関西のラーメン屋

ここ数ヶ月、外食でラーメンを食べることが激減しました。

一つは、体調管理のために〆のラーメンを基本的に食べなくなったことがあります。
ラーメン自体が体に悪いわけではありませんが、やはり散々、食べて、飲んだ後にラーメンを食べるのはそろそろ控えた方が良いかと真剣に考え始めました。

一つは、想像していた通り、神戸では、心から満足できるラーメン屋が見つからないからです。
京都はいつのまにかラーメン王国になってしまったようですが、まだまだ関西にはラーメン屋の数が少ないことが原因なのかもしれません。
うどんの文化が発達している関西では、東京やその他のラーメン大好きエリアとはラーメン好きな人の絶対数が少ないので、ハイレベルでコンペティティヴなラーメン屋がほとんどないのでしょう。
神戸では「楓林らーめん」、大阪では「揚子江名門」「弥七」が、全国レベルでも上位にランキングされるラーメン屋だと思っていますが、「弥七」は元々東京で評価が高かったラーメン屋で、事情により大阪に移転されたようです。

ラーメンと言うとまず「醤油ラーメン」が思い浮かびますが、この「醤油ラーメン」はいかにも関東っぽい味付けなので、関西人には受け入れられにくかったのでしょうね。
ところで、東京のうどんの汁は濃いと言われますが、必ずしもそうではありません。
色は濃いですが、きちんとダシをとったうどんの汁もあります。
しかし、うどんの汁が濃いというイメージが、関西人には「醤油ラーメン」にそのまま反映されているように思われます。

「味噌ラーメン」も関西の人には受け入れられにくいように思います。
さっぱり感よりもこってり感がイメージされるからでしょう。
名古屋とは異なり、関西にはあまり味噌というイメージがありません。
京都にはありますけどね。

ところで、名古屋人は味噌好きと言われますが、好きなのは「赤だし味噌」です。
「八丁味噌」が有名ですが、いずれにしても「赤だし味噌」が好きですね。
他の味噌では駄目です。
単に味噌が好きなわけではありません。

私も甘ったるい「白味噌」は好きではありません。
私が高校を卒業して、東京に行く時に父が言ったことは、「東京は赤だし味噌がなくて、白味噌だから甘いぞ。」ということでした。
浪人、大学、就職と東京で過ごした父ですが、東京に行って最初に受けたカルチャーショックは「白味噌」だったのかもしれません。

次に、「豚骨ラーメン」ですが、これが関西で一番受け入れられなかったラーメンなのではないでしょうか。
全ての豚骨ラーメンが必ずしもギトギトしているわけではありませんが、濃くて重いスープというイメージがあるので、今も嫌いだと仰る関西人が多いかもしれません。
特に、九州人は関西を飛び越えて、東京へ行く方が多いですから、関西で浸透するのが一番遅いラーメンだったかもしれませんね。
実際に、神戸の人に聞いても、ここ10年くらいで、「豚骨ラーメン」が急激に増えた気がすると仰る方が多いですね。

今は、梅田や三宮や河原町にいっぱいラーメン屋がありますが、20年ほど前にはこれほどの数は無かったと記憶しています。
今でも、関西では、都市部を離れたら、ラーメン屋の数はぐっと減るでしょう。
やはり、関西ではまだまだラーメンはNaturalSelectionの洗礼を受けていないと思います。
コンペティティヴではないのです。

このように「醤油ラーメン」「味噌ラーメン」「豚骨ラーメン」は関西に受け入れられにくと思いますが、実は私は、「塩ラーメン」であれば、関西人に受け入れられやすいのではないかとずっと思っています。
「塩ラーメン」は、どうしてもスープに塩の角が出やすいので、美味しいものが極めて少ないと思っています。
スープの誤魔化しが一番きかないために、美味しいラーメンを作るのが難しいのです。

しかし、薄味でもスープの旨みが一番引き立つのは、「塩ラーメン」だと思っています。
薄味でダシの旨みが引き立つスープであれば、関西人の口に合いやすいのではと考えているのです。
偶然でしょうか。
今のところ、私が関西で食べたラーメンで一番美味しいと思っているのは、「塩ラーメン」です。
他では食べられない独特なさわやかな旨みのあるラーメンです。

そのラーメンを食べることが出来るお店は、先ほど名前を出した「揚子江名門」です。
「揚子江」と名のつくラーメン屋が梅田周辺には何軒もありますが、私が美味しいと思っているのは、堂山町にある「揚子江名門」です。
ご興味がおありな方は食べログをご覧頂ければと存じます。

関西で、ラーメン屋を成功させる鍵は「塩ラーメン」だと思っています。

p.s.

「相変わらず酷いテレビのグルメ情報」というブログに対して、大袈裟過ぎるというご批判がありますので、一言申し上げます。

当該文章だけを読まれて、「肉まん」のことだけを対象にご意見頂いているようですが、タイトルをよく読んで頂きたいと存じます。

「相変わらず」

私は、これまでに何十回とテレビのグルメ情報の無責任さに対して苦言を呈してきました。
例えば、撮影の関係で、冷え切った明らかに美味しくない料理を俳優に食べさせて、美味しいを連発させるとか、不味くてどうしようもないものを美味しそうに食べさせるとかすることも含めて、真の情報を伝える意識が全くないことに対して文句を言っているのです。
テレビは、「絵」さえ取れればいいのです。
それは、切り取られ、編集された、視聴率だけを目的とした「絵」です。
誠意を持って、情報を伝えようとする意思が微塵も感じられない番組が多く存在します。

これは、想像でも何でもなく、「真実」です。
グルメ番組の制作者は、よーくご存知のはずです。


2007年ベストレストラン500軒コメント欄
※「食べログ」の「2007年ベストレストラン500軒」でコメントを書かせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP※08’2.1更新
とんしの「本当に美味いもの」食べログ※08’2.1更新
※随時、更新していますので、ご覧頂ければ幸いです。

食べログ日記※08’2.1更新
※食べログにも日記を書き始めました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂いています。

とんしの「本当に体に良いもの」
※体質改善日記がありますので、よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」※08’1.30更新
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」※08’1.29更新
※こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイになってしまいました。
それなりに文章を練っているので、毎日更新することが出来ません。
そこで、気軽により多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
宜しければ、いらっしゃって下さい。
[PR]

by direct3935 | 2008-02-01 21:50 | グルメ  

<< 「本当に美味いもの」は三文の得 毒入りは中国製ギョーザだけでは... >>