日本茶  No.266

食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※いつもクリックして下さっておられる方、誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


最近、ある日突然、こちらのブログへのアクセスが急激に増えた日があったのですが、何があったのでしょうか。
どこかで紹介されたのでしょうか。

食べログにも書きましたが、岡本でとても素敵な日本茶専門のカフェを見つけました。
雰囲気も接客も良いので、ゆっくりとした時間を過ごすには最高の空間だと思います。

さて、「美味いもん屋」で宇治の玉露を紹介させて頂きましたが、紅茶同様、本当に美味い日本茶を飲むには、入れ方がポイントになります。

入れ方には4つのポイントがあります。

①お茶の葉の量 ②水  ③お湯の量 ④お湯の温度 ⑤浸出時間 です。

葉の量は、高級茶の場合は、目安が書いてありますので、それをきちんと読んで守って頂きたいと思います。

そして、全ての料理に共通して言えることですが、水が最も大切です。
まずい、水で入れたお茶は、高級なものほど台無しになります。
不純物や科学物質の味や臭いが感じられないもので、また水に含まれているミネラルの量も水のおいしさや、風味に影響します。 

お湯の量も大体目安が書いてありますので、それをきちんと守って下さい。
量によって味がかなり変わります。

お湯の温度や浸出時間も同様です。かなり「律儀」に守って下さい。

そして、最後は、最後の一滴まで注ぎ切ることが重要です。
急須にお湯が残っていると、二煎目を入れるまでに浸出してしまうので、最後の一滴まで搾り切らなければなりません。
高級茶は、三煎目までかなり美味しく飲めます。
特に、素晴らしいものは、コクが出過ぎますので、二煎目くらいのが美味しく感じる場合がありますので、これは絶対に厳守してください。

安くて不味いお茶に比べれば、五煎目でもそれなりに美味しく飲めます。
それを考えれば、高級茶というは、実質的にはかなり安いかもしれません。
一杯のコストがそれほどではなくなるからです。

ボーナスの時期が近づいていますので、一度、本当に美味い「玉露」を完璧に入れて、その本物の美味しさを体験して頂けたらと思います。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’11.10更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’11.10更新 レビューコメント数1,471軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.16更新 

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-11-10 20:46 | グルメ  

<< 梅干  No.267 毒入り食品  No.265 >>