兼定 No.381

僕にとっては両極端な高級鮨屋について書かせて頂いたので、次は違うジャンルにと思いましたが、おもうところがあるので、このまましばらく高級鮨屋シリーズにします。

兼定

関西の方には、全くなじみがないので、ご存知の方はほとんどおられないでしょう。
以前は、本当に無名で、マスコミにもほとんど登場しませんでしたが、食べログレビュアーの方の文章を拝見すると例の星を取られたようですね。
無名時代も予約を取るのは難しかったのですから、もう無理でしょう。
このお店のキーワードは、あるレビュアーが書かれておられる通り、高級鮨屋的な居酒屋です。
握りよりつまみへの評価の方が圧倒的に高いという特徴があります。
高級鮨屋のつまみと握りについては、また他の機会に書きますが、僕はかなり飲みますし、つまみもいっぱい、握りもいっぱい食べたい人なので、高級鮨屋的な居酒屋が好きなのです。
そして、このお店は、高級鮨屋特有のいやな緊張感とか威圧感とか俺の料理は黙って食って早く帰れ的なものが一切ありません。
他のお客さんに迷惑さえかけなければ、好きなように飲んで好きなように食べて、帰れば良いのです。
但し、狭いお店でカウンターに座りますから、隣に有名人がいて緊張するのはその方の責任です。
それは、小笹もすきやばし次郎も同じ状況ですが。
握りは酢が効いていないとよく言われます。
小笹と同じです。
これは好みの問題ですが、究極の食材を握る場合は、シャリの酢が強いと僕は駄目です。
酢で旨みを引き立てなくても、十分すぎるほど究極の旨みが浮き上がっている食材ですから、場合によっては酢は邪魔になります。
僕は、ひらめはもちろんのこと、ふぐも酢で食べるのが嫌いですから、同じような感性をお持ちの料理人がいらっしゃるということです。
あと、こちらの握りはまるっぽくてぽちゃっとしていて大きいです。
高級鮨屋の握りはかなり小さいところが多いので、それも意見が分かれるところなのでしょう。

いずれにしても、僕は食材重視、楽しく飲んで食べられることを重視しているので、大好きなお店ということになります。

一度いらっしゃって頂かないとこのお店の魅力は伝わりません。
ただし、安くはないです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
   ↑ ↑ ↑
※今日のブログを読んで頂いておもしろいな、少しは役に立ったなと感じられた場合に、クリックして頂けるとうれしいです。

とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※’13.2.28更新 New!
とん2の「本当に美味いものだけを食べたい!」 ※’13.2.28更新 New!
とんし&とん2の「本当に美味いもん屋」 ※’10.1.19更新 近いうちに更新します! 
とんしの「本当に美味いもの」HP ※’10.2.15更新 近いうちに更新します!
[PR]

by direct3935 | 2013-02-28 10:35 | グルメ  

<< 銀座 久兵衛 銀座本店 No.382 すきやばし 次郎 No.380 >>