すかいらーくの店長が殺された!

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です。誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。

やっぱりという感じですね。

すかいらーくが上場廃止しましたが、コストの問題だけではなく、労務問題を上場基準で維持するのは無理だと考えたのでしょう。

飲食業というのは、どうしてもこうなりますね。一人で、やられているお店と同じことを望む上に、24時間にちかいような営業をするのですから、当然です。
深夜手当の問題もありますから、このようなチェーン店の店長は、名前ばかり店長で、実際には奴隷のようにはたらかされているのです。

経営陣や高級幹部が銀座で飲んでいる時に、現場では正に命を削って朝から朝まで毎日働いている人がいる。
最近、蟹工船が再び売れ始めた理由がよくわかります。

報道された内容は以下のとおりです。

外食大手「すかいらーく」(本部東京都武蔵野市)店長として勤務していた昨年10月に脳出血で死亡した埼玉県加須市の前沢隆之さん=当時(32)=に対し、春日部労働基準監督署が労災認定したことが17日、分かった。
前沢さんは高校生だった1991年10月、すかいらーくでアルバイトを開始。2006年3月に栗橋店の店長に就任した。
しかし、正規雇用ではなく、1年ごとに契約更新を繰り返す「契約店長」。店の営業時間(午前8時~翌朝5時)のうち別のアルバイトに仕事を任せられるのは閉店前の2、3時間だけで、自分は午前7時から翌日午前2~3時に帰宅する生活を1年半強いられた。
残業は、会社のタイムカードには月約39時間と記録されていたが、遺族側の計算では死亡前3カ月平均で月200時間を超えた。認定は6月13日付。 

ご本人やご家族のことを考えるとたまらない気持ちになります。
ニュースを見て泣いたのは久しぶりです。
私も、週に3回くらいは、徹夜をしなければならないという仕事をやったことがありましたが、3ヶ月でダウンしました。
年齢は違うとはいえ、1年半もよくもったと思います。
いや、限界を超えて、持ちこたえてしまったからこそ、亡くなられたのでしょう。
やはり、人は、同じような経験をしていると、自分の経験が思い出されて涙するのでしょうか。

個人のお店だと、労働基準法もなにも関係ないというところが多いですが、逆に、営業時間にも限界があり、普通のまともなオーナーであれば、ある程度常識的な対応やフォローもしてくれるので、こんなことまでにはなりません。

チェーン店で、本部が交代制でなければできない営業時間を設定しておいて、コスト削減やアルバイト保護のための法令順守を強制するので、現場の店長がこんなことになってしまうのです。
これは、マクドナルドも全く同じなので、労基署の認定がされていないだけで、実際には起こっているのではないかと思っています。

会社のためだから、しょうがないという言い草はもういい加減にやめませんか。
人の命まで奪うような商売は、もう商売とは呼べません。
まして、経営などという言葉を使うべきではありません。

すかいらーくの経営陣や幹部は、もし自分が同じ立場で同じことをやらされたらということを一瞬たりとも考えなかったのでしょうか。

過労死については、経営陣は一切言い訳はすべきでないと私は思っています。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’7.7更新 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’7.10更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’7.21更新 レビューコメント数1,464軒 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP・BLOG携帯版 ※08’7.22更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」食べログ携帯版 ※08’7.21更新 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-07-22 13:13 | グルメ  

<< 通り魔だけが殺人者ではありません マック売上げ新記録 >>