<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

吉野家

以前にも書いたかもしれませんが、私が素晴らしいと思っているチェーン店は、「モスバーガー」「タリーズコーヒー」とこの「吉野家」です。
どちらのお店もチェーン店でよくこれだけ美味しいと感じるものを提供することができるものだと感心しています。
「モスバーガー」の「匠」はかなりレベルが高いと思いますし、「タリーズコーヒー」のサンドウィッチは、街のパン屋のサンドウィッチよりも数段美味しいですね。
「吉野家」の牛丼については、他のお店でさんざん真似されていますが、今なお圧倒的な支持を受けています。

狂牛病問題があり、長い間、牛丼の販売がまともにされていませんでしたが、少し前に、ほぼ復活しました。
その頃から、1ヵ月に1度くらいの割合で、牛丼を食べるようになったのですが、少し味が落ちたような気がしています。
非常にコストパフォーマンスが良いので、元々高級牛肉を使っていたわけではないのですが、やはり、狂牛病騒ぎで、牛肉の供給先が限定されてしまって、同じコストで同じような肉を仕入れることができなくなったのたのかもしれません。
私と同じような感想を持たれておられる方はいらっしゃらないでしょうか。
もし、本当に肉の質を落としているとしたら、是非、元のレベルに戻して頂きたいですね。

さて、その話は別として、私は、「高級牛丼」を作ってもらえないかと思っています。
「モスバーガー」の「匠」路線です。

牛丼一筋だった「吉野家」も、今回のような騒動を想定して、リスクヘッジのためにメニューの種類を増やしています。
特に、7月6日から8月上旬までの期間限定ですが、現在「うな丼」「うな定」の販売を行っています。
「鰻」というのは、当然、営業戦略から考えられることです。
東京には、「登亭」のように安くて美味しい「鰻丼」を食べさせるチェーン店がありますが、全国規模のものはありません。
しかし、日本人は、「鰻の蒲焼き」の甘辛い味が好きなようで、スーパーで毎日「鰻」は売られていますし、弁当屋のチェーン店には、必ずと言っていいほど「鰻丼」が用意されています。
しかし、外食チェーンでは、「鰻丼」でシェアを大きくとっているお店はないのです。
リスクヘッジを模索している「吉野家」がこの弁当屋のチェーンに奪われている500円前後の「鰻丼」のシェアを狙わない理由はありません。
「吉野家」のブランドをもってすれば、「鰻丼」を「牛丼」と同じような収益の柱とすることは、十分可能です。
日本人が飽きずに食べ続ける味だからです。
だから、マーケティングも兼ねて期間限定販売を行ったのでしょう。

食べログでたまに書いていますが、私は最近、血眼になって美味しい鰻屋を探しています。
お気に入りの店が見つからず、困っているのですが、ある日、一度は食べてみないといけないと思い、「吉野家」の「うな定(味噌汁、おしんこ付)」550円を食べてみました。
「吉野家」らしい戦略を感じましたね。
臭みを消した、油が多くて、ふっくらとして柔らかい鰻(どんな鰻かわかりませんが)に、程よいバランスのタレがかかっていて、油とタレの美味しさで食べさせようとしています。

「牛丼」と同じ戦略です。
牛肉の臭みを徹底的になくして、油の多い肉と味付けの美味しさで、美味しく食べさせるのです。
これは、鰻の高級店で、同じようなことをやっていますが、それは駄目です。
高い料金をとっているからです。
高い料金を取る店は、本物をお客に提供するべきだからです。
しかし、「吉野家」の「牛丼」の価格であれば、逆に素晴らしいと思います。
全て、値段ありきの評価なのです。
高級焼き肉屋で、肉に味の素がふってあると、腹が立ちますが、家庭でやるのであれば、全然問題ないと申し上げていることと同じです。

いずれしても、「牛丼」のコンセプトをうまく「鰻丼」に持ち込んだなあというのが私の感想です。
タレのバランスの良さは、さすがだと思いました。
非常にお金をかけてマーケティングがされているのが分かります。
期間限定販売の結果が間もなく出ますが、この「鰻丼」が定番メニューになるかどうかはわかりません。
しかし、発想としては、営業戦略上、王道を歩まれたと感じています。
私も「鰻丼」の全国チェーン店化という発想を持っていたからです。

しかし、私が「吉野家」の営業戦略を担当したら、「鰻丼」だけでなく、「高級牛丼」の開発を考えます。
メニューが多いとコストがかかりますので、再度メニューを全て見直して、スクラップアンドビルドをし、「高級牛丼」を加えるでしょう。
並580円であれば、売れるのではないかと考えています。
詳しいことは知りませんが、「吉野家」の牛丼を食べている方々は、何もランチを380円ですませたい方々ばかりではないと思います。
並580円、大盛680円、特盛800円で、普通の牛丼と徹底的に差別化した「高級牛丼」を「吉野家」であれば、開発できると思っています。

