<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「本当に美味いワイン」を飲む方法

以前にも書かせて頂いたかもしれませんが、日本酒、焼酎に関しては、これまでに飲む機会が多く、それなりに拘ってきましたが、ワインについては、あまり詳しくありません。

チーズやカラスミが好きなので、それらを食べる時には必ず赤ワインを飲んでいますが、ワインはあまりにも種類が多すぎるうえに、大量に買い込んでおかないと同じものを再度購入するということが難しいので、気に入ったものを常に飲むことができないというのが悩みでした。
したがって、いつも行き当たりばったりで赤ワインを買っていますので、試飲ができる場合以外は、「ハズレ」を引くことが多く、飲みたいというモチベーションが強く湧いてくることがありません。

元町の大丸で、たまにワインの試飲ができる場合があるので、その時には、「アタリ」を見つけて、好きなチーズやカラスミを買って、家で楽しむことができますが、いわゆるお酒のディスカウントショップでは、保管の状態も良くないことが多いので、買ったワインの本来の味を楽しめていないのではないかと感じています。

信頼できるフレンチレストランに伺えば、美味しいものが頂けますが、5,000円程度では、原価の関係上、本当に納得できるものは頂けませんし、1万、2万円するワインを注文するのは、あまりにもリスキーですので、なかなかできません。

したがって、決して嫌いなわけではないのですが、食好き、酒好きの私がワインだけは、これまで探究することが全くありませんでした。
結構、飲んでいるものを、これだけ探究しないというのは私にしては極めて珍しいことです。

さて、いつまでも知らないと楽しみが半減しますので、そろそろワインの勉強をしなければなあと思っている時に、ふと元町で見つけたワイン専門店のことを思い出しました。
とても高級感のある店構えで、まさにいい感じなのですが、なにせワイン音痴の私としては、このような高級ワインばかり置いていそうなお店に入っても何もわからないだろうと入ることをためらっていました。
ところが、この時は、そのお店のすぐ近くにいたので、伺ってみることにしました。

中に入ると想像していたとおりの雰囲気で、私好みのお店でした。
高級ワインばかりかと思っていましたが、2,000円から3,000円のものも豊富にあり、もっと前に気軽に入れば良かったなあと思いました。
オーナーらしき男性は、はっとするようなイケメンで、この方を目当てにリピーターになっておられる女性もいらっしゃるのではないかと思います。

その日は、幸運にも試飲ができるとのことでした。
3品は無料で、2品はグラス300円で、1品はグラス500円で試飲できました。
最初、無料の赤ワインを試飲したところ、けっこう美味しかったので、値段を聞いてみたところ、1,900円とのことでした。
値段の割には美味しいと感じたので、更に300円のワインも試飲することにしました。
私の予想では、3,000円位の値段です。

「コサール スクレ No2」

美味しい。本当に美味しい。
最近飲んだ赤ワインの中ではダントツに美味しかったですね。
値段を尋ねると予想通り2,900円でした。
ワインのことはよくわかりませんが、味を評価する基準はどのようなものでも同じです。
とにかく、奇麗な味がするか否かが最も重要です。
要するに、不快感を感じるような嫌な味がなければないほど、奇麗な味と感じます。
綺麗だと、その飲み物、食べ物の本来の味が、はっきりとわかりますので、そこで、更に好きな味、そうではない味という判断が行われるのです。
本当は、そこまでのレベルに至って初めて好みというものがはっきり出るものだと思っています。
ただ、奇麗であれば、雑味を感じないということですので、私は、基本的にはどんな味でも、とても美味しいと感じます。
例えば、私は缶詰のグリーンピースが死ぬほど嫌いですが、それは、嫌な味、嫌な臭い、嫌な風味を強く感じるからです。
美味しい生のグリーンピースであれば、料理で使われていても美味しいと感じます。
あるお店で、「グリーンピースのポタージュ」が出されましたが、とても美味しく頂きました。

話が長くなりましたが、とにかく綺麗な味のするワインで、恐らく赤ワインが本来持つ美味しさを十分堪能できたのだと思います。
ちゃんとワインの味がしました。
味に深みがあるのです。
その場で購入して、そごうでカラスミかチーズを買おうと思いました。

