はんぺんとちくわぶ

先日の「秘密のケンミンSHOW」で、おでんの具として、「はんぺん」と「ちくわぶ」を大阪の人に食べてもらうという企画を放送していました。
反応は予想通りでした。「はんぺん」の評判は良かったのですが、「ちくわぶ」の反応は概ね不評でした。

「はんぺん」は、まずいと感じる要素が少ない食べ物だと思います。
スケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろしたヤマイモを混ぜてよく摺り、調味して薄く四角形にしてゆでた魚肉練り製品ですから、出汁の味に合いますし、特に強い味がないからです。
しかし、この「はんぺん」が関西の方になじみが少ないとは考えたことがありませんでした。
「ちくわぶ」と異なり、幼い頃から食べていた記憶がありますし、メジャーな紀文が販売していますので、戦前であればともかく、私くらいの世代の人は、全国で普通に食べられているものだと思い込んでいました。
居酒屋などで、チーズをはさんで揚げてあるものが出されることもありますから、関東ではなじみの深い食べ物です。
ちょっと焼いただけでも、おかずやあてになりますので、関西の方にも楽しんで頂ける食材だと思います。
低カロリーなので、ダイエットにも有効なのではないでしょうか。

「はんぺん」とは異なり、「ちくわぶ」は私も苦手な食べ物です。
まずくて食べることができないというほどではありませんが、おでんの具として入っていても食べることはありません。
「ちくわぶ」とは、小麦粉に水と塩を加えて捏ね、棒などに巻きつけ成形、その後蒸して作る食材ですが、この小麦粉に水と塩を加えただけというところが苦手の原因なのだと思います。
東京で初めて食べたのですが、すごく粉っぽくて、「すいとん」のような味がして、私には合わない食べ物です。
東京出身の方は、けっこう好きなようで、おでんの具としては、人気があるので、ソウルフードなのかもしれません。
しかし、テレビで女の子が言っていたように、私も戦中の味と感じてしまいます。

おでん種としては、私にとっての御三家は、「玉子」「牛すじ」「大根」です。
居酒屋でおでんがあると必ずと言っていいほど食べますね。

とんしの「本当に美味いもん屋」※08’4.12更新

2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’4.12更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’4.12更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ  http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=5218 
※2つのブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願い致します。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’2.18更新
※mixiコミュニティ


リンク
行政書士馬場法務事務所 ※交通事故のご相談

社会保険労務士経営管理労務事務所 ※サービス残業代の未払い、有給休暇のご相談
[PR]

by direct3935 | 2008-03-22 08:35 | グルメ  

<< ラーメンドリーム 骨の髄まで愛されたい >>