恐らく、コンセプトとしては当然あるのでしょうが、何らかの理由があって商品として、店頭に出てこないのでしょうね。
例えば、「大盛」「特盛」で、牛丼に関しては十分利幅があるので、料金設定がかぶる別の「牛丼」は必要ないと考えているとか・・・・・。
一度、大手商社に勤める大学の後輩に意見を聞いてみたいところですね。
福岡のI!良かったら意見を聞かせて下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-07-30 07:19 | グルメ  

本物はどこにありますか

私は、職業として理系に興味が無かったので、大学は文系ですが、高校時代に授業として好きだったのは、数学と化学でした。
さて、数少ない真剣に話を聞いていた授業の一つである化学の時間に、ある先生がとても興味深い話をしてくれました。

その先生は、大学卒業後、大手のパンの会社に勤めてから高校の先生になったという変わった経歴をお持ちでした。
その先生の話で一生私の記憶から消えないものが二つあります。
その二つは、私の価値に大きな影響を与えました。今後もその影響を消えることはないでしょう。

一つは生き方に決定的な影響を与えましたが、この話は長くなるので、また違う機会に書かせて頂くことにします。
反面教師として学んだことです。
それは、それとして、もう一つは、その先生が、ある時にぽろっともらしたことでした。
詳しくは憶えていませんが、食品には何が使われているかわかったものではないというような主旨の話をしていました。
そして、合成着色料を使っていないと書いてあっても、逆に自然物で色を作るために、南米のわけのわからない昆虫を使ったりしているので、食品の表示など事実を知ったら、皆びっくりするだろうと話していました。

ここで、私が学んだことは、大きな企業の言うことだからといって安心してはいけないということと、世の中に出回っている食品には、何が入っているかわからないということです。
成人してから、自分である程度美味しいものが食べられるようになると、本当に美味いものはやはり体に良くて、安くて不味いものは体に悪いということを知り始めました。
食に興味を持つといろいろな情報が入ってきます。
表示義務が甘かった昔はいったい食品に何が入っていたかを想像するだけでも恐ろしくなります。
最近は、表示に対して厳しくなりましたが、今度は、嘘を書くようになっています。

食は、人により好みが分かれますので、何が良い悪いということはないと思っていますが、好みのレベルではない食べ物もこの世に存在します。
以前、私が、世の中の9割以上の食べ物は美味しくないと書いて、傲慢だとお叱りを受けたことがありますが、私は今でもそう思っていますし、傲慢な思いから申し上げているわけではありません。
データを取ったわけではありませんが、スーパーで売っているもの、飲食店で出されるもののほとんどが私の価値観では、本物とは思えないのです。

スーパーで売っているものの産地表示など全くあてになりませんし、ブランド名も信用できません。
牛肉も豚肉も鶏肉もいろいろな能書きが書いてありますが、食べてみればわかります。
牛の味がするか、豚の味がするかという話です。
一部の信頼できるスーパーでしか、本物は買えません。
更に、高ければ良いというわけではないところが、怖いですね。
食品も偽ブランドがあるからです。

結局、どうすればいいかと言うと、「本当に美味いもの」を食べることにより、その味覚の記憶を頼りに本物を求めるしかないのです。
「本当に美味いもの」を知ることは、実は自分の体を守ることでもあるのです。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-07-18 08:02 | グルメ  

World One

三宮を中心に7軒の居酒屋、Barを経営しているワールド・ワンという会社があります。
私は、その会社の社長と知り合いでも何でもないのですが、この会社の社長からは、飲食店経営に対する明確なビジョンと強い意志が感じられます。

言葉だけを飾ることは、どこの企業でもやっていますが、そのビジョンを実行できるかが問題です。
言うは易し、行うは難し。
理由は簡単です。理念を実行しようとするとコストがかかるからです。
牛肉偽造問題もそうです。コストがかかるから、偽造するのです。

ちょっと、話がそれますが、私が素材にこだわるのは、実は、味だけの問題ではありません。
基本的に、安い食材は、コストを削減しているから、怖いのです。
何度も書いていますが、「本当に美味いもの」は、体に良いのです。
おかしなものが混入された安い食べ物は、体に悪いのです。

素材にこだわって、素材のことばかり82万9254回言っているには理由があります。
味の好みの問題はともかく、コストのかかった素材か、そうでないかは食べればわかります。
良いものを安く仕入れるというのは、企業努力として、素晴らしいことだと思いますが、その逆のことをされている高級店があるので、あきれ果てます。

