さつま

私の場合は、結局どこかで夕食を食べてから帰るので、書きたいお店のレビューが山ほど貯まっています。
何でもかんでも書く必要はないのではというご意見もありますが、自分自身のための記録でもありますから、どうしても全て書いておきたいのです。性分ですね。
以前はいい加減に処理していたために、何百軒とデータがないお店があるので、今後は取りこぼしなしでいきたいと思っています。
今日、明日は、午後から仕事なので、どれくらい書けるか分かりませんが、いつものようにパソコンの前で眠ってしまわなければ、今晩から明日の朝にかけて、とりあえずどうしても書いておきたいお店だけは、全てアップしようと思っています(でもベッドとソファーのセッティングもあるなあ)。

東京を離れ、「どびん」なき神戸でどうしたものかと思っていましたが、家から徒歩30秒のところに安くて美味しい焼き鳥屋の名店を見つけましたので、とりあえず、休みの日の食事に困ることはありません。
隣にある焼肉屋も隠れ名店として有名なようですし、焼肉であれば、少し離れていますが、大変素晴らしい名店をみつけましたので、「肉系」に関しては安心しています。
やはり、問題は「魚介類」です。
今のところ、三宮の「三平寿し」一本かぶりの状態なので、デイリーユースのお店で、「魚介類」の美味しいお店を見つけたいですね。
鯛が美味しい季節だし、東京へ帰って「小笹」にでも行きたいなあ。
東京出張がありそうなので、時間が許せば是非伺いたいと思っています。「兼定」「はしぐち」も行きたいですね。

さて、松坂がレッドソックスに行ってしまった西武のように、「どびん」を失ってしまった私ですが、その代わりに頻繁にリピートしそうなお店が、神戸駅のすぐ近くに見つかりました。
「魚介類」がほとんどないのと、汁系に化学調味料が若干多いかなと感じところがマイナス点ですが、それ以外は完璧と言えるお店です。
とにかく、美味しい料理やお酒をリーズナブルな料金設定で楽しめるというのは、私が常々申し上げている理想ですからね。

お店の名前は「さつま」と言います。
ひらがな三文字に縁があるのでしょうか。
そう言えば、ひらがなではないですが、「味壷」も音が三文字ですね。
なるほど、競馬予想の数字ではないですが、懸念になっている「魚介類」が美味しくて安い居酒屋は「○○○」と三文字で探してみると良いかもしれません。

話がそれましたが、このお店については、既に食べログに書いていますので、ご覧になって頂いている方も多いかと思いますが、間違いなく名店だと思っています。
狭くて、小さな居酒屋ですが、客層も良いですし、やはり探せば素晴らしいお店はありますね。

昨日は、常連の方とお知り合いになれて、とても楽しい週末を過ごさせて頂きました。
某新聞社の論説委員の方と女性JazzVocalistの方(かなりの美人ですよ。マリアンにも似てるかな)でしたが、「どびん」の時のように、いろいろな方とお知り合いになれそうです。
これからも、Blogで「どびん」のように「さつま」のことを書かせて頂くことが多くなりそうですね。

でも、T!やはり一番は「どびん」だよ。電話がないと怒っているという噂を聞くので、今晩あたりお店の終わる時間を見計らって、お店に電話します。
でも、Tが携帯を持ってないから、連絡できないのですよ。
と言ってもネットを見れないから、伝わらないだろうなあ・・・・・・。

P.S.
そうそう、Dセンター時代のA君、今度結婚するそうですね。おめでとう。
どんな女の子と結婚するのかな。
東京を離れる前にT君とIさんには、「どびん」で会えたけど、A君には会えずに残念でした。
いずれなんかの機会に会いましょう。
落ち着いたら、人が泊まれるようになるので、一度神戸にも遊びに来て下さい。

とんしの「本当に美味いもの」HP
随時、更新していますので、新着情報をご覧頂けると幸いです。

とんしの「本当に体に良いもの」
よろしければこちらも併せてご覧頂けると幸いです。

「本当に美味いもの」が知りたい」
「徒然庵 -食ックな雑談コミュ-」
こちらのブログは、ブログというよりは、エッセイのようになってしまいました。従って、毎日更新することが極めて困難になっています。
そこで、本当の意味での日記を書いて、より多くの方とのコミュニケーションをさせて頂きたいと思い、mixiで2つのコミュニティを立ち上げさせて頂きました。
思ったことをすぐにメモ代わりに書いていますので、頻繁に更新しています。宜しければ、いらっしゃって下さい。

更に食べログにも、日記を書き始めてしまいました。食べログに関することは、こちらに書かせて頂きます。
書きたいことが山のようにありますので、棲み分けをさせて頂いています。
[PR]

by direct3935 | 2007-02-17 11:04 | グルメ  

<< ちょっとだけ 土曜日の神戸の夜 >>