三笠フーズ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。


表示の偽装ではなく、毒入り米を食品として流通させていた三笠フーズ。
あまりにもひどい話ですので、ブログに書く気持ちにもなりませんでした。

衣類寝具等の羽毛の表示量が、世界での生産量の何倍もあるような国ですので、食品の表示の偽装や使いまわしなどは、へのかっぱでやる経営者がいくらでもいることは、十分承知しておりましたが、毒性や発ガン性のあるものを食品として売りつけるとは・・・・・・・・・・。

本職のブログをご覧頂いておられる方もいらっしゃるようですが、あちらで何回も書かせて頂いている通りです。
なぜ、こんなことをやったのかと聞かれて、経営者たちは口を揃えて「資金繰りのため」と言っています。
会社倒産の回避という、錦の御旗さえあれば、何をやってもいいと思っている経営者が本当に多いです。
倒産したら、取引先に迷惑がかかるとか、従業員やその家族の生活ができなくなると言いますが、嘘です。
自分自身の財産と地位と家族の生活を守りたいのです。ボランティアで会社を経営しているのではないのですから、自分のことだけを考えています。

今までもそうですが、結果を見れば明らかです。
いったい、三笠フーズは、川下の取引先、消費者にどれだけの損害を与えていますか。
何十億円という金額で、しかも三笠フーズにはそれを賠償するお金などないのです。
基準値の2倍の農薬が検出された保育園の園児や親御さんの被害は算定のしようもありません。
そして従業員は全員解雇です。

要するに、資金繰りのため、すなわち会社が倒産しないため、自分自身の地位や財産を守るためならば何でもやるのです。
取引先がそれこそ資金繰りが急激に悪化して倒産しようが、その会社の経営者が自殺しようが、家族が路頭に迷おうが、幼児の健康を害しようが、場合によっては、死人が何人出ようが、自分とは全く関係ないことなので、自分自身の明日の資金繰りさえ出来れば、それでいいのです。
こんな事実が露見したら、いったいどのようなことが起きるのかなど、当然予想してやっているのですから、言い訳は一切できません。

日本は治安が良い国だと言われていますが、大昔にエコノミックアニマルと言われたように、商売のためには、どんなことをやってもいい、従業員にどんな犯罪行為を強要してもいい、それが正に大人の仕事だ、家族を守りたくないのか、ばれるはずがないと言って多くの方の人生を狂わせ、場合によっては自殺に追い込むのです。
従業員は家来だと本気で思っている経営者など今も掃いて捨てるほどいますからね。

食品偽装については、随分前から指摘させて頂いているように、次から次へと不正の事実が報道されています。
とても、残念ですが、毒入り米と同じようなことがどんどん明るみに出るでしょう。
農林水産省の官僚たちは青くなっているでしょうね。
誰かをいけにえに捧げないと治まらないからです。

いずれにしても、飲食店や食品会社の経営者というのは、なぜか倫理感や法令順守の意識が低い方が多いですから、今後もこのような事件は後を絶たないでしょう。
特に今は、原価のアップと値上げできない苦しさの板ばさみになっているのですから、会社をつぶす勇気と責任を持っておられない経営者は、いちかばちかで、これからもどんどん違法行為や犯罪をやりますよ。倒産よりもばれないことに賭ける経営者が多いからです。経営は二者選択しかないからです。

だからこそ、まじめで心のこもったもてなしをして下さる飲食店に出会うと感動するのです。

まさに「掃き溜めに鶴」です。


とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’9.13更新 レビューコメント数1,467軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’8.16更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-09-13 09:18 | グルメ  

<< ついに・・・・・・  No.262 ちょっといい話 >>