一つは、利益追求に走っているのでしょう。
もう一つは、オーナーご自身が、素材の目利きをしていないのではないかと思います。
自分で、市場に行かれないで、なじみの業者の持ってきたものをそのまま使っているのでしょう。

最近、鮨屋の新規開拓で、必ず一日一度は、鮨を食べていますが、このようなことをしていると特にそれを感じます。
私は、鮨屋の新規開拓は、一気にやることにしています。
時期が同じであれば、比較がしやすいからです。

レビューにも書きましたが、高級鮨屋で、この時期に「ひらめ」を出す事などあり得ません。
実際に、何日も続けて、それなりにステイタスのある鮨屋に伺っていますが、「ひらめ」を出したお店は一軒だけです。
三宮では有名な鮨屋のようですが、まともな仕入れをしていないなとその「ひらめ」の握りを食べた瞬間に思いました。
業者に任せるとお店に必要なものではなく、その業者の都合で、売りたいものをお店に持ってくるのです。
こんなことは、それこそド素人の私に指摘されなくても、十分お分かりのはずです。
なぜ、高級店としての最低限の仕事をされないのでしょうか。
理由は簡単です。それでも、お客がついているからです。
つくづく、神戸の鮨屋のレベルは低いと思いました。
お叱りを受けるでしょうが、私の評価においては、このことは厳然たる事実です。

お客のことなど全く考えていないろくでもない有名店が世の中にあるのですが、ワールド・ワンの経営する「金魚」での接客は素晴らしいものでした。
アルバイトらしき女性もプロパー社員らしき人も徹底していました。
素敵な笑顔、しっかりとした言葉遣い、わかりやすい商品説明。
そして、何よりも感心したのは、よくお客のことを見ていて、すぐに空のお皿を下げたり、特に呼ばれなくても、何かございませんかという雰囲気で、お客の近くを歩いてまわるところです。
これも、やり方を間違えるとうざく感じますが、そう感じさせないよう、とても洗練された接客でした。

私は、接客に感心するとともに、従業員の方々は、このような会社の経営者と出会えて幸せだと感じました。
先日、会社で文句ばかり言っていても意味がないという内容のことを書いたら、弱者切捨てだの、社員教育を否定するのかなどの雑音が少し聞こえてきましたが、私はそんなことは一切書いていません。
私の文章力が稚拙であることは、お詫びするにしても、私が言いたいことはそのような内容ではないのです。

要するに、仕事のスキルは結局自分で身につけるしかないから、文句を言っている暇があれば、1分1秒を惜しんで、スキルを身につけたほうがいいですよ、ということを申し上げているだけなのです。
一生、雇用が保障された何十年も前の話であればともかく、今時、会社に仕事のスキルを身につけさせてもらおうなどという意識では、必ず後悔する時がきますよということが言いたかっただけなのです。
それをしない会社が良いと言っているのではありません。
できない会社はどんどん自然淘汰されていくでしょう。
私は、全く逆の立場でものを見ているのです。
会社や組織などいつ何時、無くなるかわからないのですから、信用したらいけないと申し上げているのです。
会計学にはゴーイングコンサーンという言葉がありますが、実は、永続する企業などほとんどありません。
人間の寿命と同じだけ継続する企業など、0.1%もありません。
会社は、確率から言えば、いつか無くなるのです。MAを含めると、無くなる確率はもっと増えます。
同じ会社、同じ組織、同じ待遇で、ずっと仕事を続けることなど、今の社会ではほとんどないと言って良いでしょう。
文句ばかり言って、人のせいにしても、絶対にスキルは上がらないのです。
仕事のスキル向上など自己責任以外の何ものでもないのです。
本を読んで、実務を経験して、苦労して何かをやり遂げた時に市場価値のあるスキルが身につくのです。
会社の選択、そこでの意識の持ち方、全て自己責任です。
しかし、自己責任だからこそ、逆に会社がなくなっても、一度身につけたスキルは一生なくならないのです。
一流会社の看板だけで、仕事がしてきた人が、転職すると何も仕事ができないという話は、山ほど聞きます。会社に依存するからそうなるのです。

そのような私の考え方からすると、このワールド・ワンで働いておられる方は、とても幸せです。
働きながら、会社がスキルを身につけさせてくれているのです。
バイトであっても、このスキルが本当に身につけば、一生自分のスキルとして、活かされます。業種など関係ありません。本当です。仕事の本質はどんな職業でも同じだからです。その基本的な部分を理解し、身についていれば、必ず役に立ちます。
身についていない人は、1年、1年、どんどん人材としての市場価値が無くなっていきます。

