浪花うどん

どこかで書いたかもしれませんが、随分前に仕事で大阪に行った時に、ランチをゆっくりとる時間がなかったので、環状線のホームで立ち食いうどんを食べたことがありました。
美味しかったですねえ。
さすが、大阪のうどんは美味しいと思いました。
ダシがきいていたからでしょうか。
私の大好きな飲食店のご主人は、関西の料理のレベルに対して、あまり評価が高くないのですが、うどんはまちがいなく美味しいと仰っていました。

前回のブログのコメントにも書かせて頂きましたが、神戸にやってきてまず思ったことは、イメージしていた「浪花うどん」のお店よりも「讃岐うどん」のお店ばかり目に付いたことです。
実際に、神戸で私がとても美味しいと思っているうどん屋は、2軒とも「讃岐うどん」のお店です。
映画の影響があるのでしょうか。
私は、「讃岐うどん」自体は好きなのですが、たまに「こしのある麺」と「噛み切れない麺」の違いが理解しておられない料理人がおられて、とんでもない「麺」を食べさせられて閉口することがあります。
東京にそのようなお店が多いような気がします。
作っておられるご本人が、「噛み切れない麺」を食べて、本当に美味しいと思っているか疑問です。大きな勘違いで、とんでもないことをされていると思います。

さて、そんなわけで、せっかく関西に引っ越してきたのに、これぞ「浪花うどん」というものをあまり食べた記憶がありません。
立ち食いうどんは、たまに食べるのですが、ある程度落ち着いて食べようとすると「讃岐うどん」ばかりになってしまいます。
テレビで、紹介されている大阪のうどん屋も「讃岐うどん」ばかりです。

私の「浪花うどん」のイメージは、ダシがきいた薄味で、ちょっと甘めの味付けです。
関西の方は、しょっぱい汁(こちらではからいと表現します)が嫌いなので、甘い味付けになるのでしょうが、甘すぎるのは私は好きではありません。

あと、「揚げ」が入っているイメージがあります。「揚げ」自体は嫌いではありませんが、私は甘みが強いものは苦手です。甘い味はしばらくすると飽きてきて食べるのが嫌になるからです。

しかし、「本当に美味い浪花うどん」が食べたいとずっと思っています。
どこへ行くと食べることができるのでしょうか。
東京に住んでいる時に、人に薦められて伺ったお店は、科学調味料の味が強すぎて、私には合いませんでした。大阪にしては、高めの料金設定のお店だったのですが、なぜあれほど科学調味料の味が強かったのか、今でも不思議でしょうがありません。

これからは、大阪に用事がある時は、出来る限り「浪花うどん」を食べるようにして、「本当に美味い浪花うどん」のお店を開拓したいと思っています。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
※皆さんのおかげでサブカテゴリー1位維持中です!メインカテゴリーでもがんばります。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  クリックして下さった方々、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.24更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.24更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.25更新
※レビューコメント数1,438軒

法律家リンク
行政書士 馬場法務事務所 ※交通事故のご相談
社会保険労務士 経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-27 13:17 | グルメ  

<< 家庭用食品の実力 ラーメンドリーム >>