EXILE

最近は、部屋でのBGMでジャズやボサノバを聴く以外は、ほとんど積極的に音楽を聴くことがなくなりましたが、10代から20代にかけては、かなり音楽に拘っていました。

AORやR&Bが好きですが、元々は今でいうJ-POPも大好きでした。
高校時代は、とにかく山下達郎、南佳孝、佐野元春をかなり聴き込んでいましたし、久保田利伸やDREAMS COME TRUEが出てきた時には、日本人でこんなに歌が上手いボーカリストがメジャーになるんだと驚きました。
実際に、その頃は車でこの二組のミュージシャンの曲ばかり聴いていました。
宇多田ヒカルにもびっくりしましたね。
デビューアルバムは何十回と繰り返して聞きました。
平井堅やMISIAもそうですねえ。

そして、やはり歌が抜群に上手いなあと思うのは、CHEMISTRYです。
ASAYANの男子ボーカリストオーデションで合格してデビューした二人ですが、半端じゃなく歌が上手いので、一発屋ではなく、日本代表するボーカリストへと上り詰めていきました。
プロデュースも素晴らしくて、ご本人たちの努力もあったのでしょうが、今なお活躍しているのを拝見すると、日本の音楽界というのは、この20年で本当にレベルが上がったなあと感じさせられます。

このCHEMISTRYに後一歩のところで、なりそこなったのが、EXILEのATSUSHIです。
最後に残った3人の中でも一番歌が上手いと言われていたのに、落選してしまいました。
とてもかわいそうでしたね。
デュオではなく、ソロの方が向くだろうということで、落選したのですが、その彼がEXILEというグループのしかもダブルボーカルでデビューした時は少し驚きました。

先日、いつもは見ない「めちゃイケ」をたまたま見ました。
岡村隆司がEXILEのコンサートに出るという企画でしたが、番組を通して、EXILEが非常にストイックでプロ意識が高いところが強調されていました。
テレビなので、どこまでが本当なのかわかりませんでしたが、EXILEの好感度がかなり上がる番組でした。

ところで、その番組で、EXILEのメンバーが岡村隆司の歓迎会をやるのですが、そのお店が三宿の「松屋」でした。
酒豪ぞろいのEXILEですから、普段は違ったところ飲んでいるのでしょうが、たまに「松屋」で食事をするというのは本当のような気がしました。
常に原点を見つめるために、お金が無かった頃や苦労した時を思い出すというのは良いことだと思います。
そんな時に、記憶を呼び起こすツールとして「食」というのはとても重要な要素なのでしょう。

EXILEにとっては、それが「松屋」なんでしょうね。
食べている様子を拝見して、テレビの企画だけではないものを感じました。
私もお金が無くて、「吉野屋」へ行けずに「松屋」に行っていたという時代があったので、なんとなく自分自身の過去を思い出してしまいました。

歳を重ねていくと、EXILEにとっての「松屋」のような存在が誰にでも1軒くらいはあると思います。
そんなお店が何十年後にも残っているのを知ると感動しますし、伺いたくなりますね。
今は神戸に来てしまっているので出来ませんが、私は東京に行ってから何度も引越していますので、そんな思い出のお店を巡ってみたいなと随分前から思っています。

いつか実現させたいですね。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-10-08 13:57 | グルメ  

<< 飲食店経営 上沼恵美子 >>