりにやるのではなく、やらないで頂きたいといつも感じています。
高級料理や特殊な料理を頂くのでなければ、お酒も素材も家での食事の方が同じコストで贅沢が出来ます。
私のように、家で食べるものにも徹底的に拘っていれば尚更です。
飲食店で食事をする以上、自分で料理をする手間がはぶけるというファクター以外の何かを感じたいですね。

飲食店で食事をする時は、骨の髄まで愛されたいのです。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-19 10:05 | グルメ  

新宿歌舞伎町 その3

今風の言葉で言えば、「キター!」という感じですね。
予定通りの方が、予定通りの雰囲気でいらっしゃいました。

いかつい雰囲気のお兄さんは、まずは丁寧に、料金明細を教えて下さいました。
このお店は、高級会員制クラブだそうで、入会金があるというのです。
いくらか忘れましたが、6万円とか8万円だったと思います。
女性も、とても高級の方なので、隣に座るだけで云万円かかるとのことでした。

「そんな金額は、妥当とされるかどうか、世間の常識を聞かないとわからないから、裁判をして決着をつけましょう。私は払わないと言っているわけではないのですから。」
「お客さん。うちも高級クラブをやっているんだから、それなりの料金を請求しているだけなのですよ。だいたい、どんな店で、どれくらいで飲めると思って入店されたのですか。」
「客引きの人が、飲み放題、食べ放題で、5000円だけのセット料金だと言うから来たんですよ。」
「お客さん、誰に案内されたかわかりませんが、うちは客引きなんてしていませんよ。うちの店と全く関係ない人の話をされても困りますねえ。」

先方もプロですから、いろいろ反論してきますが、入会金にしても、何にしても、何ら事前の提示がないのですから、そもそも意思の合致はなく、飲食に関する契約が成立していません。
ここでは、法律的な細かいことは書きませんが、理路整然と法律論を展開した挙句、お互いに納得することが出来ないのだから、民事裁判を起こしてくれと言いました。
また、無銭飲食だと言われるのだから、このようなトラブルがあったということを交番に行って、話しておきましょうとも言いました。

相手は、恐喝になることを恐れてか、雰囲気は怖いですが、言葉使いはとても丁寧でした。また、あまりにも細かい法律の話をするので、このようなお店の撲滅運動をしている弁護士のグループの一員ではないかと疑っている感じもありました。
この時点では、疲れてきたので、帰りたいとは思いましたが、私も興奮することなく、淡々と理屈を述べるだけで、相手には疲れた様子は全く見せませんでした。
そろそろ、相手は落としどころを考えているはずです。

相手も、これ以上かかわることは、むしろリスクがあると思ったのでしょう。一歩間違えると監禁罪になりますしね。
「お客さん、いくらなら妥当だということで払ってくれるんですか。」と言ってきたのです。
「そうですね。水割り1杯、席のチャージ、それぞれ1000円で、2000円だったら、文句を言う人はいないでしょうねえ。」
「わかりました。」
その男は席を立ちました。

男は、帰ってくると入り口で渡した1万円を私に渡すと「仰ることはよくわかりました。」と言って、私を店の外へと案内して、エレベーターの下まで見送りました。
私は、「やばい仕事をしている割には、リスクマネージメントができている店長だったなあ。」とのんきなことを考えながら、タクシーに乗りました。

しかし、あとで考えると運が良かっただけでした。
相手が、「まともなボッタクリ」だったので、何の被害も無かっただけです。
確かに、私があまりにも冷静だったので、逆に警戒したのかもしれませんが、ちょっとキレ系の相手だったら、このようにうまくはいかなかったでしょう。

君子危うきに近寄らずですね。


とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-17 18:19 | グルメ  

新宿歌舞伎町 その2

請求書が出された頃には、酔いもさめていました。

「うーん、なるほど、微妙な料金設定だなあ。」と思いました。
実は、いろいろな大人の方から、歌舞伎町の「ボッタクリ」話は、いくつか聞いたことがありました。
終電前の普通に飲む時間だと、田舎から何かの用事で新宿にいらっしゃった方が多く騙されるようです。
遅い時間だと、泥酔の客を相手にしているようです。
その時の私のように、朝方というのは、とても稀なケースでしょうが、歌舞伎町が24時間、365日、眠らない街だということをご存知の方は多くいらっしゃいます。