具体的にどのような研修をされているかわかりませんが、私は、たった一度「金魚」に伺っただけで、こちらで働いておられる方々は、本当に幸せだなあと思いました。
そして、いつかこちらの会社の社長とお会いできる機会があると嬉しいなとも思いました。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-07-07 03:53 | グルメ  

パワーブロガー

先日、あなたは「パワーブロガー」ですかと聞かれました。
日経BPnetに、桐原涼氏という方の書いた記事が載っていたからでしょう。
あまり聞きなれない言葉ですが、要するに素人でありながらある分野(消費に関するもの)に精通していて、ブログなどを通じてネットにより情報発信をしている人を指すようです。
正確には、彼の定義によると
1)狭い分野であるがプロ顔負けの知識を持っている。
2)消費者の立場から情報発信している。
人だそうです。
要するに、これからは、一般の人もマスメディアの情報ではなく、ある意味マニアックな「パワーブロガー」の情報が消費者の選択に多くの影響を与えるだろうという記事でした。

自分のHPにも書かせて頂いていますが、私がインターネットがまだ世の中で知られていない時代に、とんしの「本当に美味いもの」と題したノートに、自分が訪れた飲食店の評価や感想を書き始めたのも、テレビ・雑誌のグルメ情報があまりにもいい加減で、全く信頼できないと思ったからでした。

常に消費者の興味を掻き立てる情報を大量に発信しなければならないマスメディアは、場合によっては嘘に近いような誇張した表現を使わざるを得ない場合もある、ということは致し方ないかもしれません。
しかし、それに踊らされて、時間とお金を使って、紹介された飲食店に行かされる消費者の苦痛というものは全く無視されていることに憤りを覚えました。

消費者の方々もそれに気付き始め、時代とともに口コミの価値が認められるようになってきました。
その時期と、インターネットの普及が重なり、まさに「パワーブロガー」という存在が生まれたのでしょう。

さて、話を最初に戻しますが、「あなたはパワーブロガーですか。」という問いに対し、私は、「厳密な意味では違うでしょう。」と答えました。
確かに消費者の立場で情報を発信していますが、プロ顔負けの知識を持っているという点では、あてはまりません。
料理や食材の知識などほとんどないと言ってもよいからです。
ただ、普通の人よりも、外食の機会が多いということは事実ですから、その意味では、そのことから得られている知識は、膨大なものがあるでしょう。

しかし、決定的に違うと思うのは、「パワーブロガー」のパワーの部分です。
確かに、たまに「レビューを参考にさせてもらっています。」というメールを頂きます。
また、食べログの個人ページへのアクセス数は、現時点で、285,000を超えています(約1年4ヵ月)し、月間のアクセス数も最近では、30,000近くになっています。
ところが、個人のHPやブログへのユニークユーザーのアクセス数はまだまだ少ないことから判断すると、消費者市場に与える影響など皆無に等しいと考えています。

私としては、影響云々を考えているわけではなく、自分の思ったことを何らかの形で表現したいだけのことですから、それを読んで下さる方が一人でもいらっしゃるという事実が嬉しいのです。
ただ、将来的にはもう少し違う状況にならないかなとは思っています。

その点について、桐原氏はズバリ私の思っていたことを書かれています。
要するに、ブログのパワーが増すにつれ、書評の読者が増えることにより、そのようなブロガーは、消費者の立場を超越する。そして、プロでもアマでも、生産者でも消費者でもない存在となる。ということを書かれているのです。

ひも付きの情報など発信したくありません。
増して、美味しくないものを美味しいなどと書きたくありません。
感じていないこと、思っていないことも書きたくありません。
専門的なコメントや細かいうんちくを長々と書くこともしたくありません。
店主の業界での経歴や店の裏話を意味もなく書くことはしたくありません。
料理そのものの知識について細かく書くことはしたくありません。

私の発信したい情報は、一つだけです。
飲食店に伺って、料理を食べて、接客を受けて、自分が感じたことを許される限りそのまま書きたいだけなのです。
自分にとって、本当に美味かったか、不味かったか、高いと感じたか、安いと感じたか、接客に満足したか、不満に思ったか、インテリアのセンスは良かったか、良くなかったか。

その発信した情報をどのように扱うかは、受け取る方々の自由ですし、その反響が賛同的なものであれ、私とは異なるものであれ、それに対しては、とても嬉しく思います。
実際にそのお店で、料理を召し上がった上での反響であればですが・・・・・。
自分の意見、考えに対して、賛同を得るために情報発信しているわけではないのです。
私の発した情報に対して、どのような反響があるのかが楽しみなのです。
反響と影響ではニュアンスが違います。
もちろん、影響を与えるほどの質の高い情報発信が出来るようになれれば、素晴らしいことだとは思っています。

今私は、本当の意味での「パワーブロガー」になれればと考えています。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-07-04 00:15 | グルメ