My Favorite Things Ⅳ

今日は、日本酒と焼酎について書かせて頂きます。
ワインについては、どこどこの何年ものはあたりだという風に、年代によって出来の良し悪しが語られることが多いですが、日本酒や焼酎についてはあまり語られることがありません。

しかし、実際には作った時期によってかなり味は違います。特に日本酒はそうですね。
ただ、日本酒は古酒にする以外は、基本的に出来た年に飲んでしまうので、常にブランニューのものしか飲むことが出来ません。
よって、○○年のはすごく良かったという話になっても、飲むことができませんし、例えそのお酒があったとしても古酒になっていると味が全く変わってしまっているので、そのような話をすること自体が不毛だからだと思われます。

いろいろなところで書かせて頂いていることですが、レベルの高い日本酒ほど毎年味が全く違いますので、○○酒造の○○が美味しかったと聞いても、その話がそのお酒を飲んだ直後でなければ、それと同じものが飲めることはほとんどありません。
さらに、レベルの高い日本酒ほど、封を開けてからの時間によって、全く味が変わってしまいます。
ものによっては、全く違うお酒だと思うほど変わりますので、どのお酒をどのような状態で飲んだかというシチュエーションを同じにしなければ、実は日本酒の味など比べられないのです。
当然、保管状態によって全く味が違います。
まず、このことを良くご理解頂いた上で、日本酒について書かせて頂きたいと思います。

前述のように日本酒はその時その時の味が違うので、何が好きだと書きにくいので、自分の好みのお酒を造る可能性の高い、蔵について書かせて頂くことになります。
厳密には、美味しいか美味しくないかは、現実に飲むものを飲んだ後にしかわかりません。

味が比較的安定しているという理由により、私が一番好きな蔵は、福井の「黒龍」です。
「石田屋」「二左衛門」「八十八号」「しずく」「火いら寿」などなかなか手に入らないプレミア酒ばかりになってしまっていますが、比較的容易に入手出来て、価格も手頃な「純米吟醸」をお薦めします。
非常にバランスが良いお酒で、飲み飽きしません。
食中酒としても適しています。
コストパフォーマンスが極めて高いと思っています。
原価が高いお酒ではないのですが、外で飲むと高いですねえ。
それでも、置いてあるお店が少ないので、料理が美味しいお店であれば、注文してしまいます。
お店によって保管状態が違うので、ハズレを引くとものすごくがっかりします。
そして、「黒龍」で一番好きなのは何かと問われれば、とても高価ですが、私は「八十八号」を挙げます。
ある年に飲んだ「八十八号」は抜群の出来でした。
その印象がいつまでも残っているのでしょうね。
「八十八号」は、「黒龍酒造」曰く、「山田錦高精白米使用の大吟醸、中でも特に良く出来上がったものは容器八十八号に集められました。容器番号より「八十八号」と名付けました。」というお酒です。

他に好きな蔵として、「東一」「磯自慢」などがあります。
「東一」は佐賀の蔵ですが、「雫搾り 純米大吟醸」が美味しいですね。
綺麗な旨みが特徴です。
人によっては、旨みが強すぎると感じられるかもしれません。
こちらの蔵の場合、「純米吟醸」だとイマイチですので、飲むのであれば、「雫搾り 純米大吟醸」をお薦めします。
このように同じ蔵のお酒でも、お薦めのものとそれほどではないものがあるのも日本酒の特徴です。
「東一」は「黒龍」ほど有名ではありませんが、最近は人気が出始めて、はやりプレミアがついています。

「磯自慢」は静岡の蔵です。「純米大吟醸中取り35」が美味しいですが、とても高価です。
こちらの蔵も、品質を維持するために造るお酒の数が限定されていて、とても人気があるので、なかなか手に入りません。
綺麗で、上品なほのかな甘みが特徴です。
とても良く出来たお酒だと思います。

いずれにしても、私の好きな蔵のお酒はどれもかなり入手困難で、なおかつプレミアがついてしまっています。
どの日本酒も、普通の純米吟醸酒とは数段レベルが違うと実感出来るほど大変素晴らしいものなのですが、気軽に晩酌で飲めないのがとても残念です。

そこで、現時点ではほとんどプレミアがついておらず、人気が出てきたとは言え、比較的手に入りやすい日本酒をご紹介します。
それは、埼玉の「麻原酒造」の「琵琶のさざ浪」です。「特別純米酒」が安くて美味しいのですが、有名になってしまって品薄のようです。
蔵曰く、「フルーティーで飲みやすく、香りの良さとスキッとした、爽やかで端麗な飲み口、深みのある旨さのハーモニーを実現いたしました。」というお酒です。
私には少し甘く感じますが、確かに綺麗な味のする美味しいお酒だと思います。
「特別純米酒」は手に入りにくくなりましたが、あまり変わらない値段で、「純米吟醸」が購入できますので、こちらをお薦めしておきます。

以上の日本酒については、全てHPにリンクが貼ってありますのでご興味のある方はそちらをご覧下さい。
また、長くなってしまったので、焼酎については次回書かせて頂きます。
しかし、日本酒は美味しいものが見つかるとすぐにプレミアがついてしまうので、本当に困っています。

適正価格で入手しやすい日本酒を新たに見つけなければなりません。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2008-01-17 23:45 | グルメ  

<< My Favorite Thi... My Favorite Thi... >>