いずれにしても、なぜ微妙と思ったかというと、相手も「12万8000円」というお金を取るつもりはないはずだと思ったからです。
恐らく、このような店ではカードは使えないでしょう。すぐにカード会社にクレームが殺到するからです。
となると、相手が取れるお金は、お客が持っている現金しかありません。しかも、田舎から現金を持ってきた方でなければ、それほど多くの現金を持っているはずがないのです。

まず、私は、その請求書を持ってきた女の子に言いました。
「明細書を見せて下さい。」
「そんなのないよ。飲んだんだから、払いなよ。」
「料金明細もなくて、こんなお金を払う人間がいるわけないでしょ、とにかく、明細を見せてよ。」
「ふざけんな、実際に、席に座って、飲んでるんだろ。耳を揃えて払えよ。」
「明細書くらいあるでしょ。それに、メニューとか、料金表があるでしょ。まずはそれを見ないとこんなお金、はいわかりましたと払う人なんかいないよ。」
「つべこべ言うな。あり金出しな。」

「おっと、これで、反撃の糸口が出来た。」と思いました。
これは、恐喝罪の未遂罪になります。
いくら、店で、水割りを飲んだ(実際には、一口、口をつけただけですが)とはいえ、妥当とは思えない料金を請求されて、挙句の果てに、あり金を出しなと言ったわけですから、構成要件的には、十分恐喝罪の未遂罪が成立します。
額は違いますが、現在、羽賀研二が、起訴されて裁判になっているのは、この恐喝未遂罪です。

この時点で、余裕が出た私は、反撃に出ました。
「とにかく、メニューも見ていないのだから、5000円以外は、何も同意がなされていない。」
「12万8000円の契約が成り立つわけがない。」
「僕は、この件については、民事裁判をするから、メニューとか料金表を見せてくれ。しかし、あなたは、詐欺、恐喝などで、刑事裁判になる。話の内容によっては、告訴する。」とまくし立てたのです。

私は、普段は、攻撃的な性格ではありませんし、怒ったところを見たことがないと言われます。
しかし、本来は、過激な性格なので、明らかに間違っていると判断した相手に対してスイッチが入ると、徹底的にやります。
以前に、プライベートや仕事において、我慢してきた相手に対して、徹底的にやりますよと書いたのは、ブラフではなく(そんな面倒くさいことは私はしません。)、やる時は本当にやるということを素直に書かせて頂きました。

ブラフでしょとの噂があるようですので、一応書かせて頂きます。
他の人に迷惑がかからず、純粋に1対1で戦える状況であれば、いつでも戦います。
戦う時は、一切妥協しません。
その時は、相手の骨の髄が砕け散るまで戦います。
中途半端なところで止めると、またいつか同じようなことをされるからです。
戦いの常道は、相手に逃げ道を与えることですが、相手が変われば、話も変わります。
ネットを使って卑劣な手段で、攻撃してくる相手には、二度と同じことをしないように、徹底的な反撃をします。
不穏な動きがあるようですので、最終警告をしておきます。

さて、それほど、攻撃されると女の子としては、もう何も言えなくなりました。
遂に、席を離れました。

しばらくすると、予想通り、店長のお出ましです。
非常にがたいが大きい、いかにも○○を職業とされている方の雰囲気ムンムンです。
安岡力也に似た雰囲気のそのお兄さんは、ドスをきかせた声でしゃべりながら、私の横に座りました。

「お客さん。困りますよ。」

-つづく-

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-16 02:43 | グルメ  

新宿歌舞伎町 その1

R-1グランプリで、準優勝した芋洗坂係長のネタで、歌舞伎町を題材にして「ボラーレター」と歌うものがありますが、あれは本当です。

東京に出てきたばかりの頃、友人と二人で歌舞伎町で食事をして帰ってきたら、その友人が親に用事があって電話したところ、「そんなところに行ったら、殺される。」と親が心配したという話を聞いて、大笑いしたことがあります。
しかし、確かに歌舞伎町は、言われるほど怖いところではありませんが、安全なところでもありません。

私は、上京した1年目以外は、歌舞伎町に行くことがあまりありませんでしたが、30歳の頃、調子に乗って飲みすぎた時に何軒もはしごをした挙句、歌舞伎町に行ったことがありました。
以前にも書きましたが、歌舞伎町は、24時間、どんな時間に行っても飲める場所が必ずあるのです。

ベロベロに酔っていたせいでしょうか、普段では「ポンビキ」の相手は一切しないのですが、何故か話を聞いてしまいました。
恐らく、朝方の4時か5時ぐらいでしたから、警察の見回りも手ぬるかったのかもしれません。
「セットで、5000円で飲み放題、食べ放題のお店がありますよ。」と言われて、雑居ビルの前まで案内されました。