お会計の時、イケメンオーナーに、「なかなか美味しいワインが見つけられないのですが、試飲ができるのは良いですね。500円の方はもっと美味しいのでしょうねえ。」と言いました。
オーナーいわく、
「ワインはお好みがあるので、料金が高ければ必ず気に入って頂けるとは限りません。
値段がそれほどでなくても、きちんとした保管がされていれば、美味しいワインを召しあがって頂くことはできます。美味しいワイン選びは、ワイン自体を選んで頂くよりも、お店を選んで頂くことがポイントだと思います。」

なるほど、お店選びが下手で、美味しいワインにありつけなかったのですね。
イケメンオーナーの玉言です。
これからはいつも美味しいワインを飲むことができます。

お店の名前は

Jeroboam

「本当に美味いワイン」が購入できるお店です。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-08-29 23:27 | グルメ  

Bier

最近のお気に入りで、書くつもりでしたが、少し長くなりそうなので、稿を改めます。

これまでにも書かせて頂いたことがあると思いますが、私は基本的にビールを飲みません。
夏、誰かと食事をする時に、瓶ビールを注文した人がいて、ちょっとどうですかと言われると、小さなコップ1杯くらいならば飲みますが、それ以上は飲みません。
まして、自分でわざわざ購入して飲むことなどありません。

理由は、いろいろありますが、一つは不味いからです。
麦芽100%のビールは不味いとは思いませんが、それ以外のビール(本来「ビール」と呼ぶべきものかどうか疑問です)は、私にとっては不味く感じます。
飲んだ後にも、口の中に不快感が残りますし、積極的に飲もうという気持ちになりません。

一つは、発砲してあるので、お腹がいっぱいになりやすく、食べたいものを食べたいだけ食べる事ができないからです。
要するに胃の張る感じが嫌なのですね。

一つは、外で飲むことが多いので、コストがかかりすぎるからです。
要するに、ビールを飲んでもなかなか酔っ払わない私としては、飲んだなという満足感を得るためには、あまりにもコストがかかるということです。

以上の理由で、ビールはほとんど飲まないのですが、この猛暑のため、ビールを買って飲むという習慣が全くない私が、最近、喉の渇きを潤す最初の一杯ということで、たまにビールを買うようになりました。
国産ビールでは、前述のようにエビスしか飲みませんが、実はビールを飲まない私でも、好きなビールがあるのです。

20年ほど前になりますが、あまりビールを飲まない私が例によって、美味しいビールが世の中にはあるはずだと思って、短い期間でしたが、毎日違う外国のビールを買って、飲み比べをしたことがありました。
ブランド名は忘れてしまいましたが、その時に気に入ったのは、Belgische Bierです。
ベルギービールは、本当に美味しいと思いました。
けっこう、ベルギービールの種類を置いている酒屋が歩いてすぐそばのところにあったので、5種類ぐらいを飲んだと思いますが、どれも美味しかった記憶があります。
その時は、美味しいビールがちゃんと世の中には存在するんだということを確認して満足しましたし、家ではお酒を飲まない、コストがかかるなどの理由で、飲む習慣がつくことはありませんでした。

ある日、ikariで、久しぶりにベルギービールを飲もうと思い、探してみるとありました。
そりゃ、ありますよね。
私が選んだのは、ベルギービールでは、日本で一番手に入れやすいと言われている「Hoegaarden Grand Cru 」と「Hoegaarden Wit Bier/Biere Blanche 」です。

「Hoegaarden Grand Cru 」は、非常にまろやかでフルーティーな香りがします。このようなビールを飲むとビールというのは、フルーティーなものだなと実感できます。
国産ビールには、このような豊かな香りと風味があるものは、私の知る限りありません。
全く、違う飲み物だと言っても過言ではないでしょう。
肉でも、魚でも、同じですが、いかに我々が偽物を食べさせられているかが分かります。

「Hoegaarden Wit Bier/Biere Blanche 」は、ホワイトビールらしく、甘酸っぱさを感じるビールで、自然なさわやかさがあります。
ホワイトビールは、主原料に生の小麦を使い、乳酸菌を加えることが多いので、甘酸っぱいフルーティーな味わいになります。
小麦のせいで、少し白く濁るのでホワイトビールと言われています。
こちらのブランドのホワイトビールも、新鮮なフルーツを連想させるビールですので、夏飲むにはいいでしょう。

