いろいろな経歴と飲食店経営

「脱サラ」という言葉が聞かれなくなって、随分月日がたったように思います。
「脱サラ」自体が全く珍しくなくなったからでしょう。
飲食店経営も、大きな会社がチェーン店をやるとか、親の後を継ぐといったパターンが多いでしょうが、「脱サラ」という場合が相変わらず増えていると思います。

その中でも一番多いのは恐らく「ラーメン屋」を始めるというケースでしょう。
「ラーメン」は比較的料金設定が安い食べ物ですし、マスコミの情報も圧倒的に多いと言えます。
所謂「ラーメンマニア」と呼ばれる方々の数も多いので、趣味が高じて自分自身で究極の「ラーメン」を作ってみたいと思われるのでしょう。
どんな料理も基本的な修行が必要ですが、「ラーメン」だけは自我流で研究を重ねられる方が多いと感じています。

ただ、「ラーメン」は非常に難しい食べ物です。
行列店があり、有名なオーナーが頻繁にテレビや雑誌に登場するので、比較的簡単に人気店になれる、或いは一旗揚げてやるという気持ちが高揚しやすいのでしょうが、そう簡単にはいきません。
好みが分かれ過ぎるからです。
化学調味料の量が比較的多いスープが好きな方もいらっしゃいますし、ほとんどない方が良い方もいらっしゃいます。
スープの味もさまざまな種類がありますし、どのようなラーメンが受けて、行列店になっていくのが見えにくい分野だと思います。

従って、所謂「脱サラ」をされても、うまくいかないことの方が多いようです。

さて、そのような全く異なる業界からの転身ではなく、あるジャンルの飲食店で修業された方が、全く異なるジャンルの飲食店を始められる場合がありますが、このやり方は成功してい場合が多いのではないかと、漫然と思っています。

多いのは、中華料理の修業をされた方が、定食屋をやられるとか、フレンチの修業をされた方がラーメン屋や洋食屋をやられる場合でしょうか。

特に中華料理から定食屋とパターンは美味しお店が多いように感じます。
本格的な中華のエッセンスが入った定食を廉価で食べられるからかもしれません。
フレンチからラーメン屋という場合も美味しいお店があります。
私の大好きな「麺屋ごとう」などその典型ですね。
とても繊細な「つけ麺」を提供して下さっています。

○○一筋というのも素晴らしいですが、いろいろな経験、知識を活かして異なったジャンルでその集大成をされておられる方々にも私はとても魅力を感じます。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-10-21 12:02 | グルメ  

<< ブルータス、お前もか ときめきトゥナイト >>