なぜお客を騙して、不快な思いをさせるのでしょうか?

日曜日に、友人らと3人で食事をしました。
時間が早かったのと、少し飲み足りなかったので、「楽や」に行ったのですが、日曜日なのでやっていませんでした。
「楽や」は日曜日でもやっているようですが、オープンの時間はけっこう遅いようです。

さて、どこで飲みか考えながら、駅の方に歩いていくと、サンキタあたりで、居酒屋の割引券を配っていました。
お酒と料理の「心(COCOLO)」という居酒屋でした。

ビールとチューハイが何杯飲んでも半額ということでしたが、私は基本的にビールもチューハイも飲まないので「ビールとチューハイだけじゃ駄目だ。」と言いました。
割引券を配っていたお兄さんが、「何が半額だったらいいですか。」と聞いてくるので、「芋焼酎が半額だったら、いいのにねえ。」と答えました。
すると、お兄さんは、「わかりました。黒霧島だったら、半額にしときましょか。」と言いました。
だったら、友人を気にしないで、好きなだけ飲めるなあと思ったので、「じゃあ、行きます。」と答えました。

お店では、2階に通されました。
狭い店ですが、ロールスクリーンで区切ってあって、個室風にしてあります。
しかし、かなり圧迫感があるので、落ち着ける雰囲気でありません。
呼び込みをしているお店は、経験上危ないことが多いので、注文を聞きにきた女の子に言いました。
「外で、ビールとチューハイだけじゃなくて、芋焼酎の黒霧島も半額にするって聞いたからお店に入ったんだけど大丈夫?」
「ちょっとお待ち下さい。」と女の子は下がっていきました。
帰ってきた女の子が、問題ないということでしたので、お酒と料理を注文しました。

さて、1時間半後、時間制限があったので、お店を出ることことにしました。
お勘定です。
持ってきた伝票を見ると、お酒類は全て定価のままでした。
私は、店員に「全然半額になっていないじゃない。」と言いました。
すると、店員は、「伝票は定価で書いてありますが、ちゃんと値引きしています。」と答えました。
しかし、もう一度計算しても高過ぎます。
定価だから、ぼったくりではないと思っているのでしょうか。
半額と言う言葉を信じたから、こちらのお店に入ったのです。
ところが、実際に定価通りの請求するのであれば、その時点で詐欺罪の未遂罪が成立します。

実は、私はここで我慢をしました。
私一人であれば、とことん追及するところでしたが、友人がいたからやめたのです。
歌舞伎町で10万円をぼられそうになったのとは違い、金額も1000円ちょっとの問題だったからです。

しかし、店を出た後で、非常に嫌な思いが残りました。
金額の問題ではありません。
客商売をしていて、意図的にお客を騙すというその姿勢に吐き気をもようしたからです。
神戸の評判が悪くなるので、このような商売はすぐにやめてもらいたいですね。
あまりにもひどいので、我慢できなくなって、お店のブログのコメントに文句を書きました。
こんなことをしたのは初めてですが、何度も確認したのに、ひどいことをされたので、どうしても我慢出来ませんでした。

いずれにしても、なぜ、わざわざお店の評判を落とすようなことをするのか、私には理解できません。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.24更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.24更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.25更新
※レビューコメント数1,438軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-04-23 13:11 | グルメ  

<< おせん -素材の産地- 相変わらず神戸には観光客相手の... >>