絞り込む!

阪神競馬場に行ってきました。
年に2度しかないグランプリの一つ、宝塚記念があったからです。
GⅠ馬7頭、史上最高メンバーの宝塚記念と言われましたが、ドリームパスポートとスイープトウショウが出走していたら、間違いなく、史上最高メンバーだったでしょう。

そんな、宝塚記念を友人のおかげで、来賓席でゆっくりと見させて頂くことが出来ました。
いつもは1レースからやるのですが、いろいろと疲れきっているので、お昼頃に行きました。
京都競馬場と違って、阪神競馬場はリニューアルされているので、来賓席のフロアも綺麗で気持ちがいいです。
席は、ほぼゴール前、最高の席でした。
午後からのレースを楽しみましたが、あまり真剣になれなく、全く当たりませんでした。
刻々と宝塚記念の時間が迫ってきます。
いつものように、メインの直前のレースは、馬券を購入しないでじっくりと考えました。

ところが、宝塚記念の馬券を買う気が全く起こらないのです。
負け続きが原因ではありません。
あまりにもメンバーが豪華な上に、雨が降ってしまって、何が来るのか全く見当がつかなくなっってしまったからです。
競馬に興味がない方には申し訳ありません。少しお付き合いしてください。

雨が降ると、競馬は全くわからなくなります。雨に極端に強い馬と弱い馬がいるからです。
雨そのものよりも、ぬかった力のいる馬場が得意な馬と下手な馬がいるのです。
特に、今の阪神競馬場は、非常にスピードが出る馬場で、差し馬(走っている途中では、比較的後ろに位置取りする馬の事です。)が有利と言われている中で、雨が降っていると、状況が逆になるからです。
要するに前に位置取りする馬が有利になるということです。
ただでさえ、豪華メンバーで、何が、1,2着にきてもおかしくないのに、雨のことまで計算に入れなければならないので、もうわけがわからなくなってしまいました。

宝塚記念の馬券を買うために、阪神競馬場まで来たのですが、その宝塚記念の馬券の購入を諦めた時に、ふと思いました。
「自分は、いつも料理のことで、シンプルイズベストみたいなことを言っていたはずだ。特に、ラーメンなどで、あれもこれもといろいろと素材を入れすぎて、こねくり回したラーメンは、美味しくないと。」

最近のラーメンに特に多いのですが、焦点が定まらない料理というのは、決して美味しくありません。
本物を集めれば、2、3通りの組み合わせで、素晴らしいシナジーが発揮されることがありますが、それ以上の数となると、お互いの個性が相手の個性を邪魔して、美味しい料理ができません。

「絞込む!」

これしかないと思いました。
真剣に考え始めると、ヒントは、二つ前の9レースにありました。
雨の阪神競馬場で、テンシノゴールドという強い馬が、道悪が苦手という予想をされながら、一番後の位置取りで、直線一気に差し切っていたのです。
他のレースでは、ほとんどが前残りでしたが、このレースでは、強い馬が、自分の競馬をして、本当に強い勝ち方をしたのでした。

史上最強の豪華メンバー、雨の道悪、牝馬のダービー馬。
言葉に踊らされていたのです。
要するに、この程度の道悪であれば、特別雨が苦手でなければ、強い馬は差せるはずだと考えました。
今、一番強い馬は、古馬では、メイショウサムソンとダイワメジャーとアドマイヤムーン。有馬記念2着のポップロックも強い。3歳牝馬のダービー場ウオッカは底知れぬ可能性がある。
要するに他にも1着はともかく2着にきそうな馬は山ほどいましたが、強いのは、この5頭。
ダイワメジャーは、マイナス16キロで、切ることができました。
あと4頭のうち、3頭に絞って、ボックスで買おうと決めました。
4頭ボックスだと6点、3頭だと3点。
要するに使おうと思っているお金を1点につき倍使えるので、当たった時の配当が大きいのです。
ここで、切ったのは、ポップロック。
最近、武豊が全然乗れていないこともありますが、ポップロック以外の3頭、どれを切っても後悔しそうだったからです。

ダービー馬で斤量が古馬の牡馬よりも7キロ有利なウオッカは切れません。道悪はマイナスですが、切ったら後悔します。
メイショウサムソンとアドマイヤムーンでは、アドマイヤムーンの方が私の評価は上です。
しかし、メイショウサムソンは、3歳時の2冠馬で、今年の春の天皇賞馬です。
両方とも切れません。
結局、この3頭の馬連のボックスと3連複を買いました。

ウオッカはとびました。
直線伸びず、歴史的偉業の達成はありませんでした。
しかし、1着アドマイヤムーン、2着メイショウサムソン。
シンプルに考えれば、この2頭なのです。
全く、不思議ではない馬券。
ところが、豪華メンバーで人気が割れて、雨も降って、皆さん迷いに迷ったようです。
配当は良かったですね。3点で、絞って買いましたから。

レースが終わった後、友人に私は言いました。
「最後に、逆転打で儲けさせてもらったけど、今年の春のGⅠの中では、極めて普通の馬券だったね。みんな取ったでしょう。」
「確かに、強い馬が勝ったけど、豪華メンバーで、競馬記者ですら、皆迷っていたから3頭に絞って取った人はほとんどいなかっただろうね。」

「縛り込む!」

大切なことだと思いました

というよりも、これは競馬ファンに対しては、単なる自慢話です。
終わり。

P.S.

メッキに関しては、意外なことにかなりの反響を頂きました。
高級店で、嫌な思いをされている方が多いのですね。
これについては、お店の名前を匿名にして、何かの機会にまた書きたいと思います。

高級店での失礼極まりない接客に対して、私は心から憤りを感じます。
常連とそうではない人とで、同じ料金をとりながら、違うレベルの素材を使っているお店すらあります。
偽造牛肉ミンチの問題と同じで、一部の高級飲食店では、想像もできないようなひどいことが行われています。
多くの方が、大絶賛して、私に嫌がらせのメールを送ってきているような超有名な鰻店でも、考えられないことが行われています。
味の好みの違いはともかく、人間が食べる物としてまともではない物を食べて、それが自分の口に合ったからといって、合わないと言っている人を誹謗中傷するのはいかがなものでしょうか。
ここまでの話となると味の好みの問題ではありません。
実態を知れば、食べることに嫌悪感を覚えるような物を美味しいと思っていること自体は、ご本人の自由だからなんら問題はありません。
しかし、そうだからといって、全く見知らぬ人を誹謗中傷するのはお止めになった方がいいでしょう。
そのような事実を知ったら、その方は、いったいどのような説明をされるのでしょう。

業界関係者、そのお店の常連の方からの心無い誹謗中傷は常にあります。
しかし、結局は自然淘汰だと思っています。
わけのわからない誹謗中傷をしても、問題ある接客の瑕疵は絶対にリカバーされることはありません。
そのような接客のお店が、競争の激しい、この世界で生き残れるほど世の中は甘くないと思っています。
また、他人を誹謗中傷するようなレベルの低い常連しかいないお店が、世の中に認められるわけがありません。
有名になったので、今なお繁盛しているお店はありますが、そのようなお店にゴーイングコンサーン(企業継続)などありえません。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-06-25 01:53 | グルメ  

<< パワーブロガー メッキ >>