家庭用食品の実力

私は、世界中を旅行したわけではありませんので、検証できているわけではないのですが、食に関しては、日本は世界一だと思っています。
素材を活かす技と繊細な技術のレベルの高さは世界でも類を見ないのではないでしょうか。
何も高級店に限った話ではありません。
街に普通にあるような居酒屋でも蕎麦屋でも食堂でも、グローバルスタンダードではなく、ジャパニーズスタンダードが世界の「食文化」をリードしていると本気で思っています。
全体的にレベルが高いので、ちょっと美味しくないとかなり不満になってしまうのかもしれません。

さて、最近、驚いたことがあります。
それは、普通のスーパーに売っている家庭用の食品のレベルがここ数年でとても高くなっていることです。
10年ぶりぐらいに、チルド製品などを買って食べてみたのですが、物によっては、とても美味しいと感じました。
大企業の資金力には改めて驚かされます。
かなりお金を使って、味の研究をしていますねえ。
「毒入り餃子」事件で、逆に品質が良くなるだろうと思って、チルドものの餃子を食べてみたのですが、どれもそれなりに美味しいのです。

そして、一番びっくりしたのは、日清食品の「つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」です。どこのスーパーでも手に入るものなので、あえて「とんしの美味いもん屋」では紹介させて頂いていませんが、かなり衝撃を受けました。
関西では、美味しい「つけ麺」のお店が開拓できていないので、フラストレーションがたまっている時にたまたま見つけたので、買ってみました。
有名ラーメン店主おすすめとか書いてあったので、逆に期待できないなあと思いながら、いやいや買ったのですが、食べてみてびっくりしました。

美味しいのです。「つけ麺」の良いところが非常にうまく表現されています。
好みもあると思いますが、東京で食べることが出来るお店の平均レベルよりは、美味しいのではないかと思いました。
芸が細かくて、ゆず味の「スープ割り」まで出来るのには、思わず笑ってしまいました。
「味にうるさいはずのとんしが、日清のチルド製品なんか美味しいと言うのか。やっぱり味音痴だ。化けの皮がはがされた。」という巷の声が聞こえてきそうですが、美味しいものは素直に美味しいというのが私のポリシーです。味にうるさいのではなく、不味いものはストレートに不味いと申し上げているにすぎません。

世界の日清食品とは言え、よくぞこれだけの製品を作ったものだと感心しました。
2人前で、300円程度の値段ですよ。
これだけ、美味しければ、ちゃんとした具を入れてももったいなくありません。
美味しいチャーシューと味付き玉子とメンマをたっぷり入れて召し上がることをお薦めします。
特に、「つけ麺」にほとんど馴染みのない関西の方にお薦めします。
もしかしたら、すごく気に入って頂けるかもしれません。
ある関西人の方に紹介したら、とても気に入ったようで、いつも「スープ割り」にして、一滴残さず全てスープを飲み干しているようです。

やっぱり、日本の「食文化」は世界一だと実感させられました。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.24更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.24更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.25更新
※レビューコメント数1,438軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-28 16:28 | グルメ  

<< Ramen 浪花うどん >>