未曾有の不景気で生き残る飲食店  No.276

食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
 ※いつもクリックして下さっておられる方、誠にありがとうございます。
  ブログを書くモチベーションを保つために、ブログランキングに参加させて頂いています。
  よろしければクリックで応援して頂ければ幸いです。
  一日一回有効票になりますので、よろしくお願い致します。

かねてから世界恐慌を引き起こすことが予想されていた金融危機によって、日本もあっという間に不景気に突入しました。
元々、世界の中では比較的経済状況が良いと言われながら、庶民にはそのことが全く実感されていませんので、実体経済がコケたら急激に消費が冷え込みました。
失われた10年の余韻がまだ残っているうちから、日本経済は、また長い冬眠状態に入ろうとしています。

このような消費の冷え込みの煽りをうけて、百貨店の売上が激変して、ほとんどの外食産業はリストラを始めました。
一部の勝ち組がいましたが、今後はどうなるかわかりません。
今年のクリスマスに見られるように、食事は出来る限り家でしようとする雰囲気が支配的だからです。

そんな中で、ネット販売のアマゾンドットコムは急激に売上を伸ばしていますし、生鮮食品を扱うドンキホーテ系のメガドンキホーテは売上を伸ばしているようですから、ネットと激安店にお客が大量に流れているようです。

さて、飲食店はというと、ワンコインでランチが食べられる一部のチェーン店だけが、売上を伸ばしているようで、全体としては激しい落ち込みになっています。
特に個人でがんばっておられる飲食店はほとんどが悪戦苦闘をされているようで、金融危機以来客層が激変した、激減したという話を聞きます。

しかし、私は本物はやはり生き残るだろうと思いますし、このような自然淘汰が激しい時代には、本物こそが大地にしっかりとした根をはると思います。
本物の飲食店とはどのようなものかについての私の考えは、もう何十回と書かせて頂いてきました。
素人ではとても真似ができない素晴らしい料理をリーズナブルに提供してくれる飲食店です。絶対的な料金設定が低くなければならないというわけではありません。
究極の本鮪を出す鮨屋の勘定が5000円や1万円なわけがありません。
無理なことを望むのではなく、比較評価としての料金設定がリーズナブルと感じるかです。

そして、家ではなくわざわざ外食をするのですから、雰囲気も大切です。
高級店から庶民的なお店までいろいろあるわけですから、これも料金との比較で求められる内容が変わってきます。
ワインでも飲みながらフレンチのディナーを楽しむのであれば、いやらしさのない高級感を求めますが、同じものを一人3000円で飲み食いできるような居酒屋に求めるはずがありません。
ただ、清潔感というのは極めて大切です。
どんなに安い庶民的な飲み屋であって、厨房はもちろんのこと、食事をするのですから清潔感はどうしても求められます。

さらに最も大切なのは、空気感も含めた接客が大切です。
これも、お店の料金設定やコンセプトで内容は違ってきますが、やはり素敵な時間と雰囲気を味わうためにわざわざ外食をするのですから、そのことを十分理解しておられるお店でなければ、楽しい食事が台無しになってしまいます。

こちらのブログに書き込みをされたり、メールを送られたりする飲食店関係者の方がおられるようです。
正面からのまともな抗議をされるのであれば、いくらでもして頂きたいと思います。
私は極めて普通の人間ですから、過ちを犯すこともあるでしょうし、勘違いをすることもあるでしょう。
それが間違いであれば、きちんとご自身がどこの誰であるかを明かした上で、間違いを正して頂きたいと思います。

ところが、そうではなく、単なる与太者かどうかわからないような誹謗中傷をされても、またゴキブリが出たかという思いにしかなれません。
それが本物の飲食店関係者であるかどうかなどわかりません。
まして、本物であったとすれば、最悪です。
少なくても一度はお客としてそのお店を訪れているにも関わらず、身分を隠して一方的に攻撃をしてくるだけなのですから。
そもそも、そのような卑しい心持で、飲食店などを経営できるのかと私は問いたいと思います。
お客をお客と全く考えていないのですから、接客業をする素養が皆無だと言うことになります。
そのような考え方で、この厳しい経済状況の中、お店が繁盛するわけがありません。
間違いなく自然淘汰されていくでしょう。

逆に、なにげないことでもお客のことを考えているお店というのは、一度でも行けばわかります。
私が外食するのを趣味にしているのは、楽しい時間を過ごさせて頂けるかどうかを常に求める強い気持ちがあるからなのです。
喜びを感じる時は、人の何倍も感じますが、落胆する時もその落ち込みようはすごいものがあるのです。

結局、お客を思う気持ちと言うのは、接客はもちろんのこと、料理に出ますし、お店の姿勢に出ますし、厨房の清潔感に出るのです。
丸出しと言ってもいいほど、露骨に出ます。

お客をおもんぱからない飲食店はここ数年の不景気に耐えることは出来ないでしょうし、お客を大切にする飲食店は、まさに今こそ最大のチャンスとなるでしょう。

間違いありません。

P.S.
どうでもいい話ですが、このブログはレコ大を見ながら書いています。
やっぱり、谷村奈南はいいですねえ。
来年は、彼女の年になるでしょう。

ルックスもスタイルも抜群な上に、ファンキー感とかダンスとか本物のかっこよさがあります。
倖田來未は、何か偽物っぽくて個人的には全く興味がありませんが、私は、谷村奈南には、時代を突き抜けて出てきたなあという感じを受けます。

元々ミスマガジンに応募していたことからも分かるように、ルックスとGカップのスタイルだけを見ると3流グラビアアイドルで終わってしまいそうなのですが、歌とダンスの本物感がたまりません。
こんな子がキャンパスをうろついているなんて、青学生は幸せですね。
でも、別にルックスが好きなわけじゃありませんよ。あくまでアーチストとして好きなだけです。

ルックスが好きで、2009年ブレイクしそうだと思っているのは、佐藤ありさと藤井美菜です。
この二人は売れると思います。
ちなみに佐藤ありさはソニー損保のCMやめざましテレビに出ています。
藤井美菜はブラッディ・マンディに出演していました。


とんしの「本当に美味いもん屋」 ※08’12.26更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」HP ※08’11.30更新 New!
とんしの「本当に美味いもの」食べログ ※08’12.30更新 レビューコメント数1,479軒 New!

法律家リンク
馬場法務事務所 ※交通事故のご相談など街の身近な法律家です
[PR]

by direct3935 | 2008-12-30 22:10 | グルメ  

<< 希望あふれる2009年!  N... 阪急西宮ガーデンズ  No.275 >>