すると、エレベーターの前で、その「ポンビキ」が変なことを言うのです。
こちらから何も聞いていないのに、突然、「私は早稲田大学の出身なんですよ。」と言い出したのでした。
「聞かれもしないのに、突然、有名大学の出身だと言い出すのはおかしいなあ。」と一瞬にして感じました。
聞かれもしないことをべらべらしゃべる時は、普通、何か後ろめたいことがあるからです。
ましてや、その「ポンビキ」は、どう見ても、明らかに早稲田出身には見えませんでしたし(早稲田はいろいろな人がいるので、もしかしたら本当かもしれませんが)、何の脈絡もなく、突然そんなことを言いだすからには、何か魂胆があるに違いないのです。

ベロベロに酔っていなければ、その場で、そこから離れるところですが、やはりある程度気が大きくなっているのでしょうねえ、「どんなところに連れて行かれるか見届けてやろう。」などと思ってしまったのです。

雑居ビルのエレベーターを降りると、ちょうど、会計を済ませた先客がドアから出てきました。
とても、不思議な顔つきで、私の顔を見つめたのです。
「あー、やっぱり何かあるんだな。でも、命を取られるわけじゃないんだから、入ってみよう。」と思いました。
「ポンビキ」は私を店の中に入れると去っていきました。
店員が、前金で5,000円を払うように言ってきました。
私は、万札しか持っていなかったので、店員に1万円を渡しました。

かなり狭い店です。客同士が見えないように、縦長、2列にソファが4つずつほど置いてあります。
私は、飲み放題のキャバクラか何かと思って入ったのですが、キャバクラではありません。
見たことのないような風景です。

私は、一番前の席に連れて行かれました。
ソファに座ると、すぐに水割りが出てきて、すぐにえらくケバイ女の子がやってきました。
恐らく、20代後半だと思います。
驚いたのは、その化粧ではありません。
すごく、ぶっきらぼうな雰囲気だからです。
女の子がいるお店では、緊張して話が出来ないという子はいますが、このように感じが悪い子はいません。

「あー、これがボッタクリバーかぁ。でも、ぼったくるのであれば、もっと愛想良くすればいいのに。」と思いましたが、いずれにしても、さすがにこれ以上、いるのはまずいと思いました。
座ってから、恐らく3分もたっていないでしょう。
「お会計して。」と私は言いました。

暫くしてから、出された請求書には、「12万8000円」と書かれていました。

-つづく-

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’3.6更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-14 21:25 | グルメ  

冴えわたる勘

最近は、勘が冴えわたっているような気がします。
素晴らしい飲食店との感動的な出会いが続いています。
もちろん、合わなかったなと感じるお店もありますが、名店と思う基準である☆2.5以上のお店に出会う確率がとても高いのです。

フレンチの「ヴィ・ザ・ヴィ」、洋食の「マルシェ」、おでんの「花くじら」などは既に食べログにアップさせて頂きましたが、まだアップしていないお店があります。
居酒屋、スウィーツのカフェ、焼き鳥屋などですが、どちらのお店もかなりレベルが高いですね。特に居酒屋は、いろいろなファクター(要素)が、全て私の基準ラインを超えており、今後リピートすることが予想されます。

理由を考えましたが、最近は、新規開拓を厳選していきたいという思いがかなり強いので、飛び込みの場合にも、気合が入っているのではないかと思います。
居酒屋に関しては、実はこちらのブログのコメントによりご紹介頂いたので、ずっと気になっていたお店なのですが、前述した「ヴィ・ザ・ヴィ」、そしてアップしていないカフェと焼き鳥屋は全くの飛び込みです。

1年のうちで1回くらいの割合でこのような時期がありますが、今はそのピークが来ているようです。
最近は、家で食事をすることが増えたので、外食する時は、お気に入りのお店をリピートする傾向が強くなっています。だから、新規開拓の時は、並々ならぬ決意をもって挑むのでしょうね。

ところで、全く関係ない話ですが、最近、突然、両手がむくんで、左手の指の関節が痛くて、非常にパソコンのキーボードを打つスピードが落ちています。
仕事のブログを何と3種類も書き始めましたので、趣味のHPやブログも合わせると膨大な数の文章を毎日書いています。
スピードが半分になると、単純に倍の時間がかかりますので、今後、指の痛みがなくなるまでは、ブログの更新回数が減るかもしれません。
ブログの更新があまりされないと、心配して下さる方が多いので、事前に事情を書かせて頂きました。
体全体のマッサージを受けると、症状が緩和されるのですが、原因は不明です。
最近はお酒を控えるようにしていますが、むくみとは関係ないようですね。

