今時の食べログの使い方 No.407

最近、食べログのレビュアーではなく、ヘヴィーユーザーの方々のお話を聞く機会が大変増えています。
そこで、いらっしゃるお店を選定する基準を聞かせて頂いたところ、点数自体はあまり信頼していないということでした。
ちなみに、ミシュランも参考にすることはあるけれども信頼してはいないという方が多いです。
何を基準にされるかと言うと過去の経験上、自分と評価がほぼ一致しているということで信頼していらっしゃるレビュアーの方の点数と書いてある内容を詳しく検討されるようです。
また、あまり知らないレビュアーの方が良い点数をつけている時は、ほかのお店のレビューとその内容を詳しく検討されるようです。
実は、僕はレビューを書く割には昔から食べログをユーザーとしてはあまり使ってこなかったのですが、何かの理由で伺おうかと最終選定に入った段階では食べログを参考にさせて頂きます。
その時にはヘヴィーユーザーの方々と同じことをしています。

ただ、僕の場合にはそれとは別に同じくらい重きを置いていることがあります。
それは、そのお店に対する悪い評価です。
有名店、人気店なのに失敗したということがないように防備する方法はこれしかないのです。
特に、味について反対意見を述べられていらっしゃるものは非常に詳しく読まして頂きます。
もちろん、なんらかの意図で最初から悪意をもってそのお店の評判を下げようとしているものもありますが、そのあたりはきちんと行間を読めばわかるでしょう。
いずれにしても、低い評価というものはとても貴重なので分析する必要はあるのです。
結果的にどう考えるかは個々の判断になるでしょう。
だから、僕もレビューを書く時、評価を低くした場合にはその理由を明確に書くようにしています。
当たり障りのないことを書いていれば、アンチの方々もいらっしゃらないのでしょうが、それはそのような方針で20年くらいレビューを書いているので変えることができないようです。
食べログはいろいろな問題点が出てきていますが、絶対的に信用してしまうツールと考えると危険ですが、行間を読むように上手く使えば非常に有用なツールにもなりうると思っています。
ご参考にして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
   ↑ ↑ ↑
※今日のブログを読んで頂いておもしろいな、少しは役に立ったなと感じられた場合に、クリックして頂けるとうれしいです。

とんしの「本当に美味いもの」食べログ
[PR]

by direct3935 | 2015-06-26 22:30 | グルメ  

<< 超食通の方々 No408 良心的なお店 No.406 >>