お菓子遺産

先日、関西ローカルの深夜番組を見ていると100年後に残したい「お菓子遺産」を一般の方にアンケートを取って放送していました。

私は、それほどお菓子を食べるほうではありませんが、家で飲む時は食事が終わった後でもダラダラ飲むので、その時のためにお菓子を買ってきていることがあります。
私の一番好きなお菓子は後で書かせて頂くことにして、ベスト3に選ばれたお菓子を紹介しましょう。
但し、関西ローカルですので、関西の傾向が出ていると思います。

3位は、カルビーの「じゃがりこ サラダ味」でした。
残念ながら私は、味の記憶がほとんどありませんが、女子高生で主食にしている方がいるほどの人気商品のようです。
ゲストの女性やお菓子好きの方の話だと、新しく出た「ジャガビー」の方が美味しいという意見がありますが、根強い人気があるのでしょう。
近いうちに、両方とも食べてみたいと思っています。

2位は、カルビーの「ポテトチップス うす塩味」でした。
「コンソメ味」が出てから人気が二分されていると思っていましたが、こちらの方が今も人気が高いようです。
学生時代、誰かの部屋で飲み会をする時には、必ずと言っていいほどありましたね。
学生の時は、なぜ飲むだけで楽しかったのか不思議です。
ストレスもあまりありませんし、酔っ払ってわけのわからないこと言っているだけで楽しかったのでしょうね。
私は、最近はあまり自分で購入することがないので、「ポテトチップス」というと学生時代を思い出してしまいます。

1位は、予想通りカルビーの「かっぱえびせん」でした。
お菓子の王道ですね。
偶然ですが、「かっぱえびせん」の名前で販売が開始された年が私の生まれた年のようです。私が最も好きなお菓子の一つです。
確かに「やめられないとまらない」味ですので、食べ過ぎて気持ち悪くなる時がありますが、素直に美味しいと思います。

随分前に、美味しいものが好きな仲間同士で「茅場町 みかわ」で早乙女氏の究極の「海老の天ぷら」を食べた後で、某Hが「美味しいかっぱえびせんを食べたみたいだ。」と表現して、散々批判したことがありますが、実はこの表現は決して的外れではありません。
「かっぱえびせん」が海老の美味しさのポイントを上手く表現していることは確かです。
もちろん、本物の海老の味とは異なりますが、上手くイメージを醸し出していることは確かだと思います。
また、このようなことを書くと「早乙女氏の天ぷら」と「かっぱえびせん」を同一視したと批判されそうですが、あくまでもイメージの問題です。高級天ぷらとコンビ二で購入できるスナック菓子を同一視することなどありえない話です。

さて、私には「かっぱえびせん」と同じくらい好きなお菓子があります。
恐らく、買った回数では人生で一番多いのではないでしょうか。
今も酔っ払ってコンビニで買うお菓子としては、圧倒的に数が多いですね。

それは「ベビースターラーメン」です。
いつから食べ始めたかわかりませんが、かなり小さい頃から食べていたと思います。
スナック菓子ですが、ソウルフードに近い存在ですね。
現在は、「焼きそば味」「うどん味」「とんこつ味」など海外販売も合わせると10種類以上の味があるようですが、私が好きなのは元祖の味である「チキン味」です。

小学校の低学年か幼稚園の時だったと思いますが、知り合いの家に泊まった時に、夜ラーメンが食べたいと言い出したことがあったようです。
私の生まれたところには、幻と言うべき究極のラーメンを出す屋台があり、幼稚園の頃から夜中に夜食としてラーメンを食べる習慣があったので、遅い時間にラーメンを食べたいと言い出したのでしょう。
知り合いのお姉さんは、随分困ったようです。
食べたいと言い出したら、満足するまで言い続ける子供だったようですから。
インスタントラーメンもまだ珍しい時代だったので、家にはなかったのでしょう。
そこで、その時にあった「ベビースターラーメン」にお湯を入れて、ラーメンを作ってくれました。
要するに日清食品の「チキンラーメン」をイメージして、ラーメンを作ってくれたのでしょうが、子供ながらになんとか工夫してラーメンを食べさせてくれたのがとても嬉しかったですね。

実は、「ベビースターラーメン」は製造元の「おかしカンパニー(当時は松田産業有限会社)」が日本初のインスタントラーメン「味付中華めん」を作ったにも関わらず、営業的には失敗したことから誕生したお菓子ですから、その意味では本来の食べ方をしたとも言えます。
「おかしカンパニー」としては、インスタントラーメンの失敗後、すぐに日清食品の「チキンラーメン」が爆発的に売れたのを見ながら随分くやしい思いをされたことでしょう。
各社が「チキンラーメン」の類似品の開発に躍起になっている時に、お湯をかける前の「味付中華めん」が美味しいことに注目して、そのまま食べることを前提に商品開発したところが大きな転機になったようです。
おかしカンパニーは、今も三重県の津市に本社を置く会社ですので、最初は中部三県(愛知県、岐阜県、三重県)で販売されたと思われますが、いつの間にか全国区のお菓子になっていました。
東京で、セブンイレブンで「ベビースターラーメン」を見つけた時には驚きと共に嬉しさが込み上げてきました。

このブログを書いているすぐそばにも「ベビースターラーメン」が置いてあります。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-11-09 01:12 | グルメ  

<< 仙台四郎 モスバーガー Ⅱ >>