神戸には、ベルギービールを数多く揃えているお店があるでしょう。
時間があれば、いろいろと試して、究極のBelgische Bierを見つけたいと思っています。
ベルギービールに詳しい方がいらっしゃったら、お薦めを教えて頂けませんでしょうか。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-08-12 12:09 | グルメ  

最近のお気に入り

最近の暑さで、飲んで家に帰るというのが面倒くさくなっています。
となれば、家で食事をするという選択肢が生まれます。
独り暮らしですし、家で飲むと眠くなったらすぐ寝られるというメリットもあります。
眠くなった時に、すぅーと眠るというのは本当に気持ちがいいですからね。
私は、人生の最大の楽しみは、読書でも食べることでも飲むことでもなく、実は睡眠だと思っています。
特に私は、無呼吸症候群という持病があるので、基本的には常に眠いため、眠い時に眠れると言うのは幸せ以外の何物でもないのです。
人の話では、1分近く呼吸が止まっている時もあると聞いていますので、深い眠りは至福と言ってもいいでしょう。

話がそれましたが、そんなわけで、家での食事に少し頭を使い始めました。
HPに書いている通りなのですが、その後更新していませんし、神戸に引っ越してしまったので、少し書かせて頂きたいと思います。

家で、気軽に食べられるものとして重宝しているものに、「ボッタルガ(マルーカ)」があります。要するに日本で言えば、「カラスミ」なのですが、美味しいです。
気に入っている理由は、私が「カラスミ」が大好きだと言うこともありますが、日本のカラスミに比べてかなりリーズナブルな点が一番大きいでしょう。
高くて不味い「カラスミ」がありますが、この「マルーカ」は50gで1,300円ほどですから、安くて美味しいと言えます。
赤ワインとしか合わせていませんが、普通の和食にも合うでしょうし、日本酒、焼酎にも合うと思います。
日本の「カラスミ」の3分の1くらいの値段だと思って下さい。
私は、そごうで購入していますが、有名デパートでしたら、比較的簡単に手に入ると思います。
輸入元は「地中海フーズ」です。

また、チーズも比較的手に入れやすくて、美味しいものを見つけました。
「サンタドレ」です。100gで800~900円だったと思いますが、「ナチュラルチーズ」なのですが、かなりクリーミィーなのです。
量も多いですし、お薦めです。輸入者は「チェスコ」です。
綺麗な旨みとしっとりとした食感が気に入っています。
これは、高級スーパーやデパートでは、どこででも見かけますね。

また、〆でよく食べるのが、「るみばぁちゃんのおうどん」です。3人前で500円弱だったと思います。
有名な「池上製麺所」の味を再現しているそうですが、家で食べる「生醤油うどん」としては、充分美味しいと思います。
麺もちゃんとしこしこしていますし、つゆが美味しいと思います。もちろん、化学調味料は入っていますが、いつも書かせて頂いているように、家庭で食べるものを究極まで追求するのは難しいですので、問題ないと思っています。
気にならないほどであれば、もちろんいいですし、気になるけど良いところがあるのであれば、手を加えて、気にならないようにすればいいだけのことです。
このうどんは、最初ダイエーで見つけましたが、大丸にもありますし、いろいろなスーパーで売られていると思います。

究極ではなくても、家でちゃんと美味しいものが食べられるのは嬉しいですね。
「さつま」や「楽や」で食事をするよりもお金はかかりますけどね。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-08-12 02:28 | グルメ  

いい塩梅?

ある日、三宮の隣町二宮の渋い小料理屋で食事をした後、一緒にいた人が、〆でお茶づけが食べたいと言い出したので、二宮から三宮にかけての飲食店のどこかに入ろうと思い、うろうろしていました。

二宮というところには、三宮の中心街からは考えられないような寂れた感じの商店街があります。本当に神戸とはいろいろな顔を持った街だなあと感心させられます。
実は、一般的なお洒落な街神戸が実感できるエリアというのは、かなり狭いのです。
食べログなどで断片的にコメントを書いていますが、神戸駅の隣の新開地は想像を絶するようなディープな街ですし、元町も西元町まで行きますと、山側は田舎の商店街のような雰囲気があります。
また、三宮自体もガード下は、上野のアメ横を連想させるような商店街が延々と何キロにも渡ってつらなっています。
イメージ通りの場所は、北野坂界隈、三宮の一部、元町の海側からハーバーランドにかけてのエリアだけでしょう。
JRの駅で言えば、三ノ宮→元町→神戸、この3つの駅の周辺に全てが集中しているのです。