不思議だ。


とんしの「本当に美味いもん屋」※08’3.6更新

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’2.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’3.7更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

食べログ日記※08’3.6更新
※食べログにも日記を書き始めました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂いています。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」※08’3.6更新
※こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイになってしまいました。
それなりに文章を練っているので、毎日更新することが出来ません。
そこで、気軽により多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
宜しければ、いらっしゃって下さい。
[PR]

by direct3935 | 2008-03-13 08:43 | グルメ  

神楽坂 -かくらざか-

神楽坂。
それほど私にとって、なじみが深い場所ではありませんが、飲食店の名店が多いので、東京に居た頃は、たまに訪れていた場所です。
大学時代ではなく、社会人になってから、暫く隣町である早稲田に住んでいましたが、早稲田・高田馬場という地域もとても良い飲食店が多い場所でしたから、神楽坂をうろつくことはありませんでした。

焼き鳥や和食で美味しいお店があるようですが、私が大好きなのは、やはりフレンチの「ラ・トゥーエル」と飲み処の「伊勢籐」です。
私が東京で一番好きなフレンチとタイムスリップしたと本当に思わせる雰囲気で間違いなく美味しい燗酒を飲ませる飲み処。
渋い。渋すぎる神楽坂。

東京のど真ん中であるにも関わらず、江戸を感じさせる街です。
日本でも数少なくなった本物の花街で、料亭も多く残っています。
ちょっと入ると実は、隠れ高級住宅地です。
東京と言うと、「田園調布」と「成城」があまりにも有名ですが、両方とも都心からはちょっと遠いですね。
実は、渋谷にある「松涛」とかもっと都心にある「神楽坂」の方が、どこへ行くにも便利な高級住宅地です。「文京区目白台、豊島区雑司が谷」あたりもそうですね。田中角栄の自宅があるところえす。

さて、テレビで知ったのですが、出版社や印刷会社が周辺に多いこの街に、なんと「ホン書き旅館」というものがあるそうです。別名「出世旅館」。
数々の映画賞にノミネートされた「武士の一分」は、この旅館で書かれたそうです。
客室数わずか5室の同旅館は、女将・和田敏子さんが切り盛りする1954年創業の老舗和風旅館です。
昔は、熱海に、脚本家や作家がこもって仕事をしていたそうですが、場所柄jかどうしても遊び過ぎて期限に間に合わないことがあったので、都心に近く、チェックが出来るこの旅館にこもってもらうことが多くなったそうです。
その後、脚本家や映画監督、作家や演出家などが執筆や打ち合わせ、構想を練る場として映画やテレビ業界関係者を中心に「ホン書き旅館」として愛され続けているそうです。
同旅館から世に出た作品が数多くヒットすることから「出世旅館」とも呼ばれるようになりました。

同旅館にゆかりのある人物は、巨匠と呼ばれる映画監督や脚本家、作家などそうそうたる顔ぶれですが、現在も映画監督の山田洋次さんが仕事場の拠点としているので、「武士の一分」もこちらで仕上げたようです。
テレビでは、監督の専用の座椅子が置いてあったり、着替えがそのまま置いてあったりするということを紹介していました。

おかみさんが、「普通の旅館は出来なくなったのですよ。」と仰っていたのが印象に残りました。
業界人は、夜中に仕事をして、朝方に寝るので、朝食がお昼になります。
ホテルではなく、客室5室の旅館ですから、普通のお客に朝食を出して、ホン書きの方々の用意もしているとおかみさんたちの寝る時間がなくなるので、「ホン書き旅館」専門で営業するしかなくなってしまったようです。
昔は多かったこのような旅館も今では唯一の存在となってしまったようですね。

東京の人情を感じさせる神楽坂らしい旅館なので、私も一度泊ってみたいと思っています。料亭で遊んだ後に行けたら最高なんだけどなぁ・・・・・。


とんしの「本当に美味いもん屋」※08’3.6更新

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’2.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’3.7更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

食べログ日記※08’3.6更新
※食べログにも日記を書き始めました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂いています。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」※08’3.6更新
※こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイになってしまいました。
それなりに文章を練っているので、毎日更新することが出来ません。
そこで、気軽により多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
宜しければ、いらっしゃって下さい。
[PR]

by direct3935 | 2008-03-08 23:34 | グルメ