「本当に美味いワイン」を飲む方法

以前にも書かせて頂いたかもしれませんが、日本酒、焼酎に関しては、これまでに飲む機会が多く、それなりに拘ってきましたが、ワインについては、あまり詳しくありません。

チーズやカラスミが好きなので、それらを食べる時には必ず赤ワインを飲んでいますが、ワインはあまりにも種類が多すぎるうえに、大量に買い込んでおかないと同じものを再度購入するということが難しいので、気に入ったものを常に飲むことができないというのが悩みでした。
したがって、いつも行き当たりばったりで赤ワインを買っていますので、試飲ができる場合以外は、「ハズレ」を引くことが多く、飲みたいというモチベーションが強く湧いてくることがありません。

元町の大丸で、たまにワインの試飲ができる場合があるので、その時には、「アタリ」を見つけて、好きなチーズやカラスミを買って、家で楽しむことができますが、いわゆるお酒のディスカウントショップでは、保管の状態も良くないことが多いので、買ったワインの本来の味を楽しめていないのではないかと感じています。

信頼できるフレンチレストランに伺えば、美味しいものが頂けますが、5,000円程度では、原価の関係上、本当に納得できるものは頂けませんし、1万、2万円するワインを注文するのは、あまりにもリスキーですので、なかなかできません。

したがって、決して嫌いなわけではないのですが、食好き、酒好きの私がワインだけは、これまで探究することが全くありませんでした。
結構、飲んでいるものを、これだけ探究しないというのは私にしては極めて珍しいことです。

さて、いつまでも知らないと楽しみが半減しますので、そろそろワインの勉強をしなければなあと思っている時に、ふと元町で見つけたワイン専門店のことを思い出しました。
とても高級感のある店構えで、まさにいい感じなのですが、なにせワイン音痴の私としては、このような高級ワインばかり置いていそうなお店に入っても何もわからないだろうと入ることをためらっていました。
ところが、この時は、そのお店のすぐ近くにいたので、伺ってみることにしました。

中に入ると想像していたとおりの雰囲気で、私好みのお店でした。
高級ワインばかりかと思っていましたが、2,000円から3,000円のものも豊富にあり、もっと前に気軽に入れば良かったなあと思いました。
オーナーらしき男性は、はっとするようなイケメンで、この方を目当てにリピーターになっておられる女性もいらっしゃるのではないかと思います。

その日は、幸運にも試飲ができるとのことでした。
3品は無料で、2品はグラス300円で、1品はグラス500円で試飲できました。
最初、無料の赤ワインを試飲したところ、けっこう美味しかったので、値段を聞いてみたところ、1,900円とのことでした。
値段の割には美味しいと感じたので、更に300円のワインも試飲することにしました。
私の予想では、3,000円位の値段です。

「コサール スクレ No2」

美味しい。本当に美味しい。
最近飲んだ赤ワインの中ではダントツに美味しかったですね。
値段を尋ねると予想通り2,900円でした。
ワインのことはよくわかりませんが、味を評価する基準はどのようなものでも同じです。
とにかく、奇麗な味がするか否かが最も重要です。
要するに、不快感を感じるような嫌な味がなければないほど、奇麗な味と感じます。
綺麗だと、その飲み物、食べ物の本来の味が、はっきりとわかりますので、そこで、更に好きな味、そうではない味という判断が行われるのです。
本当は、そこまでのレベルに至って初めて好みというものがはっきり出るものだと思っています。
ただ、奇麗であれば、雑味を感じないということですので、私は、基本的にはどんな味でも、とても美味しいと感じます。
例えば、私は缶詰のグリーンピースが死ぬほど嫌いですが、それは、嫌な味、嫌な臭い、嫌な風味を強く感じるからです。
美味しい生のグリーンピースであれば、料理で使われていても美味しいと感じます。
あるお店で、「グリーンピースのポタージュ」が出されましたが、とても美味しく頂きました。

話が長くなりましたが、とにかく綺麗な味のするワインで、恐らく赤ワインが本来持つ美味しさを十分堪能できたのだと思います。
ちゃんとワインの味がしました。
味に深みがあるのです。
その場で購入して、そごうでカラスミかチーズを買おうと思いました。

お会計の時、イケメンオーナーに、「なかなか美味しいワインが見つけられないのですが、試飲ができるのは良いですね。500円の方はもっと美味しいのでしょうねえ。」と言いました。
オーナーいわく、
「ワインはお好みがあるので、料金が高ければ必ず気に入って頂けるとは限りません。
値段がそれほどでなくても、きちんとした保管がされていれば、美味しいワインを召しあがって頂くことはできます。美味しいワイン選びは、ワイン自体を選んで頂くよりも、お店を選んで頂くことがポイントだと思います。」

なるほど、お店選びが下手で、美味しいワインにありつけなかったのですね。
イケメンオーナーの玉言です。
これからはいつも美味しいワインを飲むことができます。

お店の名前は

Jeroboam

「本当に美味いワイン」が購入できるお店です。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-08-29 23:27 | グルメ  

<< どびん 新たなる歩み Bier >>