しかし、逆に言えばこのような狭いエリアにありとあらゆるものが集中していますので、極めて便利です。
私のように勤め先が神戸駅にあり、住居も三宮にある場合は、「遊食住」が同じエリアにあることになります。
特に休日遊びに行くのも、仕事の帰りに飲み行くのもほとんどが三宮か元町ですから、どこへ行くのも歩いていけるのです。
これは便利です。

さて、全く話がそれてしまいましたが、二宮から三宮方面に歩いている時に、ちょっと素敵なお店を見つけました。
隠れ家的なお店の雰囲気がしたので、外から中をのぞいてみるとやはりイメージ通りです。
隠れ家風の天ぷら屋でした。
お腹いっぱい食べた後なので、天ぷら屋に入るわけにはいきません。
「衣喰(いい) 塩梅」という名前だけ覚えておいて、ネットで調べて予約したうえで、伺おうと決めました。
ネットには、次のような記事がありました。

串カツ価格の天ぷら専門店
「作り方は変わらへんのに、串カツは安うて天ぷらはなんで高いんや」と始めた天ぷら専門店。店長自ら中央市場か大安亭市場へ赴き、食材を調達。元は和食の板前とあって、目ききは言わずもがな。新鮮な油でカラッと揚げたオクラブタ、キス、ハモなど、旬のメニューを含めた20種以上が100円均一なのもうれしいかぎり。

更にお店の場所と電話番号が掲載されていました。間違いありません。あの日見つけたお店です。

予約しないと入れないだろうなと思い、ある日の夕飯としてこちらのお店を選択して、4時過ぎに電話をしました。

「すいません。今日の6時半くらいなんですが、二人入れますでしょうか。」
「大丈夫だと思いますよ。」
「思いますよと仰るのは、予約を受け付けておられないからですか。」
「うちは予約はうけていません。」
「それでしたら、時間に伺って、席が空いていれば入れるのですね。」
「そうです。」
「わかりました。お忙しいところすいませんでした。それでは、それくらいの時間に伺わせて頂きます。」

伺ったのは、6時20分頃です。
先客は2組。二人分の席は空いていました。
「すいません、入ってもよろしいですか。」
「いやー、ちょっと・・・・・。」
「・・・・・・・・。」
店主は目を合わせません。「ダメ」とも「すいません」とも言わず、雰囲気で入店を拒否しました。

予約は取らず、席が空いていれば、入れますよと言いながら、実際に言ったとおりの時間に伺ったら、謝ることもなく、もちろんお客に対する何の配慮もなく、ただ、雰囲気だけで、入店拒否。
いったい、なんなのか。
このようなことは、数千軒の食べ歩きをしていますが、初めての体験です。
あまりにもあきれ果てて、腹も立ちませんでした。
飲食店どうこうよりも、ビジネスとして、下の下の下です。
「最低」という言葉では、褒めすぎになります。

お店はお客を選ぶ権利がありますので、常連からの予約を優先したのか、一見さんお断りなのか、お店の事情はそれぞれあるでしょう。
それはそれでいいのです。
しかし、少なくても入店時の対応は、他にあったはずです。
何らかの言いようがあるのではないでしょうか。
また、予約を受け付けないにせよ、実際に来ることがわかっていたのだから、電話の時に何らかのエクスキューズはできたはずです。
近くから来ましたので、まだ良かったですが、京都や大阪から来店していたら、はらわたが煮えくりかえったかもしれません。
お客に対して、申し訳ないという良心のかけらもないのでしょうか。

「いい塩梅?」

このような品性下劣な店主が作る料理が「いい塩梅」なわけがありません。
そのような意味では、時間とお金を浪費せずに済んだのは幸せだったかもしれません。
一生住みたいと思っている愛する神戸に、このような下劣な飲食店が存在するということだけで、私の神戸に対するイメージが悪くなってしまいます。

飲食店に伺って、生まれて初めて「表現のしようのないショック」を受けました。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-08-07 07:54 | グルメ