夙川できらめく新星

昨日、仕事に疲れたので、mixiを開いてみました。

いろいろなコミュニティをぼっーと見ている時に、ある方のことを思い出しました。
私が、mixiを始めた頃に、HPやBlogをご覧頂いて、メールをして下さった方です。

「独立して、焼鳥屋をやるのですが、東京の名店を巡って、勉強したいけれども、どのお店に伺ったら良いでしょうか。」という内容のメールでした。

Blogでも何回か書かせて頂いていますが、私の場合は、今はなき「味壷」という奇跡的な名店の記憶を消すことが出来ず、どうしても、焼鳥に関しては、評価が厳しくなってしまいます。
そんな事情を書かせて頂いて上で、何軒か有名店の名前を書かせて頂いて、お返事を送らせてもらいました。

さて、偶然にも私が仕事の都合で、神戸に引越した後の昨年の9月に、その方がお店をオープンされたことを知りました。
しかも、夙川ですから、私の住んでいる三宮からすぐのところです。

もっと早くに伺うつもりでしたが、近いからいつでも行けるというのと、もし美味しくなかった時に、自分が「とんし」とばれるのが嫌だなと思ったこともあり、知らない間に8ヶ月がたってしまいました。

急に思い立って、お店に予約の電話を入れて、彼女と二人で伺うことにしました。

「なんで突然、さくら夙川に来いって言い出したの。」
「いやー、日にちは指定してなかったけど、随分前にmixiで知り合った人が、お店をオープンして、伺うって言っていたのに、8ヶ月もたっちゃったんだよ。」
「お店のご主人は、あなたが、とんしってことご存知なの?」
「いや、それは言ってないよ。もし、美味しくなかったら、気まずいじゃない。料理や接客について、思ったまま書くのが僕の主義なんだから。」
「まあね。」
「その場で、美味しくないものを美味しいって言いながら食べることほど苦痛なことはないでしょ。しかも、後で、食べログをご覧になって、本当のことが書いてあったら・・・・・・・。」
「なるほどねえ。」
「三宮の心は、卑劣だから怒りまくっているけど、料理が美味しくないからって、そのお店に腹が立つわけではないからねえ。ご主人に、嫌な奴だと思われるのは、僕だって嫌だよ。」
「じゃあ、秘密にしておくの。」
「美味しかったら、自分から言うつもりだよ。」

食べログにも書かせて頂きましたが、まず、ピカピカに磨かれた厨房に感心しました。
美味しい料理が食べられるお店の必須条件です。

カウンターがあるお店で、厨房が綺麗でないと、もうその時点で嫌になります。
そもそもお客がそれを見て、食事をする気になるかいう話です。

次に、メニューを拝見すると、食べ物の料金設定は、普通よりも高めですが、焼酎の料金設定はかなり低めになっています。
どこでも普通に飲めるようなものは、420円ですから、1本300円の焼鳥があったり、1,000円を超える一品料理があるので、かなりアンバランスに感じます。

この時点で、間違いなく名店だろうと思いました。
その辺の居酒屋でも500円以上で出している焼酎を420円で出して、串物を1本300円にしたり、一品料理を1300円にしたりしておられるのです。
これは、非常に良い素材を仕入れておられて、かなり料金設定を抑えているのに、この値段でしか出せないということを意味します。
焼酎は、仕入れて、そのままお客に出すだけで、手間隙がかからないので、出来る限り安く出そうというお考えです。

ここまで、極端なメニューを見れば、もう食べるまでもなく、美味しいのはわかります。

さて、料理の味ですが、かなりレベルが高いです。
芋焼酎の「六代目百合」という、非常に美味しいものもリーズナブルな価格で出されておられます。
詳細は、食べログをご覧頂ければと思います。

鶏天

もちろん、このレベルであれば、とんしと正体を明かしました。

「いつかいらっしゃると思っていましたが、まさか今日とは。」
「いやいや、遅くなってすいません。」

この後、気分が良くなって、浴びるように焼酎を飲んでしまいました。
申し訳ありません。
最後のごはんとスープまでとても美味しかったです。
気になったのは、食べログにも書かせて頂いたとおり、上白肝の刺身だけです。
多分、なぜ私がそう感じたのか、理由はわかっておられるでしょう。
全てが美味しいと、一点のちょっとしたことがとても目立ってしまうので、気にされた方がいいと思います。
ただ、それもあらゆることが素晴らしいので、気になってしまったという高いレベルでの話です。

いずれにしても、仕入先を4度も変えられたというのが良くわかります。
そして、料金も料理や焼酎のレベルから考えれば、かなりリーズナブルです。

このようなお店に出会うと、他の飲食店での嫌な思いが全て飛びます。

恐らく、今後、いろいろなお客やマスコミの洗礼を受けるでしょうね。

でも、間違いなく、超有名店になられると思います。
ご主人のお客を思う気持ちがひしひしと伝わってくるからです。
言葉をかわさなくても、伝わるものがあります。
焼酎の料金設定など、ご自分が飲みに行かれるのであれば、どのようなお店だとうれしいかということをよくよく考えておられるからでしょう。

そのお店が心からお客のことを考えておられるか、口先だけで全く考えていないかなど、お店に入って、数分でわかるのです。

鶏肉がお好きな方、鶏肉の本当の美味しさをお知りになりたい方、本当に美味いものを召し上がりたい方、そのような方々に強くお薦めします。
駅から1~2分とアクセスもとても良いです。

もうすぐ、予約の取りにくいお店になるでしょう。
今のうちにいらっしゃることをお薦めします。

鶏天

夙川できらめく新星

まもなく関西を代表する巨星となることでしょう。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。
  やる気が起きるので本当に感謝しております。

とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’5.11更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’5.20更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’5.20更新
※レビューコメント数1,450軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払いなど労務問題のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-05-20 16:25 | グルメ  

<< 魚きん -売れ残り刺身使い回し- 日曜日の外食 >>