カレーライス

私をとてもよく知っている方は、私がカレーライスを食べることがほとんどないということをご存知かもしれません。
実際、特殊なカレーライス以外、外食でカレーライスを食べることは滅多にありません。
年に1度ぐらいでしょうか。
従って、私はカレーライスが嫌いだと思い込まれている方もいらっしゃるようですが、決して嫌いではありません。
大好物ということではないのですが、カレーライス自体はたまに食べたくなりますし、実際に食べています。
外食で食べていないだけで、家では食べているのです。
何故、外食で食べないかというと、自分が作ったカレーライスよりも美味しいと思うものがないからです。
必死になって探せばあるのでしょうが、心から満足出来るカレーライスには出会った記憶がありません。

私の作るカレーライスはかなり美味しいと思います。
自画自賛で申し訳ないですが、「本当に美味いカレーライス」です。
正確に表現すると「本当に美味いカレーシチューライス」ですね。
「カレーシチュー」をライスにかけるというイメージです。
とても美味しいのですが、その時の気分と手元にある食材によって、常に違う味になるので、同じものを作ってくれと頼まれても、同じものが作れないところが難点です。
一度、徹底的に拘ってレシピを作ってしまえばほぼ同じ味になると思うのですが、面倒くさいですし、気分によって味を変えたいのでそんなことをしようとは思いません。
ただ、基本的なコンセプトはあるので、ご紹介させて頂きたいと思います。

まず、ルゥですが、何でもいいです。
私は、ハウス食品の「こくまろ中辛」とエスビー食品の「ディナーカレー中辛」を混ぜて使うことが多いですが、お好みでどんなものを使われてもいいと思います。

さて、ポイントのひとつとして、じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどの野菜をかなり細かく切って、現物が認識できないほど煮込むことがあります。
野菜は、良いものの方がいいですが、スーパーで安売りしているもので構いません。
とにかく、なるべく水の量を少なくして、野菜の水分と旨みをルゥのベースにするというところがポイントです。

更に、牛乳などの乳製品を大量に使います。
牛乳でも、賞味期限が切れそうな練乳でもいいです。あと、賞味期限が切れそうな粉チーズも使います。ヨーグルトもいいですね。
賞味期限が切れそうなものには別に拘る必要はありません。もったいないので、冷蔵庫で使われずに眠っているものを何でも使うという意味です。
味がとてもまろやかになりますので、乳製品は大きなポイントになります。

肉は、牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、何でもいいです。スーパーで安いものがあればそれを使えばいいと思います。
肉のポイントは、カレー・シチュー用のものは使わず、こま切れなどの安いものを使うことがポイントで、かなり細かく切って使います。
ミンチを使ってもいいですね。
これも溶かして、とろとろにするので、そのようにします。
質の高い肉を使う場合は、逆に煮込まずに、カレーが完成した後に入れて、ルゥを冷ますことによって味を染みさせてから、食べる直前に火を入れるという方法をとります。
肉の旨みを感じたいので、味を染みさせますが、もったいないので溶かすようなことはしません。

他には、飲み残しのワインなどがあれば入れますし、恐らく、入れても大きく味を崩すことはないだろうと思われるものは何でも入れるという感じです。
そして、隠し味として必ず醤油を入れます。
こんなに何でも入れて、どうやって味を整えるかと不思議に思われるかもしれませんが、味見をしながら好みの味に仕上げています。
私の場合は、カレーシチューとして、ライスなしでも食べられるというコンセプトを持っているので、皆さんがイメージするカレーのルゥとはちょっと違うものだと思います。
かなりまろやかで、カレーの味自体は控えめになります。
乳製品と野菜の味が前面に出ますね。
好みによると思いますが、カレーライス好きの人に作ってあげると、必ず誉められます。
二度と同じ味は出せませんけどね。

かなり煮込むので、けっこう作るのが面倒臭いですが、必ず少し残しておいて、冷凍して、次回作る時のベースにしますので、思ったほど時間はかかりません。
老舗の鰻屋のタレのように継ぎ足しになっています。
一番最初に作る時は、昆布、鰹節で出汁を作って、それをベースにすることをお薦めします。
味に深みを出すためです。

「カレーシチューライス」

ご興味のある方は試してみられたら如何でしょうか。

私は、一昨日は「カレーシチューライス」、昨日は「カツカレーシチューうどん」を食べました。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2008-01-19 09:29 | グルメ  

<< 大阪のソース文化 My Favorite Thi... >>