向上心

私は、よく飲食業の接客のことを書きますが、それは、お店のオーナーのやる気からもうかがえるものだと思っています。
味、量、料金、接客、雰囲気、どれも大切なものですが、これらを企業努力でどこまでレベルの高いものまで引き上げるかということがとても重要です。

どれも、大切だと思いますが、やはり勝負は味でしょう。
素材、技術、手間、いろいろな要素で味は決まっていきます。

料金も大切です。
これくらいの料金はとれそうだと大雑把な料金設定をするお店も多いようですが、それでは駄目です。
大手のチェーン店のように、細かいコスト計算をする必要はないにしても、どのレベルの料理をどれくらいの量で出すのが適当かというマーケティングぐらいは、やるべきでしょう。
こんなもので、こんな料金をとるのと驚かされるお店に出会うことがあります。
全く何も考えていないのでしょうね。

また、いくら見た目が良くて、それなりの素材を使っていても、量が少なすぎるのは駄目です。
特に、私はたくさん食べて、たくさん飲みますので、量が少ないとかなり高くつきます。
焼酎などは、ボトルで入れられないと、一杯の量が少ないところがほとんどですから、満足できるだけの量を飲むことができず、フラストレーションがたまります。

このように、味、量、料金で飲食店の評価は決まってきますが、世間で流行っているお店は、味がそこそこでも、接客が良いところが多いですね。
私の場合は、料金設定に合わせて、それなりに高いレベルの接客を求めます。
お客に失礼なお店は論外ですが、高級店でなければ、それほどうるさいことは言いません。

それに加えて、雰囲気ですね。これは、TPOによって変わりますが、重要なのは、飲食店ですから、不衛生な店は駄目です。
私は、お店に入って、厨房が見える場合は、かなりしっかりとチェックします。
厨房が汚いお店は論外です。
お店自体の造りが古くても、きれいにしていれば問題はありません。

さて、これらの要素を全て完璧にすることなどできませんので、そのバランスをどうするかで、お店の価値というものが決まってくるのでしょう。
すると、オーナーのお店に対する気構えというものが、そこには反映されてきますので、すぐにそれを感じ取ることができます。
やる気のあるお店だな、やる気のないお店だな、とすぐに感じます。
会社などもそうですね。
入った瞬間に、うまくいっている会社かそうでないかは、感じることができます。

これは、要するにオーナーの仕事に対する向上心の表れだと思うのです。
ある程度の成功で、向上心のなくなる方もおられますが、オーナーがそのような人だと、一度成功しても、お店はどんどん寂れていきますね。
飲食店は、特にその変化が激しいように思います。
実際に、「前に、来たときはこんな雰囲気じゃなかったのに。」と感じた時は、だいたい、味も落ちています。

しかし、この向上心を持ち続けるというのは、ずいぶん大変なことです。
生活が苦しい時、あるいは達成可能な目標がある時は、向上心を持って、がんばることは難しくありません。
難しいのは、生活が安定したり、やりたいことの大部分をやれてしまった時です。

ここで、現状維持に走ると、今の時代では、必ず落ちていきます。
少しづつでも上がっていかないと現状維持では、総体的に下がってしまうのです。

そこで、がんばろうと向上心を持って挑む方がおられるのですが、これほどの地獄はありません。
達成しても、達成しても、次から次へと目標が出てきますので、エンドレスの模様を呈します。
また、向上心を持っていると言うことは、常に物事を楽観視できないということにつながります。
向上心のある人は、いつもパワフルで、楽しそうに前を向いて歩んでいると思われがちですが、大間違いです。
向上心を持つということは、あれもこれもそれも全く出来ていないということを自己認識することから始まりますから、大変な苦悩を伴うのです。
自分が出来ていないことをしっかりと受け止めて、その上で、その出来ていないことをいかに出来るようにするかを考えるわけですから、これはつらいですよね。
物事を楽観視することなど一切できません。
目的を持って、更なる上を目指すということは、何もかも出来ないというところからスタートするからです。

ただ、向上心を持つこと自体が、必ずしも人生にとっていいとは限りません。
持つのも持たないのもその人が選ぶことですし、持ち続けたことにより不幸になるということもあるからです。
まさに、人生いろいろです。

美味しいものが食べたいという自分の欲望を満たすために、ブログで好き勝手なことを書くというのも、飲食店の方にとっては、迷惑な話だと思います。
向上心のある方でしたら、人の意見は参考にしたいと思うでしょうが、そうでない人からすれば、うっとうしいだけですからね。
ただ、私の文章はそれほど多くの方に読まれているわけではないので、影響力はありません。
そして、嫌な方は、私の文章を読まなければいいのです。
何故か、いつもよく読んで下さっているので、不思議でたまりません。
仕事と同じことです。
嫌なら辞めればいいのと同様、私のどうでもよい文章など、読まなければいいのです。
向上心がなければ、ただ、気分が悪くなるだけでしょう。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-06-04 08:27 | グルメ  

<< 化学調味料の功罪 Vodka Gimlet >>